FC2ブログ

cucin amica

『HATONOMORI 』

DSC04166.jpg

11年目のcucin amica。
なんとかかんとか毎月新作メニューを御案内しているが、
全く、まーったくメニューが浮かばない時もある。しかもたびたび。すごく度々。
そんな情けないワタクシに信頼できる情報筋のリナちゃんから美味しい情報をもらった。
日本橋高島屋にある『HATONOMORI』。
オープンスペースにカウンター席のみ。
オシャレな壁にカラフルなカレーが映える!



DSC04167.jpg

サバカレーとバターチキンカレーの二種を選ぶ。



DSC04168.jpg

ラップを解くと、色とりどりの野菜がかわいい!!
ビーツはココナッツで煮込んであり、シメジ、インゲンはスパイシーな香り。
風味良いペーストと、このカサカサのフレークはなんだろう・・・


DSC04169.jpg

香り良いジャスミンライスに、さらりとしたルーが馴染む。
「よく混ぜて召し上がってくださいね」と言う、店員さんの言うとおりに。
すると、ほんとほんとーーーっ!
食べる場所によって、カラフルな副菜たちが馴染み、食感や香りを愉しめる。
不思議なくらい、後半になればなるほど美味しさが増す。
口に運ぶスプーンの速度がどんどん早くなるっ

噂には聞いていた、最近流行のカラフルカレー。
本当に大満足の味だった。
信頼できる情報筋、りなっぺに感謝感謝❤

さてさて、これはぜひレッスンメニューにしなくては。










 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!










スポンサーサイト

懐メロとモヒート

DSC04160.jpg

曇天の空から、大きな雨粒。
忙しなく動く、車のワイパーの様に、頭の中はグルグルと回る。

息子の習い事の帰り道は、いつも何かに追われたよう。
帰宅したらすぐにお風呂。
出たらすぐに夕食を食べさせて・・・夜8時には就寝・・・
えっと明日の予定は・・・

4月。5月。6月。
入学し、新生活に一喜一憂する毎日だった。
私の心配性は、しっかり息子に遺伝し、不安と闘う小さな背中はなかなか心打つものがあった。
だからこそ、私もしっかりしなくては!きちんとしなくては!に、すっかり憑りつかれてしまった。




点けっぱなしのラジオから、東京スカパラダイスオーケストラ。
その懐かしいサウンドに、心の中がブワ~~~となる。
ずっと昔の大好きな友人に会ったような、そんな気持ちだ。

なにかの懐メロ特集なのか、その後はサザンオールスターズ、松田聖子、
河合奈保子・・・と続き、私は大絶叫で歌い、息子はノリノリで体を揺らす。
家に帰りついた時には、バカみたいなハイテンションでお風呂に入った。



「お母さん、今日はモヒートを飲むよ!」と宣言!
すっぴんでホワイトラムを買いに走った。
息子はカルピスを炭酸で割り、庭に咲いたナスタチウムを添えて。
私は、たっぷりのホワイトラムにミントやライムをどっさり入れた。
懐メロとモヒートは、すっかり私の心を解きほぐし、
「ちゃんとしなくては!」に憑りつかれた親子を開放してくれた。
食卓に『オセロ』を広げ、お行儀悪いけど食べながら勝負する。
息子は「だらしないのって楽しいよね」。ブヒヒな顔で笑う。



母親業も大変だなと思う。
真面目になればなるほど身動きが取れず息苦しい。
いいかげんで不真面目だった自分が懐かしく、
今の自分はいったい誰だろう・・・とさえ思う時がある。
たまには、存分に懐メロを聞いて、モヒートを飲みながら、
昔の自分を取り戻さなくては・・・そんな風に思うのだ。







 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
















6月レッスンはじまりました♪

DSC04132.jpg

夏はすぐそこの302号室。
エアコンをひんやり効かせ、今月もレッスンがスタート!

まずは味が馴染むと抜群に美味しさを発揮する『韓国風炒め和えサラダ』。
大根、人参、キュウリ、椎茸。
この野菜たちをあらかじめ塩をふったり、天日干しにしたり。
ひと種類ずつ丁寧に炒めてからニンニクのきいたドレッシングで和えていく。
美味しい牛肉の旨味も加え、1時間少々馴染ませる。
ほんのり温かくも美味しい、冷たく冷やしても美味しい。
御飯にもお酒にも合います^^






DSC04133.jpg

メインの『冷麺』があるのに、やっぱり大好きお米さん・・・
『じゃこと紅しょうがの炊き込みご飯』です。
炊飯器に材料を入れて炊くだけですが、
ちりめんじゃこの旨味と紅ショウガの辛みがまさに大人の味!
今月は小さな茶巾にして。
余ったら、焼きおにぎりにしても美味しいです。






DSC04134.jpg

大好きな乾物。『芽ひじき』。
ひじき煮のイメージが強いですが、さっと戻してサラダにしても美味しいので、
押し麦やミニトマトと合わせた『和風タブレ』にしました♪
合わせるドレッシングはニンニクやオリーブオイル。
最後に三つ葉を加え、夏らしいサラダに仕上げます。





DSC04135.jpg

三つ葉は春から初夏にかけて、旬を迎えます。
柔らかな三つ葉をたっぷり使い、茹で鶏と合わせます。
わさびと醤油、美味しいオリーブオイルで和えると、
いくらでも食べられちゃう一品です^^





DSC04144.jpg

今月のメイン『盛岡冷麺』。
簡単に出来る『煮豚』&『煮玉子』を添えて。
美味しい豚肉で作った煮豚は柔らかくてジューシー。
ほんのり茶色くなった煮玉子、お気に入りのキムチを添えて♪



今月の『日々ごはん』は、
暑い夏に、出来るだけ火を使う時間を少なくし、気軽に出来るメニューを目指した。
どれも簡単で、冷蔵庫で数日常備出来る。

今日は疲れちゃったな・・・
お料理面倒だな・・・
そんな時、「そうだ!冷蔵庫にあれがある!!」
そんなお助けメニューになり、
みんなの夏の食卓を彩ってくれたら、とても嬉しいことだ。










 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







6月レッスン『夏の夕暮れに乾杯メニュー』

DSC04111.jpg

6月教室は『夏の夕暮れに乾杯!』
そんなイメージでレッスンメニューを決めました~。

夏の夕暮れ、少しでも手間を省いて美味しいお酒が飲みたい!
何度もキッチンに立たずに飲み続けたい!
手軽に愉しめるバイプレイヤーなお料理を作ります。
最後の〆は『冷麺』で♪
簡単に作れる煮豚や煮玉子もレッスンメニューに登場です^^



            おかげさまで6月教室は満席になりました!
            ありがとうございますっ



           **  6月教室開催日  **              
                 
                 1(土) 満席
                 5(水) 満席
                 8(土) 満席
                12(水) 満席
                15(土) 満席
                19(水) 満席
                21(金) 満席
                22(土) 満席

                           印は残席の数です。                           
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            既に満席、残席の数につきましてはご了承くださいませ。
            新規お申し込み、キャンセル待ち等も随時受け付けております。
            キャンセル発生の際にはご連絡いたしますので、
            ご希望日を明記の上、お申し込み下さいませ。

                    *料金・場所などの詳細は 「料金について」をご覧くださいませ。








 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





祝!新元号『令和』

DSC04032.jpg

新元号『令和』に湧く、日本列島!
どうかこの元号が『平成』と同じく、戦争の無い日本でありますように。

世の中は10連休。我が家はキャンプ&BBQの日々。
雨と雨の隙間の太陽を逃さぬよう、その時を楽しんだ。

なにがなんでもお肉!
そんな風にモリモリと頬張っていたヤングなBBQは卒業し、
最近は先ず「海鮮!」となっている。
旬を迎え始めたホタテ。ぶりっぶりの身が甘く、一口食べたら、
早く!早く!白ワイン!!と口にグラスを運ぶ。


DSC04033.jpg

サザエには料理酒を少々。グツグツがたまらない。
近年出回り始めた「ホンミノス貝」は、はまぐりに負けぬ旨味!
ひとくち食べては、「早く!早く!白ワイン!」と、口にグラスを運ぶ・・・



DSC04023_20190419115433a1a.jpg


急いた気持ちが落ち着いた頃。
グラスをビールに変え、美味しいお肉を焼き始める。
サイドテーブルは、ビュッフェスタイル。
お席を立たせて申し訳ないが、個々に好きなものを器に取ってもらう。
サンチュ、エゴマ、大葉、芽セロリ、サニーレタス、ミニトマト、フルーツトマト、アボカド。
キュウリ、大根、長芋の千切り、ワカメ、オニオンスライス、ミント。
個々の器を見ると、その人の好みが分かり、
次の来訪の時には、必ず用意して置こうと、心のメモに留める。




DSC04025.jpg

自家製ドレッシングの他に、わさびや生姜のすりおろし。
バージンオイルと美味しい塩。パルミジャーノやレモン。
好みの味で野菜をたんまり楽しんでもらうのも、我が家ならでは^^


夕暮れ。少し風が冷たくなったら芋焼酎のお湯割り。
満腹だけど、まだ外に居たい。
ポテトチップスをつまみ、懐かしのチーズおかきに感激し、
ちびちび飲み続ける。

そんな時間も愉しくて、
この新しい元号が、ずっとこんな風に平和であるようにと願うのだ。








 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





可愛いぴーちゃん♪

DSC04062.jpg

昨年の初秋。
我が家の家族となった小さな小さな白文鳥のぴーちゃん。

文鳥の誕生を心待ちにしていた我が家に来た連絡は、
「無事に産まれたのですが、ものすごく小さな子なので、一度見てから購入を決めてください」
とのこと。
初対面の日。その小ささに慄き、こんな小さな命を育てるなんて・・・
それは出産の夜に感じた、覆いかぶさるような不安に似ていた。
でも私にもオットにも、もちろん息子にも、小さいから要りません!などと言う選択肢は持ち合わせておらず、
わずか20gの小さな白文鳥は箱ごと温かなブランケットに包まれて一緒に帰宅した。

『ぴーちゃん』と、家族から何百回も呼ばれるほど溺愛されるこの子は、
やはり超未熟児だったようで、通常なら30日で終わる挿餌がなんと150日も掛かった。
そのため、一人で長時間の留守番がさせられず、私の仕事場にもひっそり同行したり、
もちろん泊まり掛け時も一緒。
そしてまだ飛ぶことが出来ない為、
度々ケージから出され、私の事務作業中はテーブル、
そして時折、リビングに吊るしたブランコにブラブラ乗っている。


暖かな雨交じり。曇りの今日。
窓際に吊るしたブランコに乗り、のんびり風に揺れている。
その姿が愛らしく、見る度に私の口角を上げてくれるのだ。










 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



檸檬ハーブのフライドチキン

DSC04048_20190419115440d8e.jpg

春。
5月レッスンメニューは、これからの季節にピッタリの、
『檸檬ハーブのフライドチキン』♪ レモンの漢字表記は特に意味ナーシ!

暖かくなると、ビールが美味しい!
ビールが美味しいとフライドチキンが美味しい!
ハイボールと唐揚げの『ハイカラ』も最高だもんねっ

女子の喜ぶフライドチキン。
cucin amicaでは、美味しい安全な青森の鶏むね肉でヘルシーに。
フライドチキンにヘルシーとかあるのか?とツッコミを入れたくなるけど(笑)。

胸肉をジュワリと美味しくするには・・・
白ワインとレモン汁、フレッシュなハーブを一緒に漬け込む。
味付けは塩胡椒のみ。
このシンプルな下ごしらえが、春らしいフライドチキンを作るのだ。


揚げ上がりに、レモンの皮とフレーク塩をぱらり。
爽やかな香り漂うフライドチキンを、どうぞお楽しみに♪








 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


都会の牧場へ

DSC03997_201904151054467b6.jpg

「大手町牧場に行こうよ♪」
誘われた時は、どこぞの田舎にある牧場名がたまたま「大手町」とかなのかな?と思った。
しかし、その牧場は都会のど真ん中にあるというのだ。

何度説明されてもイメージが付かないまま、東京は大手町。ビルの13階へ!
案内されたその都会感溢れる建物に、東京ってすごいな・・・




DSC03987_2019041510544326c.jpg

入るや否や、動物大好きの息子は大興奮!
私から100円を奪い取るようにし、藁を購入。
スタッフのお姉さんに渡された軍手をし、サッサと餌やりに勤しむ。
私の元に来るのは、100円を貰いに来る時だけ!
憑りつかれたように、藁をあげる息子に笑ってしまう。



DSC03994_201904151054455fe.jpg

さすが、都会の真ん中だけあり、敷地面積は狭い。
隣の柵にはアルパカ!!!
ちょっと~~~、窓の向こう!高層ビル!!

その隣にはフラミンゴ。美しいピンクを眺めていたかったけど、
さすが室内のフラミンゴは臭いがきつかった^^:
子供たちが口々に「臭い!臭すぎる!」と言い、母親たちがたしなめる・・・


DSC03992_20190415105443869.jpg

私が一番うれしかったのは、大好きな猛禽類を間近で見られたこと。
可愛い姿でスヤスヤ眠る顔。美しい羽根の描く色。
しかし、止り木に人工芝。都会だわ~~~。




DSC04002.jpg

最後のお愉しみは、手作りアイス教室。
新鮮な牛乳を使って、アイス作り。
ものすごい人気の講座を予約して貰えたことに本当に感謝!


しかし、すごい世界があるものだ。そう思った。
いつもはオシャレな物や美味しいものを求めて出向く東京。
まさか牧場を求め、都会に来るとは・・・・。

帰りの電車の中。
「あの子たちは散歩に行くとき、エレベーターで下に降りるのかな?」と聞かれた。
ほんとだ。ビルの13階。
散歩に行くことは無いだろうけど、
彼らは、自分たちが土からあんなに高く離れた場所に居ることを知ってるのかな?
都会のど真ん中にいることも。







 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






桜とレモンパイ

DSC03978_20190411082144aa6.jpg

寒の戻りが深かった今年の春。
いつもよりずっと長く、桜を愉しめた。
近くの神社には老木の桜。
年々暴風で枝が折れたりしてるけど、咲き始めるとやはり見事な存在感。
先に先に伸ばした枝枝がピンクに染まり美しいのだ。


「少しだけお花見しようよ。」
そんな友人からの誘いを受け、桜の道を歩く。
大荷物の友人のカバンからは次々と・・・
レジャーシートに、お茶。お煎餅と可愛いレモンパイ。

卒園や入学、清々しさの中に入り混じる不安や心配。
私の忙しないざわついた心に、彼女の優しさが浸みて沁みて。
昔、母が言っていた言葉を思い出す。
「家の中にひとり、時間に追われてない人が居るといいのよね~」
私たちも社会人になり、家の中がピリッとしてた時期、
母が家でのんびりしてる姿が、大人になった私にさえ安心感を与えてくれたのを憶えてる。

今まさに、子育て超共働き世代の我が家。
みんなが決まりきった時間に追われ、「ちゃんとしなきゃ。ちゃんとやらなきゃ。」に取り憑かれている。
そんな時に、子育てを仕上げ、自身のお仕事も辞めた彼女の時計の緩やかさに救われたのだ。


もっと気を抜かなくては。
もっとだらしないほうがいい。
笑っちゃうくらい真面目に思うのだ。










 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

















美味しい台湾料理店

DSC03972_20190408215713482.jpg

美味しいお店を見つける達人に誘われ、
大宮氷川参道沿いの台湾料理店へ。
可愛くて小さなお店。
友人から何度も聞いていた「ものすごくきれいな肌の美人店主」さんの、
澄みきった「ニーハオ!」。
なかなかの聞き応えで、「お!異国に来たねっ」なんて雰囲気。

小さな店内のお昼時は満席。
それでも次から次へと、空いた席を求めるお客さんたち。
本当に人気店なのだ。
先ずは「水餃子」。手作り皮にぽってりとした丸み。
ラー油がかけてあると思いきや、白湯の出汁の旨味が際立つ。
想像していたより何倍も美味しく、ほど良く添えられたパクチーと一緒に食べた時は、
「次はいつ来られるかな・・・」なんて思ってしまうほど。


DSC03973.jpg

台湾の人気飯と言えば、ルーローハンだけど、
気になったのはジーローファン(チーローファン)。
台湾風の蒸し鶏を細かく裂いて、温かいご飯の上にどっさりのせる。
最後に八角のソースをちらり。
あっさりしているけど、深みも味わえる最高の丼もの!



DSC03974.jpg

そして箸休めのこの青菜~~~タンチンツァイ!
深みのある台湾風の出汁に、ぱらっとなにかあけてある。
これはなんだったのか~~。カリッとした食感と旨味。
鶏の皮を焼いたものだったのかな・・・
小さな大根のスープも付いていたのだけど、
この白湯スープの美味しいこと美味しいこと。
添え物の小鉢や汁物に手を抜いてないあたりが、やはり人気店!と膝を叩く。



DSC03976.jpg
水餃子も丼ものも楽しんだけど・・・
友人のおススメ「麺線」も注文!

この麺線が、あまりにも想像と違って驚いた。
白湯スープに細い麺・・・なんて思ってたら、
麺は蒸してからスープにいれるからか、お箸で持つのもやっと。
テーブルに置いてある「麺線の食べ方」の通り、
スプーンでスープと一緒にすすりながら食べるべし!なのだ。
そのスープもかつおだしのような風味があり、やわらかなとろみがある。
でもパクチーに合う~~~~


本当に本当に美味しくて、「堪能する」言葉ピッタリの台湾料理だった。
おしゃべりそっちのけで、ひたすら食べては美味さに唸る。
何度も達人である友人に感謝を述べてしまったほどだ。


お店を出る時、「ものすごく肌のきれいな美人店主」さんが、
澄みきった声で「シェイシェイ。シェイシェイ!」。

こちらこそほんと。シェイシェイ。
またすぐ来るよ。大宮の台湾に。

心の中でつぶやいた。










 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!








庭のミモザと卒園式

DSC03957.jpg

7年前。
友人たちと一緒に行ったガーデンショップで出会った小さなミモザの苗。
太く大きな木になり、まだ肌寒い2月にもかかわらず、その枝先に春を灯した。
3月になると、ポンポンと弾けるように花が咲き、
春を待つ、色の少ない庭を一気に暖色に変え、
息子の卒園式のその日まさに満開となった。

園に着いても、式が始まっても、可愛いネクタイ姿の息子は緊張の面持ち。
歌をうたいながら、なんども涙を拭う姿に今までの6年間がグルグル。
涙が何度も溢れたけど、不思議とさみしさよりも清々しさの方が上だった。
こうやって元気に晴れの日を迎えられたことは、
何よりも喜びだ。
生きて成長し、歳を重ねられることはしあわせなのだ。




DSC03962.jpg

大きくなったミモザの木の下にもぐり、青空を見上げる。
黄色と水色のコントラストが美しく、
何度も息子ともぐっては見上げた。
私はこの先、
この景色を見上げる度に、幼く小さなこの頃の息子を懐かしむだろうな。





DSC03966.jpg

少し早目に卒園するお友達の最終日の朝。
「ミモザの花をあげたいんだけど、持って行けるかなぁ。」
息子が言った。
その優しさが育っていることに嬉しく思い、
ありがとうと伝えた。
息子は相変わらずの地蔵顔で「えへへ」と笑った。

そして7年前、
家の庭にミモザの苗を植えた私にも「ありがとう」と伝えたいのだ。
お庭での鑑賞、リビングの棚、ホワイトデー用ブーケ、お彼岸用のお花、302号室で・・・
大きく活けても、小さく活けてもステキ!
とにかくミモザが大活躍だよ!って。





 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



いぶしぎんさん

DSC03609.jpg


友人からの嬉しいプレゼント。
この冬。
我が家の中でも外でも愉しませてくれた『イガモノ長谷園・いぶしぎんさん』。
小さなスモーク専用土鍋は、ガスコンロの上で使用でき、
しかも鍋の外にはノンスモーク!
家の火災報知機の鳴る心配も無い上に、少量のチップで10分少々。
あっと言う間に飴色のスモークが出来るのだ。
この小ささで、上下二段になる。
初めにちまちま。ひと呑みした後にちまちま。
いつまでもお酒の飲める最高のおつまみ登場!と言った感じ^^




DSC03659.jpg

もちろんアウトドアでも使用。
普通の6Pチーズがあっと言う間にスモークされる。
そのまま食べたり、フランスパンに塗ったり。
それぞれの美味しい食べ方で。

チーズが完食。
さて、次は何を燻そうか・・・度々話し合うのも楽しみのひとつだ。










 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!









3月メインレッスン『イーストドーナッツ!』

DSC03736_20190218141639d74.jpg

なんにでも『!』マークを付けりゃいいってもんじゃないけど、
ドーナッツには付けたくなる。しかもドーナツじゃなくてドーナッツ!なのだ。

前置きが長くなりましたが^^:
3月教室のメインメニューは『イーストドーナッツ!』です。
ブログにイーストドーナッツを載せる度に、必ずと言っていいほど生徒さんからメールが来る。
「あのぅ。イーストドーナッツのレッスンはないのですか?」と。
その度に、お料理がメインでほぼパン作りが「おまけ」となってしまったcucin amicaでは、
ドーナッツをレッスンする次回配分の難しさの理由と共にお詫びをした。

でも数回前のブログで登場したイーストドーナッツがまたまた反響。
だったら、たまにはパン作りをメインレッスンにしてみるか!(笑)と思ったのだ。
とは言えランチにも手を抜きませんよ~
当初お知らせしたとおり、メインメニューは「ごちそうハンバーガー」ですよ~♪
その分、サイドメニューやスープの難易度を下げ、
今回はじっくり『イーストドーナッツ!』を作りますっ
そしてティータイムには、その揚げたてドーナッツを食べていただきますっ

どうぞどうぞお楽しみに❤







 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







冬のおもいで

DSC02824.jpg


アメリカで暮らす従兄妹が我が家で数日を過ごした、とある冬の日。
心優しい彼らは、我が一族に大人気!
「今日はうちに泊まってね」「この日は我が家で夕食をね」「この日はうちに・・・」・・・
そんなやり取りが、私の家、姉の家、実家で度々話される。
大人気の彼らは、大きな荷物と共に旅行へ行ったり、我が家に戻ってきたり。


60歳から英語を始めた母が、
拙い英語で一生懸命話し、でもなかなか通じず謝ると、
「僕だって日本語が話せないからお互い様ですよ」と、ゆっくりの英語で言った。
彼らの優しさに度々触れた息子も、なにかある度ハグをし、すっかりアメリカンだ。


とにかくなんでも『美味しい!』と言ってくれるから、
張り切って日本食をもてなした。
我が家を出発する朝には、大きな鍋に「おでん」をたんまり用意した。
トニーの好物のこんにゃくを自家製して、たくさん入れた。
添えた和辛子をそれはそれは気に入り、
つけて食べては、大きな肩を縮こめて目頭を押さえる姿か愛らしかった。

息子は別れをとても寂しがり、登園の送迎を一緒にしてもらった。
通り道の神社を案内し、なんども二人の真ん中でブランコをしてもらう。
わずかな時間だったけど、私たちにとってとても楽しい冬のおもいでになっている。




DSC02817.jpg

久し振りの日本食のマーサ。
何が食べたい?と聞くと「焼肉!!!」
それならばあのお店!!
気風の良い姉が、地元で人気の焼肉店でごちそうしてくれた。
我が家も御相伴にあずかり、大満足^^

これも冬の最高の思い出になっている。ブヒヒ









 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


インフルエンザの波

DSC03903.jpg

普段、世間の流行に全く乗れていないオットが、
この冬、インフルエンザの波に乗った。

息子は園生活最後の発表会を間近に控え、
私は、そのアルバム委員を務め、練習の撮影、本番の撮影、
その後はタイトなスケジュールで担当ページを作成し、業者さんへ!
とても感染している場合ではないぞ!と、親子で気合を入れ、
オットは自宅2階での完全隔離生活を送ってもらった。

幸いオットは二日間の高熱で収まり、比較的軽度な症状で済んだ。
とは言え、解熱後も2~3日間は感染期間があると記されているため、
私たちとの接触は遠慮してもらった。
何度も言うが、うつるわけにはいかないのだ!!


本当に便利な時代になったな~と思う。
夕食時は『ipad』をFace timeにして、オットも会話に入りながら食事。
顔が見られるし、手はふさがらないし、三人でおしゃべりできるし。
本当に便利だ。
なのに息子は・・・「糸電話で話したい!」と言い始め、
それはそれは張り切って作り始めた。
そしてこの寒空の中、何度もオットをベランダに呼び出し、
ゲラゲラと糸電話で長話しているのだ。
んもーっ 風邪引くわ!!

朝。
一晩寝ると忘れ、雨戸を開ける度、目の前にぶら下がった糸電話に驚かされる。
日中は風に揺られ、その姿が笑えた。








DSC03925.jpg


私たち親子ももしかしたら既に感染してるかも・・・と心配した数日は、
自宅で静かに過ごすことにした。
息子は写し絵や折り紙、大量のぬいぐるみを使い「ひとりポケモンごっこ」。
絵の具で絵を描き、すぐに飽きて今度は手芸を始めたり。
時に私と『wii・スポーツ』で対戦し、汗を流したり。



「今日は本物パパに会いたいなぁ」と息子が言う。本物って・・・
夕食の御膳を息子に運んでもらうことにした。
するとそこに添えられたクチャクチャの紙。
「パパの好きなウニだよ!」と息子が言う。
黒い折り紙をあけると、中には本物そっくりの色で小さく丸められたウニ!!
感動して思わず写真を撮る親バカな私を、息子は嬉しそうにブヒヒと笑う。
大きなお盆を持ち、慎重に階段を上る姿を見ながら、
優しく育っていることを嬉しく思う。



御膳を渡し、暫しの再会を喜び、息子が2階から降りてきて言う。
「パパ。すごくいい暮らしをしてたよ」
すっかり良くなったがまだ感染期間中のオットは、
2階の一室で椅子と小さなテーブルを出し、
灯油ストーブを使い、読書をしている。
灯油ストーブの独特の温もりが、息子には特別「いい暮らし」に見えたらしいのだ。


「あ~。パパの家に行きたいな」と息子が言う。
本物のパパ・・・とか、パパの家・・・とか。
離婚か?離婚したのか?と、心の中でツッコミを入れる。
いつもはめまぐるしく過ぎる日常とアクティブな休日だけど、
こうやって急遽ストップした時間の中で、じっくりと過ごすのもいい経験だった。




まだまだ大波のインフルエンザ。
くれぐれもうつらないように気を付けなくては。
みなさまもお気を付け下さいませ。





 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン