cucin amica

ブロッコリーとリコッタソースのオレッキエッテ

DSC05150-1.jpg

久し振りのレッスン。
みんなと一緒に作る時間。
日常を過ごせることに、心底感謝した日となり、
そして、今後もその気持ちを忘れまいと、心に決める日になりました。



ダイニングテーブルに、クッキングボードを置く。
成形したオレッキエッテは、洗いざらしの布巾の上に並べる。
オレッキエッテ・・・形作りが難しい。
見本を上手に作らなくてはならない立場の私が、すっごくヘタ! 
「味は美味しいから・・・」と言い訳する。

茹であがったオレッキエッテは「耳たぶうどん」と名付けられた。 かわいいっ
作りたてのリコッタチーズとクタクタに茹でたブロッコリーと和える。
形はともかく、春色のかわいいパスタになった。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



スポンサーサイト

春色野菜のキッシュ

DSC05142-2.jpg

みなさま。
おはようございます!
今日から4月スタートですっ

4月レッスンメニューのひとつ「春色野菜のキッシュ」。
春色・・・と言うより、ヴィヴィッド過ぎて夏色って感じですが、
暗い気持ちになりがちなこの頃、
お料理はカラフルに、元気色モリモリで参りますっ

まるでフルーツタルトの様にピカピカのキッシュ。
野菜のひとつひとつ、丁寧に下処理されています。
エキストラヴァージンオイルを纏ったズッキーニやパプリカ。
塩分の秘めたホクホクのジャガイモ。
キレイに並んだ野菜たちの下には、
美味しく食べる秘密も入っています。
そこに、クリーミーなアパレイユをたっぷり注いで・・・。
コクがあるけどヘルシー!
ワタクシを含め、年齢層の高いcucin amicaにピッタリのメニューになりました!


4月教室再開メールを生徒さんに一斉送信したところ、
「ヨッ!!
   待ってました!!」とのメール。
涙が出るほど嬉しかったです。

また一緒に食卓を囲めることを感謝し、
どうぞ今月も、よろしくお願い致します!!








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






ジャガイモのトルタ

DSC04010-1.jpg

cucin amicaパン&タルティーヌ教室は、
8月の1ヶ月。暑いのでパン作りをお休みします。
そのため、小さなイベントとして、
「小さなイタリアン教室」を開催予定。

基本のトマトソースを作り、そのソースを使ったパスタやカルツォーネ・・・
まだまだ考え中ですが、いつもとは違う教室作りもなかなか楽しみなものです。

先日、イタリア料理の本を熟読していたら、
美味しそうなジャガイモ料理が!
大の芋好きなため、早速作ってみました。

「ジャガイモのトルタ」
マッシュしたジャガイモに、牛乳・卵・イタリアンパセリ・ベーコン、
そしてたんまり入るチーズ!
チーズはパルミジャーノ・レジャーノをすりおろしたものや、
角切りのマリボーチーズ・・などなど。
具はキッシュに近いのですが、ジャガイモが主役のため、ゆるい生地にはなりません。
ホカホカ出来たては、最高の付け合わせに!!

まだまだ未定メニューの「小さなイタリアン教室」。
少しずつメニューをお知らせして行きますね!







 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



小さなイタリアン教室

DSC02259.jpg DSC02515.jpg DSC02518.jpg DSC02502.jpg
DSC02444.jpg DSC02450.jpg DSC02427.jpg DSC01224.jpg

昨日初日を迎えた「夏の小さな教室シリーズ」
真夏には向かないパン作りをお休みしたcucin amicaは、
「小さなイタリアン教室」を開催しました。

まずは基本のトマトソースを作り、それを使用したパスタ・ピザメニューを。
ニンニク・エキストラバージンオイル・ホールトマトのみを使用した「基本のトマトソース」は
フ-ドプロッセッサーでじっくり攪拌しキレイなオレンジ色に。
それを使用し、ズッキーニ・ナス・パンチェッタドルチェをふんだんに入れた「アラビアータ」を。
作りたてで、少々酸味の強いトマトソースが野菜の甘みとパンチェッタのコクで美味しく仕上がります。
そして、たっぷりのトマトソース、チーズをのせたナポリ風ピザ。
召し上がる前に摘みたてバジを何枚も散らすと、フレッシュな香りが!

お手軽で美味しいリコッタチーズはたっぷり作り、
パプリカ・赤黄トマトの夏野菜サラダのトッピングに。
今が一番の旬を迎えたバジル、イタリアンパセリは庭からワシワシ摘み取り、
ムール貝の旨味汁を使用したパンペーストに加えたり、
あらかじめジェノバペーストを作り保存して置き、掘りたての新じゃがいもと合わせ、
「ベイクドポテト・ジェノバ風」に。

この他にパスタをもう一品。
アンチョビペーストと生クリームのソースに、クタクタに茹でた温野菜をたっぷり入れて。
デザートにはオイリーな料理の後に最高の「ゴーヤゼリー」を。
一瞬「エエッ!」と思いそうなデザートですが、
このゴーヤゼリーは大人の苦みたっぷりの美味しいデザートなのです。
(長くなりました・・・ゴーヤゼリーについて詳しくはまた今度!)

このようなメニューで行ったレッスン。
ご参加いただいた生徒さまには「種類豊富!」と、
喜んでいただけましたが・・・・・ワタクシ・・・またしても痛恨のミス!
「量が多すぎる・・・・」だそう・・・。
写真はオサレ的に少量ですが、お召し上がりいただく時はどれもてんこ盛り。
つ・・ついね・・・・自分が大食いなもので・・・・笑

本日も、ご参加ありがとうございました!
またてんこ盛り料理でお待ちしてま~すっ



↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!








小さなイタリアン教室

DSC02202_convert_20090702220141.jpg
「ジャガイモとタコのペペロンチーノ」

このメニューは前回ひっそり開いた「小さなイタリアン教室」での一品です。
タコ好きの夫と、じゃがいも好きの私の定番メニューでしたが、
遊びにきた友人たちに好評で、レッスンメニューに決めたものでした。

旬を迎えたばかりの新じゃがを、多めのオリーブオイルで素揚げ。
ニンニクの香りの馴染んだオリーブオイルに大きめに切った北海タコをよく絡ませる。
あとは通常のペペロンチーノ同様。
あしらいにはイタリアンパセリを。

特別難しい工程は全くないのですが、
出来上がったパスタは、食事にもなる・・お酒のおつまみにもなる・・・
美味しい一品です。



↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




ムール貝のパングラタン

DSC02502_convert_20090727154751.jpg

今週末に開催の「小さなイタリアン教室」
今回はピザやパスタメニューがメインですが、
それだけでは物足りないのでプラスした一品。

宮城県産のキレイなムール貝で、小さなグラタンを。
無水鍋で火を通したムール貝。
1~2分もすると、旨味溢れる出し汁が・・・。

ムール貝の塩気は産地によって異なるんだそう。
塩やパルミジャーノを加える前に、必ず出し汁の塩分チェック!
宮城県産のムール貝は、塩味のちょうど良いコクのある味。

この旨味たっぷりの出し汁でパンソースを作る。
刻んだカンパーニュ、イタリアンパセリ、パルミジャーノとニンニクを加えます。
パンがトロトロになるまで合わせ、風味の良いエキストラバージンオイルを少々。
それをムール貝にたっぷりのせてオーブンへ。
表面がパリッとするまで焼いたら出来あがりっ

白ワインにピッタリの美味しいオードブルが出来ました~

                       注)レッスンではお酒は出ません・・・笑



↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



               

モッツァレラ&ゴーダチーズのナポリ風ピザ

DSC02446_convert_20090707134735.jpg

cucin amica夏の特別企画!8月の「小さなイタリアン教室」
メニューのひとつは「モッツァレラ&ゴーダチーズのナポリ風ピザ」
決定しました~!


我が家では水曜日になると「週末に何を食べるか・・・」と、
夜な夜な話し合いが行われる。
ほとんどの週末を、私の家で過ごす(迷惑な)姉夫婦は、
電話を掛けて来ては、
「土曜日は何時から酒が飲めるのか・・・日曜日は何を食べるか・・・」
その確認に余念がない・・・・。

パン教室の主催者の私。
毎日のように試作やレッスンでイタリアン・・・フレンチ・・・
作っては食べ、作っては食べ・・・
週末には「洋食は食べたくな~~いっ」となる。
そんな私に姉は「ブログに載ってたカルツォーネが食べたい!」と言う。
土曜日のレッスン中から私は、「今日は絶対お寿司を食べる!」と心に決めていた。
「この酢飯、酸っぱい!酸っぱすぎ!」と言いたいっ   と思ってた。
なのに姉は「絶対カルツォーネ!」と言う。

少々険悪になりながら(笑)話し合った結果。
妹の勝利!自称「粉の魔術師」のワタクシが「作りたくない!」とゴリ押しした。
そしてなんと!「カルツォーネ」は日曜日の朝食になった。
朝から「カルツォーネ」  チーズが重いよ「カルツォーネ」
日曜日は朝9時には出掛ける予定があり、夕食は外で食べることが決まっていた。
そのため、食べれる時間は朝食しかなかったのだ。

酢飯を食べることは出来たものの、
次の朝、6時に起きて生地を仕込む羽目になった・・・。
そして全員で朝の8時に「カルツォーネ」を食べる。
前日の教室の残りもの「ヴィシソワーズ」を一緒に食し、
「じゃがいもの配合が多すぎる・・・」と悪態をつきながらも完食。

オットはいつも私たち姉妹を「食い物に執着し過ぎだ」と言う。
本当にその通りなのだ。
こんな週末が何百回も続いている・・・・。




↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





小さなイタリアン教室

DSC02427_convert_20090703103640.jpg
「アスパラとそら豆のアンチョビクリームパスタ」

パン作りに向かない真夏の8月。
cucin amicaは、小さな料理教室を開催します。
ことあるごとに、イベント化し開かれる「小さな教室シリーズ」
今では、「パン作りにすぐ飽きる主催者(ワタクシ)」の楽しみなりました。

3日間開催予定のイタリアン。
ついついメニューを欲張ってしまい、なかなか決められないのがパスタ。
旬の食材を使用したもの・・・・定評のあるもの・・・
家でも簡単に作れるもの・・・・

本日、試作したのは「アスパラとそら豆のアンチョビクリームパスタ」
たっぷりのニンニクとアンチョビペーストを生クリームでクツクツと少々させます。
こうすると濃厚でしっかりとしたアンチョビクリームソースに!
しっかり塩茹でしたアスパラとそら豆。
ソースはアンチョビの塩気だけで充分。
生ハムやベーコンなどを加えない方が、ソースが楽しめ、温野菜の甘みを感じます。

このメニュー・・・有力候補ですっ
ご参加お待ちしてまーす!





↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





    小さなイタリアン教室

       DSC02219_convert_20090517161852_convert_20090517162237.jpg DSC02202_convert_20090517163318.jpg
       DSC02216_convert_20090517163658.jpg DSC02220_convert_20090517164211.jpg

土曜日に開催したひっそりイベント「小さなイタリアン教室」
この日、5名様のお申込みを頂き、
タイトルの「ひっそり」をふっ飛ばし、cucin amicaは大いに盛り上がりました。
通常は、お酒をお出ししてないのですが、この日の生徒さまにおめでたいことがあり・・・
シャンパンを冷やしてお待ちしてました。
6人で1本のシャンパン・・・グラスに1杯ずつ・・・喉を潤す程度だな・・・と。
しか~~~し!
お二人の生徒さまが、ワインを持参で登場!!
それはもう、飲めや歌えやの宴となりました・・・笑

レッスンはまず、リコッタチーズ作りと、
私が朝一で仕込み、寝かせておいた1キロのパスタ生地をパスタマシーンへ!
二手に分かれ、フィリング作りや具材作りを交互に担当。
少しでも早く食べるためなのか、ものすごい速さで繰り広げられる絶妙のコンビネーション! 笑
そこに生まれる結束!(←初対面だよね・・・?)
「こちらはOKです!」
「みんなこっちへ集合!」   「はいっ!」
その風景たるや・・・・cucin amica自衛隊教室?

逸る心を抑えつつ~  やっとやっとの「いただきます!」
一品食べては一品作り・・・しゃべる・・・食べは飲み・・・しゃべりながら作り・・・飲む・・・
本当に本当に美味しくて楽しい一日となりました!
ご参加いただいたみなさま!ありがとうございました!!

                          *cucin amica主催者のワタクシ・・・
                           一度もイタリアに行った事がございませんっ
                           そんなワタクシと気軽に「小さな自衛隊教室
                           いえいえっ パン作り、お料理作りを楽しんでみたい方は、
                           お気軽にお申し込み下さいませっ
                           cucin_amica@yahoo.co.jp


↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!








タリアテッレ

DSC02076_convert_20090420065808_convert_20090420071514.jpg DSC02077_convert_20090420070241_convert_20090420071447.jpg DSC02084_convert_20090420070515_convert_20090420071551.jpg DSC02087_convert_20090420070842_convert_20090420071628.jpg


先日、ひっそり開いた「小さなイタリアン教室」
初めてメニューは「タリアテッレ」

平打ちのロングパスタ「タリアテッレ」は、ソースの絡みがいいので、
生クリームやチーズを使ったソースに合います。
デュラムセモリナ粉に、好みの準強力粉を少々ブレンド。
シコシコして少しもっちりした生地に仕上がりました。

パスタ作りはうどん作りより、ずっとのんびり出来ます(←うどんばかり作ってるので・・)
うどんは乾燥のタイミングとの戦い&打ち粉の調整が難しい・・・
それに比べてパスタは、パスタラックに掛け、多少乾燥し過ぎても、
すぐに千切れるようなことはありません。

くっつかない程度に乾燥させて、クルリとひと巻き。
「こうやって売ってるよね~」「上手に出来た~!」
と、ワイワイキャッキャッと作りますっ







↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン