cucin amica

アニーが教えてくれたこと。

DSC01365-1.jpg

9月。残暑の厳しい今年の夏。
ほんの数日間の秋めいた朝に、
姉が待望の第一子を出産した。

若くして結婚したものの、働くことが好きで、
まるで独身のような気楽な毎日を送っていた私たち姉妹。
両親、姉夫婦、私たち夫婦の6人で、
それぞれの家に集まったり、食事に出掛けたり・・・・
大人だらけの生活はとても快適だった。

そんな我が家で、末っ子のアニー(犬)は、
まるで子供の様に可愛がられ、
その存在が私たちの中で13年間、いつまでも子供だった。
見ているだけで、優しい気持ちになり、
そのしぐさひとつひとつが、幼いものを表していたように思う。

そしてアニーが天国に逝った日。
「家族が減っていくのは、さみしいな・・・」と心底思った。
可もなく不可も無かった人生に、
初めて失うことの喪失感を持った。
そしてそれは同じように、姉の中にもあったのかもしれない。

アニーの居ない初めてのお正月。
その日は丁度、四十九日だった。
実家に向かう前に姉夫婦が我が家で合流し、
私はキッチンで実家に持って行く料理を詰めていた。
「赤ちゃんが出来たよ」
聞き取れないほどの小さな声だったように思う。
嬉しかった。
「喜びに震える」そんな言葉がぴったりだった。

「子供を産む」それは私たち姉妹にとって、
なんだかとても遠くにある言葉だった。
周りの子持ちの人が言う「子供っていいよ~」
「子供を育てないと一人前じゃないっ」
そんな価値観の持ち主がとても苦手だった。
そしてそんな心無い言葉より、
アニーの死そのものの方が、ずっと説得力があったのだ。



「アニーは居ないし。お父さんはしょぼくれちゃったしね。」と、姉は言った。
私は嬉しかった。
姉が私と同じ気持ちを持っていたこと。
姉が母親になること。
家族が増えることが、とても。
アニーは教えてくれたのだ。
好きなことばかりを優先し、
いつの間にか高齢出産になってしまうお気楽な私たちに、
子を授かり、育て、家族の増える喜びを。

私は新しい家族を抱き、実家の窓辺に座る。
ここはアニーのお気に入りの場所だ。
アニーの好きだったここからの景色を、
小さな小さな家族と眺める。



私は、私を「叔母さん」にしてくれた姉に、
とても感謝している。
そして、こんな素晴らしいことを教えてくれたアニーに、
とてもとても感謝している。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






スポンサーサイト

夏の思い出

DSC00979-1.jpg
                            実家の父に大好物のスイカをもらうアニー 12歳の夏

私たち家族は、今年初めてアニーのいない夏を過ごす。
真夏のリビングはエアコンを入れても、
アニーが横で「ハアッハアッ」と息をし、食べものをせびって来ると、
それだけで部屋の温度が上がる気がした。

閉め切ることが大嫌いなアニーは、窓でもドアでも玄関でも、
「解放してよね!!」とばかりに開けまくった。
暑い夏、エアコンが入っていようが、
寒い冬、暖房が入っていようが・・とにかく開けて周るのだ。
家の中から、外の風景を眺めるのが大好きだったのだ。

そのせいで、我が家は開けっ放しの家だった。
玄関の戸はいつでもオープン。
アニーは土足でウロウロし、母はいつも床を拭いていた。
当然、蚊の発生する真夏もオープン!
「蚊取り線香を焚こう!」と言うと、
「犬の嗅覚って人間の何倍もでしょ?アニーがむせるわよぉ」と母は拒んだ。

犬用の蚊取り線香だってあるのに??人間がこんなに蚊に食われてるのに???
じゃあ、ベープマットとかさ・・・と言っても、
「虫がコロリとするのに、犬が大丈夫なの?」と怪訝顔だ・・・・うそでしょう??

そしてある日。
母が「すごいもの買っちゃった!!」と見せてくれたものは・・・
みなさま、ご存じだろうか?
「ハエ取り紙」を。
ハエ取り紙(ハエとりがみ)とは、ハエの駆除用品の一種。誘引材が付いた粘着テープを天井や鴨居などから吊し、寄ってくるハエを捕獲する。  ←wikipediaで調べてみたらこんな説明


驚くほど渋いその風貌に少々引き、嬉しそうにリビングのど真ん中に吊るす母にもっと引き、
こんなベトベトした紙が家の真ん中にあるなんて・・・と、苦笑い。
母は、「これで蚊も張り付いて、人間を刺さないわよっ」と得意げだった。

ところが初日。ハエはもちろん、蚊の一匹も捕獲されていなかった。
そして次の日。
「ちょっと来て~~」と呼ぶ母の声に驚き、
リビングに行くと、ハエ取り紙に捕獲されていたのは、

母だった。

ベトベトしたハエ取り紙に、髪の毛がくっつき身動きが出来なくなっていたのだ。
引っかかった母自身がなんだか笑っているので、私も大爆笑してしまった。
ゲラゲラ笑う私たちに、アニーは一緒になって興奮する。

無残にも髪を切るしか取り外す方法は無く、
一か所だけ短い、ある意味モード系のヘアースタイルに・・・  

そしてその後、新しい「ハエ取り紙」がまた吊るされ、
そしてまた、母が捕獲された。
2度の珍事件で「ハエ取り紙」はお蔵入りとなった。

そしてそれから10年以上。
我が家ではアニーに気使い、蚊取り線香を焚くことは無かった。

そして今年。
アニーのいない初めての夏を過ごす。
相変わらず、リビングの窓も玄関のドアも開けたままだ。
長年の習慣は変わらない。
ひとつだけ変わったことと言えば、
昭和の香り漂う「蚊取り線香」が焚かれている。

もうアニーはいないのだ。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!









今もアニーがくれるもの

DSC02046-1.jpg

アニーが天国に逝って、4ヶ月になる。
周りの友人たちが心配するほど、私たち家族は悲しんでばかりはいなかった。
ただ、不意にどうしようもなくアニーに会いたくなる瞬間が襲うことはあったけど、
そこに浸り、わざわざ立ち止まったりすることはしなかったと思う。
悲しむことは、とても容易い。
あのいたずらな目を思い出し、匂いを思い出し、毛並みを思い出せばやはり泣いてしまう。
でもそれは、ナンセンス!・・・と自分を励ました。
泣き虫な飼い主を、アニーは望まない。きっと。

そんな私が、どうしてもアニーのいる空を見上げることがある。
アニーをブログに載せてから、
アニーの写真をきっかけに教室参加を決めて下さる生徒さまがいるからだ。
数あるたくさんの教室の中から、参加する教室を選ぶ時、
「アニーちゃんの写真がきっかけでした!」と、言ってくれる方が多く、
先日も「はじめまして」の生徒さまからのメールに、
「犬好きの勘で決めました!」と書いてあった。
なんと!彼女は自宅で大型犬8匹と暮らす「超犬好き」だった!  
彼女の家で暮らす犬たちの話は、私にとって、とても興味深く温かい。



犬を通してcucin amicaの食卓に生まれた縁をとても嬉しく思う。
アニーはもういないけど、今もアニーがくれるもの。
それは、大切な大切な出会いだ。















 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




バイバイ。アニー

DSC04325.jpg


先月の21日。アニーのおまけが終わりました。

13年前の真夏。私には、金髪の小さな妹ができた。
子供のころから、犬を飼ったら「アニー」と名付けると決めていた。
初めて我が家に来た日、「アニー!」と呼んだら、
くるりと振り返り、キラキラした目を向けたあの日の事を、
私は昨日のことのように思い出せる。
初めて犬と暮らす喜びに、生後2ヵ月半のアニーを自転車のカゴに乗せ、
近所をグルグル走った。
そして次の週の休み、同じようにカゴに入れようと張り切ったものの、
アニーは入り切らないほど成長していた・・・。
犬のあまりに早い成長に、のけぞるほど驚き、笑った。
今になって思うと、犬の一生は人間よりずっと早い速度で駆け抜ける意味だった。

4か月前の夏。アニーは散歩に行けなくなった。
親切で的確な獣医師さんのおかげで、アニーは苦しまず過ごせていたものの、
枯れて行くように、少しずつ少しずつ命を削っていた。
横たわったアニーに母は、
「アニーちゃん、こんなに年をとってくれてありがとうね」と何度も言う。
父は、トレードマークだった大きな耳をペラリとめくり、
「ただいま」と毎日言っていた。

「ただいま」
その言葉は、アニーが理解する言葉の中で一番好きな言葉だったと思う。
「お散歩」「パン!」「リンゴ」・・・アニーには言うと興奮して小躍りする言葉がいくつもあった。
でも何より喜ぶ言葉が、大好きな家族が帰宅する「ただいま!」だったと思う。
アニーが最後にシッポを振ったのも、父の「ただいま」だった。
だから父は毎日毎日、何度も何度も「ただいま」と言ったのだと思う。
そうすればアニーがよろこんで立ち上がると願ったのかもしれない。

4ヶ月間。アニーは小さな復活を何度もし、私たち家族は一喜一憂した。
そして21日の夜。父は大好きな抱っこをし、アニーの耳元に話しかける。
母はアニーの足を撫でながら、思い出話をしていたと言う。
その時、この数カ月開くことが無かったアニーの目が開き、
前足をスーと伸ばし、フッとアニーは息を引き取った。
大好きな父と母の腕の中で、苦しむことなく逝った。
しあわせな最期だったと思う。


亡くなった夜、アニーにはたくさんの弔問客が訪れた。
それは13年間、アニーを通して知り合ったたくさんの人たちだった。
アニーの子供と一緒に暮らして下さった家族、仲の良かった犬や飼い主さん、
小さなころからアニーと一緒に遊び、今では中学生になった近所の子供たち・・・。
リビングで眠るアニーを「まだ生きてるみたいだね」と撫でまわしてくれた。

火葬する日の早朝。私はアニーのために大きなパンを焼いた。
棺に一緒に入れたら、アニーは大好きなパンの匂いに包まれて天国に行けるからだ。
いただいたたくさんの花と大きなパンに囲まれ、アニーの魂は逝った。
真っ白な骨になったアニーの頭を撫でてみる。
それは13年間、何度も何度も撫でた、あのツルンとしたアニーの頭と同じだった。

アニーが家族になったあの日、母が決めた「人生の一部を捧げる」の言葉通り、
我が家はアニー中心の13年間となった。
アニーを溺愛する父を筆頭に、私たちは一度も心を抜くことなく、
アニーを愛し抜いた。

アニーはゆっくりゆっくり死んで行ってくれたのだと思う。
泣き虫な飼い主たちが、心の準備が出来るように。
おかげで私たちは、
ほんの少しの涙と大きな笑い声でアニーの思い出話をすることが出来ている。







*****************************************

長い文章を読んでくださりありがとうございました。
初めてアニーをブログに載せてから、cucin amicaの生徒さま、
このブログを読んで下さる窓の向こうのみなさまから、
たくさんの優しい言葉やメールをいただきました。
もっと早くに伝えなくては・・・と思っていたものの、
どうしてもど~~しても、文章にすることがなかなか出来ませんでした。
この間、レッスンにご参加して下さった生徒さまには、まだアニーが生きてるかのように振舞っていたことを
この場を借りてお詫びします。ごめんなさいねっ
そして、私同様の犬好きのブロガーの皆様。
私の愛犬は天国に逝きましたが、みなさまの愛犬オモシロ話、また読ませて下さいね!

ありがとうございました。








アニーバッグ

DSC02430_convert_20090719135241.jpg

アニーのおまけは続いています。
小さな小さな復活をし、母手製の「アニーバッグ」を作ってもらい、
支えられながらの散歩。
市販で販売されている老犬用のハーネスは後ろ足を通さなくてはならず、
アニーのように片足で立つのが無理な状況の犬には向きませんでした。
「胴の部分にタオルを巻いて持ったら散歩しやすいっ!」と発見をした私は、
母にバスタオルで作ってみては・・・?と相談。
試行錯誤を繰り返しす中で、「介護用品も可愛くなきゃね!」と前向きな母(笑)
自分の持っていたバックを切り、かわいいボタンを付け、
釣り上がって首が苦しくないように、首周りには、
父のナップザックの腕を通す部分が迷いなく切られ、使われる・・・笑
これがびっくりするほどピッタリで、アニーは数日間散歩を楽しめました。

真夏の暑さが続いたこの数日。
アニーは立てなくなりました。
「アニーバッグ」は玄関に掛けたまま。

エアコンのきいたリビングでスヤスヤ眠るアニーは、
度々足を動かします。
散歩をしているようにスッタカスッタカ。

きっと夢の中で走り回り、好き勝手な方向転換を繰り返す・・・
そんな昔のように散歩する夢を見てたらいいな。


おまけの日々。

DSC02062_convert_20090701064436.jpg

6月初旬に、アニーは13歳の誕生日を迎え、
それからの約1ヶ月、走り抜けるように歳をとりはじめた。

童顔で天真爛漫で少し腹黒いところが売りだったアニー。
今まで出来ていたことが少しずつ出来なくなり、今では目を離せなくなった。
実家の母が付きっきりになり、私も教室が休みの日は実家で過ごし、
次の日の教室用のデザートやレシピ作りをしながら、アニーをみる。
パンを焼き始めると、オーブンの周りを離れなかったアニーが、
美味しそうな匂いに反応せず、横になっている。
ヨボヨボになったアニーを見るたびに、ポロリと涙が出た。
そんな私に母は、「悲しいけど悲しむな」と言う。
「こんなに歳がとれてしあわせだ」・・・とも。

いつもの獣医さんに、
「ゴールデンレトリバーの平均寿命は10歳。それ以上はおまけだよ。」
と、以前言われたことがある。
確かにアニーが2歳半の時に出産した11匹の子犬たちは、
もう半分以上いない。

こんなに歳がとれてしあわせなのだ。
外で飼うつもりで我が家に来たアニーは、いつの間にか大きな座敷犬になり、
家中の物をぶち壊し、叱られ、笑われた。
キャンプに行き、川遊びをし、好きなものをモリモリ食べ、
飛び回り、愛される。
そんな日々がたくさんあったのだ。

こんなに歳がとれてしあわせ。
そして今日も「アニーのおまけ」は続いている。


アニー帰る。

DSC02046_convert_20090408224631.jpg

数日間の居候生活を終え、アニーが実家に帰りました。
靴も履かずにリビングと庭を土足で行き来し、(←当然・・)
頼んでもいないのに足拭き用のタオルを運んでくる・・・そして、バイト代を請求・・・(クッキー)
まるでストーカーの様に私を見張り、車のカギを「チャラり・・・」と持てば、
「留守番は絶対イヤッ」とばかりに玄関へダッシュ・・・
う・・うざい・・・・

父からの電話では「アニーをいじめていないか?」などと失礼な事を聞かれ、
その上、「アニーに代わってくれ」・・・と。
大好きな父の声を受話器越しに聞き、興奮するアニー・・・
ドサクサにまぎれ、ザラついた肉球で私の足をムリムリ踏む・・・痛いっ
それを見て、ゲラゲラ笑うオット・・・・。
め・・・めんどくさい・・・

そんな憎まれ口を叩きながらも、アニーが帰った夜。
お水入れやお昼寝マットを見ると、「また来るといいな・・」と思う。

が!!朝起きて床を見ると・・・
「なんじゃこりゃ~~~!!」
泥の付いた足跡・・・芝生・・・小さな枝・・・大量のロン毛・・・・

んもーっ  今度来るときはカッパ着て来いっ

     *パン教室のブログなのに、犬のことばかりでスミマセン・・
        明日から真面目にやりますっ   
       

パンを送る。

DSC02056_convert_20090407134506.jpg

実家の母が祖父母の住む鹿児島へ!
せっかくなので、手作りパンを送ることに。
加水たっぷりの柔らかいカンパーニュ・・・はるゆたか100%のパン・ド・ミー・・・
レーズンをたっぷり練り込んだレーズンブレッド・・・。
荷物の到着は明後日。
大きめのパンにして、少しでもしっとり感が残るように。
次々に焼き上がるパンの甘い香り・・・

アニーは部屋中をウロウロウロウロ・・・クンクンクンクン・・・・
テーブルに顎をのせては、ジ~~~~ィと見つめる。
その念力でパンがコロッと落ちそうになるよっ


お散歩

DSC01127_convert_20090406152627.jpg

実家の母が祖父母の様子を見に鹿児島へ!
そのため、妹(犬)が我が家へ居候・・・。
ゴールデンレトリバーのアニー。
ゴールデン特有の天真爛漫!家の中をいつも小走りに動き回り、
愛想とロン毛をまき散らしますっ
部屋中毛だらけ・・・この状態では教室開催は絶対無理!!
私も5日間びっちり休みを取り、のんびり過ごすことに。

夕暮れの散歩コース・・・そこかしこの匂いを嗅ぎまくり全く前に進めませんっ
散歩時間になると、同じ犬種のゴールデンをよく見かけます。
どのゴールデンも飼い主さんの横をピシッと歩きスタコラサッサ・・・。
「なんて偉いんだろ~~~」と尊敬の眼差しを向ける・・・。
うちのアニー・・・・
行きたい方向へジグザクに歩くのはあったり前!
せっかくに前に進んだと思ったら、「ヌァ!さっきの匂い何!?!?」とまた戻るっ
急な方向転換に私はグルリと回され転びそうに・・・・。
そう言えば以前、ゴールデンにものすごい引っ張られてるオジサンがいるな~と思ったら、
父だった・・・笑

えっと・・今年13歳だよね・・・。
子供の頃から全く変わらないハイテンション。

桜の見える公園に行きたいのに・・・・陽が暮れちゃうよっ

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン