cucin amica

5月のレッスンメニュー!

DSC00834.jpg DSC00819.jpg

みなさま~
楽しいGWをお過ごしでしょうか~?
我が家は来客とお出掛けの繰り返し・・・。
連休の喜びに震え(笑)、毎日を満喫しておりますっ

とは言え~~~
連休明けすぐに始まる『5月レッスン』!
もっとこうできるのでは・・・もっとああできるのでは・・・
頭の中をグルグルグルグル。
来客の度に試食をお願いし、レッスンメニューがちょびっと変わりました^^

スープカレーに合わせるタンドリーチキンをハンバーガーにすることに。
本来ならば、スープ―カレーに浸しながら食べるのはプレーンなパンやお米。
もちろんそれでも美味しいけれど、せっかくだからもっと楽しみたい!
ナン風のピザにしたり、チーズを包んだパンにしたりと試作。
でもやっぱりハンバーガー!
ハンバーガーを食べてる時のあのテンション!
みんなが子供の様に笑顔になって食べるハンバーガーを見ながら、
「5月はタンドリーチキンバーガーにしよう!」と決めました~。
・・・とは言え、タンドリーチキンサンドイッチも美味しいので今でも迷い中・・・

いつもは手羽元で楽しむタンドリーチキンを鶏むね肉で。
週種類のスパイスをブレンドし、ニンニク・生姜・玉ねぎ・ヨーグルトで漬け込む。
スパイシーで柔らかいチキンに、自家製マヨネーズと『MAILLEハニーマスタード』が最高!

大きな口でガブリと食べ、素揚げした夏野菜とスパイシーなスープを合わせる。
スープは熱々を愉しめるように、小さなスキレットを使用。
素揚げした野菜たちを彩りよく盛り付け、スープを注ぐ。
余熱のしたガスオーブンで、もう一度熱々に♪

夏の様に暑い日の増え始める5月。
スパイシーで栄養満点!
身体の喜ぶピッタリのメニューだと思うのだ。






DSC02392.jpg


お作りいただくパンは『ドイツパン南部風』。
ドイツパンと言っても、一般的にイメージするライ麦粉を多く含んだ酸味のあるパンではなく、
強力粉のみで作る柔らかいバターロールのようなパンだ。
始めて習った時は、通常の繊細なパン作りとは程遠い作り方に衝撃を受けたほどだ。
一次発酵のみで、あとは霧吹きをたまにするだけでほぼ放置。
しかし、これが忙しい朝にも家庭で作れる味なのだと納得。
まさにお手軽テーブルロールなのだ。

今回は『ベーグル用粉・緑渦巻』を使用。
どんな強力粉でも美味しく出来るが、この粉で作ると一層もっちり感を味わえる^^





DSC03823-1_201605050917073d9.jpg


デザートは、さっぱりさっぱりの『ヨーグルトムース』。
相変わらず、何年経っても上手くならないデザート作りだか、
あまり失敗の無い味だから大丈夫かな・・・

このようなレッスンメニューとなっております♪
どうぞどうぞ今月もよろしくお願い致しまーす!




             あ!そんな5月教室に1席のキャンセルが出ました~
             5月28日(土)、どうぞお気軽にお申込み下さいませ。
             お待ちしておりまーす!








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



スポンサーサイト

12月のレッスン時間。

DSC08034.jpg DSC08036.jpg
DSC08041.jpg DSC08048.jpg
DSC08120.jpg DSC08126.jpg


12月のレッスンは、cucin amica初めての試み!
『デリレッスン』となるはずだった・・・。
でも試作をするうちに、どんどんピンチョスやらタパスやら、
ホットサンドなどなど。
小さなおつまみメニューになってしまった^^:

それでも寛容な生徒さんたちは「キャッキャッ」と作ることを楽しんでくれた。
フィリングをじゃんじゃん作り、ジャンジャン盛り付け♪
一品仕上がる度に、「か~わ~い~い~❤」 

お料理教室検索サイト「クスパ」さんのおかげで、
スパークリング日本酒「澪」のサンプリング企画に参加させていただき、
お酒付きのレッスンとなり、一層華やいだ時間となった。

小さなお料理が沢山並び、今月も大盛り上がり。
私は笑い過ぎて声が枯れてしまった。
賑やかで楽しかった一年。
302号室にてみんなと過ごす時間。
12月は、いつも感謝の気持ちで一杯だ。












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


12月のレッスンメニュー

DSC07630.jpg DSC07938_20141203170545dba.jpg
DSC07795_20141203170213678.jpg DSC07985.jpg
DSC08029.jpg DSC07993.jpg
DSC08020.jpg DSC03885_201412031702118d5.jpg

スタートまで3日となった本日。
やっとやっと最後の一品の味が決まる。
んもーっギリギリ!
作れば作るほど分からなくなり、
人が集まるところに試作品を持って行っては感想を聞き、増々迷走したりした。
『DELI』メニューなんて公言しながら、
試作するうちに、「これって、ピンチョスにした方が良いな・・・いやいやタパス・・・」
そんな風に増々迷走した。

でもひとつだけルールを決めていた。
「いつものレッスンより簡単に作れること」
それだけは守った。
手軽に簡単に出来るパーティーメニューにして、
みんなで塗ったりのせたり。
アタフタせずに、今年一年のおしゃべりを楽しみたい。
12月くらいね。
でも華やかさと美味しさは必須。

そんな風に選んだメニューです。
みんな喜んでくれるといいな。

一先ずお写真だけで。
次回は、お料理の内容をアップしまーす!










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




レッスン内容②

DSC02695.jpg DSC01951.jpgDSC02010_20100527061708.jpg DSC02473_20100527061708.jpg


さて、2回目掲載となりました「レッスン内容」。
こちらのメニューも過去に行ったメニューです。

タルティーヌレッスンは、
「キノコとアンチョビポテトのフォカッチャ」
いつもは、cucin amicaカンパーニュの上に具材をのせてお召し上がりいただくのですが、
この時のレッスンでは、ピザ生地をザザッと作り、フィリングをのせて焼き、
焼きたてランチが好評でした。
フィリングはあらかじめ火を通したホカホカのジャガイモと、アンチョビペーストを混ぜ、
オイルで炒めたキノコに合わせました。
焼成前にたっぷり下ろしたパルミジャーノが香ばしいコクを加えます。

スープレッスンは、
肌寒い時期に体を温めてくれる「ソパ・デ・アホ」
スペイン・カスティーリャ地方の料理で、
ニンニクをたっぷり使い、手軽に作れるのに美味しい、万能スープです。
ビーフベースのブイヨンと、ニンニクの相性が良く、
残り物のバケットなどを入れるため、ボリュームもあります。
写真は溶き卵タイプですが、地方によってはポーチドエッグタイプや、
生ハム・・・ベーコン・・と種類も豊富だそうです。

お作りいただいたパンは、「レーズンパン」
オイルコートなしの「ふさ干しレーズン」は、
甘味が強く、酸味が少ない。
小ぶりなためパン生地を噛みしめた時のバランスがとてもいいのです。
写真はマフィンカップで焼いたもの。
乾燥しがちな小さめのパンが、しっとりぽっこりとかわいく仕上がります。

デザートはあらかじめ私が用意しておいた「キャラメルシフォン」
当時、なぜかシフォンケーキ作りに燃えていました。   





cucin amicaパン&タルティーヌ教室は、毎回こんな風にレッスンを行っております。
ご興味のある方は、どうぞお気軽にご参加くださいませ。
       cucin_amica@yahoo.co.jp


                          


 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



レッスン内容①

DSC02624.jpg DSC02612.jpg
DSC03518.jpg DSC02573.jpg


みなさまに、cucin amicaタルティーヌ教室を知っていただくために、
少しずつ「レッスン内容」に付いてお知らせしていこうと思います!

メニュー例①
*グリルチキンとカレーソースのタルティーヌ
*ペコロスと大豆のスープ
*cucin amicaカンパーニュ
*ガトーショコラ

                  注)デザートは、私があらかじめ用意したものをお召し上がりいただきます。
                        レッスンメニューには組み込まれておりません。




**レッスンの流れ**

レッスンは10:30スタートです。
パンレシピの配合、本日の粉の特性に付いて説明。
あらかじめニーダー捏ねしたパン生地(お一人様200g~250g)を成形から始めます。

ベンチタイム・発酵時間を利用して、タルティーヌの具材作りスタート!
鶏の産地・特性を説明し、美味しくグリルする方法、寝かせ方。
合わせるカレーソースも、配合から味の馴染ませ方等を説明。
そうこうしているうちに、発酵終了!
パンをオーブンへ!
焼成時間を利用して、今度はスープ作り。
国産大豆の煮方や、ペコロスの使用方法、野菜の特性、塩の加減、予熱の大切さなどを熱弁・・・
そうこうしてるうちに、パンが焼き上がる。

スープを仕上げ、タルティーヌの盛り付けへ!
タルティーヌ用のパンは、私が前日に焼いておいたものを使用。
私がひとつ、盛り付けのお手本を仕上げます。
生徒さまは、自分が食べるプレートを彩り良く盛り付けて行きます。

やっとやっとのランチタイム!(13時前後)
いろんな話をしながら、モリモリ食べます!
みんなで後片付け。  デザートに向けて少々の腹ごなしをする。
デザートを食べながら、レッスンのおさらい。
再度説明&質問の時間。

レッスン終了! (15:30頃)
お作りいただいたパンは全てお持ち帰り出来ます。


cucin amicaタルティーヌ教室は、毎回こんな風にレッスンを行っております。
ご興味のある方は、どうぞご参加くださいませ。
       cucin_amica@yahoo.co.jp


                          料金等は、カテゴリ内「料金について」をご覧ください。



 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!


SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン