cucin amica

日々ごはんメニュー『ミニトマトの肉巻き』

DSC02083.jpg

日々ごはんメニュー。
揚げ物の次は焼き物を~~
照りの美しいこちらの玉。
ミディトマトを豚バラでしっかり巻き、
なんと「タコ焼き器」で焼きまーす!
生徒さんも驚いてくれるたこ焼き器の使い方~

これは姉が、姪っ子の好物『ミートボール』をたこ焼き器で焼いていたのをヒントにしたもの。
丸型のものって、フライパンで焼いてるうちに、ちょびっと平たくなりがち・・・。
でもたこ焼き器ならきれいなまん丸に!

しかも、卓上に置いたたこ焼き器で焼くと、
おつまみが目の前で出来上がるのが嬉しい。
おもてなしの時って、つい張り切り過ぎて、
お客様をテーブルにポツリ・・・自分はずっとキッチンへ行ったり来たり・・・になりがちだが、
こうやって同じテーブルの上でおしゃべりしながらコロコロ焼いていると、
それだけで、楽しい時間に花が咲く。

豚バラの脂を十分に拭き取り、カリッとしたらバルサミコソースをスプーンで一杯。
ジュワジュワと焼き音がして、照りの美しい丸の玉に^^



DSC02084.jpg

半分に切ると、ちょびっと歓声が上がる。

どうぞこちらもお楽しみに♪








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!


スポンサーサイト

高野豆腐の詰め煮

DSC02153.jpg

『日々ごはんクラス』のメニュー作りで心掛けるのは、
あまり手間暇かけ過ぎないこと。
難しくし過ぎると、生徒さんの家で『日々ごはん』の定番になれなくなってしまう。
とは言え、簡単な物ばかりじゃわざわざお料理教室に習いに来る必要なし!にもなってしまう。

今回、最も『日々ごはん』らしいメニューに選んだのは『高野豆腐の詰め煮』。
美味しいお出汁を吸いに吸った高野豆腐は最高!


DSC02132.jpg

水で戻したら、真ん中に切り込みを入れる。
切り過ぎ厳禁!!



DSC02133.jpg

鶏挽あんを上手に詰め込んで~~~
「こーゆー時が、お料理してる!私!って思いますよね~」と、生徒さんが言ってた。



DSC02135.jpg

しっかりと味の調えた出汁に投入!
落し蓋を忘れずに~~


『高野豆腐の詰め煮』
まさに名脇役の味!って感じがいつもする。
決して主役にはなれない地味な存在だけど。あると嬉しくて目が離せない。
意外と地味な作業を重ねて出来る一品だけど、その努力を主張しない。
まるで役者『大杉蓮』だな・・・と、いつも心の中で思うのは私だけだろうか・・・。


みなさま。大杉・・・じゃなかった、高野豆腐もお楽しみに!








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



海老と三つ葉の蓮根揚げ

DSC02141.jpg

冷たいお魚料理を二品の後は・・・
やっぱり揚げ物かな~~❤
こちらは『海老と三つ葉の蓮根揚げ』。

これは実家に居る頃からよ~~く食べていた揚げ物で、
今では我が家の人気揚げのひと品。

母のお料理ノートには、たくさんの新聞の切り抜きが貼ってあり、
このお料理もそうだ。
現在のように料理本が溢れる時代ではなかった昔。
私の母世代は、こんな風に自作の料理ノートを持っていた。
キッチンの片隅にあり、ノートにはたくさんの油跳ねの跡や、
水分を含んでシワシワなページ。
開きやすい、そのノートの温かな膨らみが、私はとても好きだ。


この揚げ物の切り抜きには、その料理を考案した主婦の方が映っており、
膝には小さな男の子が座っている。
いかにも「昭和」な出で立ちの親子に時代を感じ、
ちょびっと笑ってしまう。
「この男の子も、今ではすっかり大人になってるんだろうね~」
と、私が言うと、母から思わぬ言葉が返って来た。
「それもそうね~。
 陽子ちゃんのお料理もそんな風に切り抜きしてくれてる方もいるかもよ。
 頑張ってね~」。と。

お、思ってもみなかった。
私のお料理のレシピが、誰かのキッチンの片隅にあったり、
それを何度も作ってくれるなんて。 

その日の何気ないひとコマは、
私のなんだかマンネリした料理生活の背筋を、少しだけ正してくれた。
誰かの「我が家の定番料理」になりたいなと。



DSC02139.jpg

すりおろした蓮根に、たっぷりの海老と三つ葉。
簡単だけど、味わい深い揚げ物。
キュッとレモンをしぼったり、ちらちらと美味しいお塩を合わせたり。

こちらもどうぞお楽しみに♪








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!









自家製ジンジャーエール&ベリーシロップ

DSC02118.jpg

『日々ごはんクラス』のレッスン料は、いつもよりちょびっとお高め。
そこに今回は『ちょい飲み・・・』のお酒付きとなり、色々と考える。
お酒が飲める生徒さんと、飲めない飲まない生徒さんが同じ料金で良いものだろうか・・・

そして閃く!
飲めない生徒さんにも美味しい飲み物を用意しよう!と。
そして今回は『自家製ジンジャーエール』
山の様に生姜をスライスし、たっぷりのザラメ。
そこにシナモンカシア、カルダモン、クローヴ、鷹の爪、黒胡椒。
クツクツ・・・クツクツ・・・
キッチンから溢れるスパイシーでジンジャーな香り。
リビング中がしあわせな匂いになるほどだ。

待ちに待った出来たてを戴く。
美味しいーーーーっ
炭酸水で割る。
ジンジャーエールーーーっ
とにかく美味しいのだ。




DSC02119.jpg

ジンジャーエールが苦手な方には『自家製ベリーシロップ』を用意。
炭酸水で割り、フルーツを崩しながらいただく。
甘酸っぱいベリーがとてもさわやかで美味しい。

お酒が飲めない生徒さんも、喜んでくれるといいな^^


さてさて。明日は初日!
みなさま。どうぞよろしくお願い致しまーす!








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!












日々ごはんメニュー『胡麻漬けサーモンとわさびアボカド』

DSC02115.jpg

『お知らせでーす!
 6月7日(水)日々ごはんクラスに1席のキャンセルが出ました。
 ご興味ありましたら、どうぞお気軽にお申込み下さいませ~ お待ちしておりまーす♪』



日々ごはんクラスメニュー。
冷たいお魚料理をもうひとつ。
『胡麻漬けサーモンとわさびアボカド』

もうひとつのお魚料理『鯛とモロヘイヤの香味野菜酢味噌和え』はメインにもなる一品だけど、
こちらは、お酒をちょびっと口にしたあと、
小さく角切りに切ったサーモンをひとつ。
わさびを纏ったアボカドをひとつ。
とろっと、ねっとりが合わさって美味しいのだ。


DSC02088.jpg

完全養殖で、水やえさを徹底管理して育てた美味しいサーモン。
脂のバランスが良く、食べやすい。


DSC02089.jpg

香りの良いすり胡麻と、美味しい醤油で漬け汁を作る。


DSC02090.jpg

3時間程度の浸け時間でも美味しいけど、
一晩じっくり寝かせると少しねっとりした仕上がりに。
とびっこや海苔を合わせ、炊き立てご飯に合わせる小丼ぶりは、
我が家では大好評の一品なのだ。








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






日々ごはんメニュー『鯛とモロヘイヤの香味野菜和え』

DSC02092.jpg

来月は『夏はちょい飲み日々ごはん』、な~んてタイトルで開催。
メニュー決めも楽しくて楽勝だぜ!・・・と張り切っていたのに、
5月も中旬を過ぎても決まらず~~~。
「こんなんで本当にいいのだろうか。習う価値あるメニューだろうか。
 カッコつけて難しくなってるではないか!!」
相変わらずのネガティブシンキングが顔を出し、とにかく悩む毎日。

でも、頭をリセットして。
暑い夏。みんながお店に入ってメニューを見るのを想像する。
もちろんシンプルなお刺身を頼むでしょ・・・
それに薬味たっぷりのサラダとか・・・

だったらこの一品!
薄切りの鯛のお刺身。
夏に最高の薬味。大葉と茗荷!



DSC02093.jpg

庭で育てるほどの大好物のモロヘイヤ!!
緑美しいガサガサした葉が、茹でるとトロリの最高の味。


DSC02097.jpg

さっと水に晒した香味野菜がシャキシャキ。
モロヘイヤがとろ~りのぬめり。
新鮮な鯛。
この三役を、美味しい酢味噌で和える。

甘めの酢味噌が気の合う三役を、もっともっと団結させ、
お酒を飲みながら、モリモリ食べられる一品に。

DSC02098.jpg

薄切りに切った鯛に、ほどよく和えられた酢味噌。
冷たいお酒と一緒にまずはこちらから。

どうぞお楽しみに♪








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






日々ごはんクラス『なんとなく中華』はじまってますっ

DSC01482_20161208104039557.jpg DSC01422.jpg
『油淋鶏』                              『野菜春巻き』


DSC01470.jpg DSC01468.jpg
『大鉢茶碗蒸しのひき肉あん』               『中華風白和え』


DSC01516.jpg DSC01520.jpg
『柚子風味のキャロットラペ』                  『タバスコ海老』


DSC01495_20161208104040ab8.jpg DSC01444.jpg
『葉野菜と干しエビのサラダ』                 『雲呑スープ』


DSC01421_201612081050544ea.jpg
『揚げ豆腐の甘酢あん』


日々ごはんクラス『なんとなく中華』、始まっておりますっ

今回は上記9品~
作っては洗い・・・・また作っては洗い・・・
洗い物がたっくさんたっくさん!!!
生徒さんの抜群のサポートを受けながら、てんやわんや。
本当におかげさま様ですっ

今年最後の忘年会レッスン♪
満腹になりますので、お腹を空かせてお越しくださいね~










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!








葉野菜と干しエビソースのサラダ

DSC01495.jpg

手軽にできるのに、美味しくて喜ばれるドレッシング。
こちらはそんな一品、『葉野菜と干しエビソースのサラダ』。




DSC01491.jpg DSC01492.jpg
DSC01493.jpg DSC01494.jpg

干しエビをフードプロセッサーで攪拌し、フライパンで香ばしく乾煎り。
あとは、オイルと塩胡椒を合わせるシンプルなソース。
大きなボウルにたっぷりの葉野菜と手で和えて馴染ませる。

たったこれだけなのに、濃厚で香ばしいサラダの出来上がり。

12月のレッスンメニューです。
どうぞお楽しみに♪












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




12月レッスン『揚げ豆腐の甘酢あん』

DSC01421.jpg

私はお豆腐が好きだ。
ほぼ毎日食べていると思う。
お味噌汁には欠かさないし、和中料理での使用率も高い。
そして最近では『温泉湯豆腐』なるものにもはまっている。

シンプルヘルシーでも美味しいのに、お豆腐は油との相性が抜群だ。
そんなお豆腐料理のひとつ『揚げ豆腐の甘酢あん』。
軽く水切りしたお豆腐を片栗粉でびっちり厚化粧し揚げ焼きする。
もちろんじんわり浸み染みの『揚げ出し豆腐』も最高だけど、
表面のカリカリを楽しみながら食べられる『揚げ豆腐』もなかなか美味しい。

甘酢あんにバルサミコソースを隠し味で入れるのが我が家の定番。
酸味がまろやかになり、甘さとのバランスが良くなるのだ。

こちらも12月のメニューに登場しますよ~










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





12月レッスン『油淋鶏』

DSC01477.jpg

12月レッスンの一品『油淋鶏』。
若い頃は中華料理屋に行くと、必ず頼んでしまう甘酸っぱくて辛くて油とサイコー!に合う揚げ鶏。
しかしこれ、家でも簡単に出来るので、今では我が家の定番中の定番。

ポイントはソースのニンニクと生姜のみじん切りを油で熱して置くこと。
生のままソースになることが多い香味野菜だけど、
しっかり油で熱することで、まろやかで柔らかな胃に優しい味に。

たっぷり食べてしまいがちだけど、一枚の鶏を丁寧に観音開きにし、
漬け汁に浸けることで、意外と量を食べずに済む。

ま、揚げ物を食べる時にカロリーを気にするなんてナンセンス!!ですけど~


DSC01482.jpg

揚げたてに、ザ~~とソースをかけてテーブルに並べる料理だけど、
私は食べる直前に一切れずつソースをかけて食べるのが好き。
バリバリカリッ!と、衣に酸味のあるソースが染み込む寸前を楽しみたいのだ^^

みんなも歯茎に傷をつけないように食べてね!ブシシ~










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン