cucin amica

週末のおもたせ

DSC02441.jpg

友達の少ない我が家に、仲良くしてくれるアウトドアファミリーが出来た。
3歳のかわいい男の子は、息子を慕ってくれ、
いつも最年少扱いのお豆の息子は、俄然お兄ちゃん風を吹かせ、
自分よりその小さな男の子を溺愛している。

嬉しいことに、土曜日の夜。
そのファミリーから楽しいお誘いを受けた。
『我が家の庭で焼き鳥パーティーしましょう!』って。

とってもとっても嬉しくて。もちろんふたつ返事!

「お料理が得意じゃないから、本当に焼き鳥だけになっちゃうけど…』
私は見栄の張らない、正直な彼女がとっても好きだ。
「じゃあさ、サイドメニューは私に任せて!」と約束。
サラダなどとたんまり持参。

『おみやげはパンがいいよ!カノーリとかさ!』
5歳の息子は、いつもやたら手土産のことを言う。







DSC02443.jpg

でも確かに。
パンなら、翌日休日の朝。オーブンで温めて食べられたら嬉しい。
冷蔵庫で常備の自家製トマトソースとチーズにバジルで、
小さなマルゲリータパン。
これならみんな好きだもの。








DSC02442.jpg

なぜか息子はこのパンのことを、小さな時から『カノーリ』と呼ぶ。
本当はデニッシュ生地にクリームをたっぷり包んだものを言うのだが、
何故か何度教えても『これは僕のカノーリなんだ!』と。

我が家のカノーリ(仮)は、
伸ばした生地に甜菜糖とザラメをたっぷり入れて巻いて、三つ編み。
180℃で12分焼成。
糖分が溶けだして、カリッとしたパンの底が美味しい。


小さなバスケットにたんまり焼き立てパン。
友人ファミリーはとっても喜んでくれた。



『焼き鳥だけ・・・」とは言ってたけど、
なんと100本以上串打ちされた様々な部位のお肉たち!
その手間を掛けた彼女に胸が熱くなってしまうほど美味しい焼き鳥だった。

気持ちの良い夜風と炭火の焼き鳥。
楽しそうな子供たちのはしゃぐ声。
手には美味しい赤ワイン!

最高の夕食をごちそうさまでした。









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



スポンサーサイト

自家製チャバタ

DSC01811_201702150836561c8.jpg

大好物のパニーニ。
そのパニーニを作るのに、チャバタを上手に作れるようになったらな・・・
そんな風に思っていた。
とは言え、発酵時間を長時間取ることで旨味が増す生地を、
その日のレッスンランチにするなんて、私の腕で出来るのかしら?

でもやっぱり。
焼きたてのチャバタで食べるパニーニは最高だ。

なんとか出来ないものかな~と、今日も試作中。

不格好だけど、その素朴な見た目が愛らしい。
様々なフィリングを用意したけど、
家族に一番好評だったパニーニは、
ベーコンとチーズ、シャキシャキのモコヴェール。
そんなシンプルな味を焼きたてチャバタが一番引き立ててくれるようだ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


3月のレッスンブレッド『ブール』

DSC01762.jpg

久し振りに『ブール』を焼く。
いつも作っているタルティーヌ用のパンと配合は大して変わらないけど、
クープを入れた後、その線に小さく切ったバターを置いて焼成するため、
焼き上がりにバターの香りが溢れる。

cucin amicaを始めたばかりの頃、
巷ではパンブーム到来で、
自宅で作るカンパーニュやバケットに、いかにカッコよくクープを入れられるか・・・
そんな言葉が料理雑誌には掲載されていた。
こんな私でも、「レッスンブレッドはカッコよく!」と思っていたものだ。
そんな時に習いに行ったパン屋さんで、職人さんが言った。
「日本人て、本当に見た目ばかり気にする」
「家で作り、家族が食べるパンはカッコより味なのに」とも。

本当にそうかもしれない。
カッコいいクープを入れるために、水分の配合を変えたり、
もういいのに成型しなおしたり・・・。
そんなことばかりしていたら、パンの美味しいタイミングを見逃す。

私はあの日から、カッコいいパンを目指すのを辞め、
パンの美味しいタイミングに耳を傾けるようになった。
でもそれが、家族には好評であっと言う間に食べてもらえるようになった。

今日も不格好な『ブール』が焼けた。
お店で売ってるように行儀の良いクープとは程遠いけど、
バターの香りが溢れ、クラストはパリパリ、クラムはムッチリ!
マーマレードに合う合う合う~^^


cucin amica、3月のレッスンブレッドは『ブール』。
不格好だけど、美味しい粉と美味しいタイミングで、
きっとみんなが喜ぶパンになりますよ~。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

9月ブレッドメニュー『フーガス!!』

DSC01243.jpg

やだ~~~
か~わ~い~い~~~❤

大盛り上がりでフーガスを顔面にし写真を撮りました~^^
撮影協力者のオシャレ彼女は、確かに小顔ですが(笑)
今回のフーガスはとにかく大きいですっ

最初は、生地を二等分にし2個作ってもらう予定でしたが、
生徒さん達が「大きいのにしようよ!」と言い、
あ、その方が素敵かも~~~と、盛り上がる盛り上がる。

天板いっぱいに広げた生地。
美しい葉脈になるようにと、みんな真剣に穴を広げる。
おかげで、美味しそうなフーガスが焼けました♪


今回でフーガス作りをマスターし、
尚且つ、味が好評だったら(笑)王道のオリーブバージョンもチャレンジしたいな^^


みなさん、楽しい初日をありがとうございました!!








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

包みピザ風ピロシキ

DSC01044.jpg


あの油っこいけど美味しかったピロシキ風揚げサンドが忘れられず、
色々と模索中~~
今回はカルツォーネ(包みピザ)風にしてみた。
いつも通りの風貌ではなんとなくつまらないので、
今回はお花のように成型。
ちょっと写真じゃ分かりにくいが、この小さな三つの包みは中心でつながっている。
真上から見ると花びら三枚❤な感じなのだ。  (だったら真上から撮ればよかったのにね~)

この包み方。
レッスンでやったらみんな喜ぶかも~
ウホウホと包んだ。
焼き上がりも、まあまあ可愛い。

しかし・・・食べてみるとイマイチ~
ピロシキって、ほんとの本場では揚げるよりも焼いたタイプが主流と聞いて、
ますます良いじゃん!と思って試作したけど。
やっぱり油が恋しい仕上がり。

色んなタイプで試作し、食べまくった『ピロシキ風・・・』。
もう飽きちゃって、美味しい味を見失う・・・

                      このメニュー。
                                  一旦、棚上げしまーす! 笑











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

11月のレッスンブレッド

DSC09734.jpg


今月のレッスンブレッドは、温かい飲み物にピッタリの『シュガーブレッド』。
北海道産ビートグラニュー糖と中ざらめを敷き詰めた生地をクルクルと巻きこみ、
さらにねじってリース型に。

このタイプのパンを焼くと、必ず下に甘いお砂糖が流れ出てしまいもったいない。
そんなわけで。
パイ型のアルミ皿に入れて焼成~~。
これで溶けだしたお砂糖が流れ出すのを防げまーす!
            ハイカロリーもがっちりキャッチ!笑


今月も。たいしたパン作りのお勉強は出来ませんが(笑)
甘い甘いパンのお持ち帰りがありますよ~❤

どうぞお楽しみに♪










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




9月のレッスンブレッド

DSC09263.jpg


9月のレッスンブレッドは『イングリッシュマフィン』。
大好きなパンなのだが、レッスンの時間配分が難しく今まで出来ずにいたメニューだ。
パン作りの他に、タルティーヌのフィリング作り&スープ・・・
ガスオーブンの都合もあるし、なによりレッスンがバタバタになる。

それでも、色々工夫してみると出来そうだな~と、思案。
ここはみんなの力を借りて(毎回借りてるけど・・・^^:)、イングリッシュマフィンを作るぞ~!

ひとつひとつの軽量。成型。
いつもより工程が多いけど、きっとみんな抜群のチームワークで仕上げると思うのだっ

使用する粉はカナダ産の「1CW」。
釜伸びが良く、ふっくらと仕上がる。
コーングリッツは香り程度の量にして。
みんなのお家でマフィンサンドにしたり、タルティーヌにしたり。
美味しく食べてもらえるといいな♪








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!









4月レッスンスタート!

DSC08582.jpg


4月レッスンがスタートした。
「3月も楽しかったな・・・」そんな思い出に浸る間もないほど、
あっと言う間に新レッスン開始!
は、早過ぎるっ

今月はタルティーヌレッスン!
2月はクロックムッシュ。3月はホットロールサンド。
教室名とは裏腹にタルティーヌがお久し振り~~~


今日も。302号室でパンを焼く。
この季節は、本当にパンが美味しく焼ける。
仕込み水の温度も、発酵時間もあまり考えなくても上手に焼ける。
持った瞬間に美味しく焼ける気配ムンムンなのだ。

それでも時折、失敗し全部焼き直しの日もある。
簡単なようで奥が深い。
新年度となる4月。
初心に戻り、また美味しいパンを焼くぞーっ!



今月のレッスンブレッドは、
「タルティーヌブレッド・はるゆたかブレンド」です。
どうぞお楽しみに❤










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



クロックムッシュ用・・・

DSC07927.jpg

今月はクロックムッシュ。
真ん中の部分を1㎝にスライスして、お一人様2枚使用。
アップルキャラメリゼとスモークベーコン、ベシャメルソース、ハニーバター・・・
もりもり挟むし、さらに上にはシュレッドチーズをたっぷり。
真ん中の大きく盛り上がった部分が最適。
みんなに大きなパンが行くように、今回はいつもよりたくさん焼いてます^^


冬休み明けのcucin amicaを楽しみにしてくれていた生徒さん。
部屋に入るなり、「そうそう!この匂い!この匂い!」と大きく深呼吸。
そうか。クッキンアミカの匂いが302号室にはあるのだな。
焼き上がったパンの匂い。コーヒの匂い。
毎月のお料理たちの匂い。
302号室の無垢床も卵の殻の塗り壁も。
美味しい匂いをたっぷりたっぷり吸い込んでいるのだ。












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


2月のレッスンブレッド

DSC06007-1.jpg


               * お知らせ *
             2月18日(水)、1席のキャンセルがでました。
             お申込みお待ちしておりまーす!

               お申込みいただきました。ありがとうございますっ

「今年はカマキリの卵が低いから、雪は少ないな。」
幼い頃、この時期になると父はよく言った。
カマキリが卵を産み付ける位置で、その年の雪の量がわかるらしいのだ。

その習慣が私にもすっかり根付き、
この時期になると庭に出てカマキリの卵を探す。
今年は地面から40センチの場所にある。
大雪にはならないかな・・・。
しかし年々卵の数が少なくなり、微妙な観測結果だ。

昨年は、庭を探しても探しても卵が見つからない。
異常気象なのかしら・・・などと思っていた。
ある日。
車に乗り込む時、ふとシャラの木を見上げると、
高い枝の根元にカマキリの卵を見つけた。
「えええええ??あの高さ!」
私の身長より高い位置にある卵に驚いたものの、
まさか~~と、思っていた。

そしてみなさまご存知の通り、
その年の2月は近年まれにみる大雪となった。
教室開催日にドンピシャで大雪となり、2回のレッスンが中止に。
おそるべしカマキリの察知能力!


そんな2月のレッスンブレットとなったのが、
写真の「コーヒーチョコブレッド」。
コーヒー生地のほろ苦さに甘いチョコチップ。
なかなか好評のパンだった。
レッスンが中止となり、レシピのみし受け取れなかった生徒さんからもご希望をいただき、
今年の2月のレッスンブレットにさせて戴きます^^
どうぞお楽しみに❤

                             大雪にならないことを願って・・・





 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン