cucin amica

さつまいもパイ

DSC09705.jpg

『こどなの遠足』の後は、我が家で。
はしゃぎ過ぎた凛太郎は帰りの車の中でコテリと寝てしまい、
思いがけずゆっくりとティータイムを過ごせた。

お茶のお供は『さつまいもパイ』♪
数日前、「こんなに大きなさつまいも見たことないよねーっ!」と、
友人のさっちゃんが持って来てくれたお芋。
本当に大きくて凛太郎の頭より大きかった。
「すが入ってたらごめんね・・・」と言われていたけど、
切ってみるとびっちりとした断面が、いかにも美味しそうだったのだ。

しかし・・・本当に大きい。大き過ぎる・・・
切る時も刃物が途中で抜けなくなるほど~~~
当然蒸し器にも入りきらず2回に分けて。

蒸し上がったさつまいもは本当に甘くて美味しかった。
これはさつまいもパイにしよう!
たっぷりのバターと生クリーム、きび砂糖とバニラペーストを合わせて。
市販のパイシートにたっぷり、こんもり。山の様にのせた。



DSC09706.jpg


焼き上がり。
お菓子作りが大の苦手な私にしてはなかなか上手に出来た~。

みんなも喜んで食べてくれた。
お土産に戴いた『お団子』やおしゃれな『豆菓子』も一緒に。

珈琲。カモミールティー。知覧茶。
楽しい話と美味しいもの。

短い散策と我が家。
私たち親子に合わせてくれた友人たちに感謝して。
新しい時間を過ごせたことが嬉しい一日になった。





DSC09708.jpg

おまけの写真。
カップに入れて絞り袋で。







 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


スポンサーサイト

LOTTE ショコランタン

DSC07615.jpg

パソコンの調子がイマイチな上に、せっかく買ったipadをマスターする時間も取れず・・・
すっかり更新が遅くなりました~^^:


今回も、美味しい企画に参加させていただきました♪
料理教室サイトクスパさんのサンプリング企画「LOTTEショコランタン」❤
「カリッとはずむ、プレミアムブレイク」がキャッチフレーズ。
その通り!
チョコレートの小さな器に、たっぷりのアーモンドスカッチ。
キャラメルの甘い風味とアーモンドの香ばしさ・・・
温かいカフェオレと一緒に飲むと、まさに「プレミアムブレイク」!
なるほどね~^^

今月のTea Timeのマフィンに添えると、
生徒さんも大喜び! うひょひょ

DSC07519.jpg

先月後半に届いたため、カフェゼリーにも添えました~

女子が喜ぶ甘い甘い企画❤
LOTTEさま。料理教室サイトクスパさま。
本当にごちそうさまでした♪










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




きび砂糖のクッキー

DSC06493_2014060420044434d.jpg


遊びに行ったお宅で、美味しい手作りクッキーをごちそうになった。
あまりの美味しさに作り方まで教えてもらった。
きび砂糖のたっぷり入った素朴で美味しいクッキー。
レッスン後のティータイムにお出ししたら、
きっと生徒さんが喜んでくれる!
そんな思いから特訓!特訓!と作り始めた。

ところが…
なぜだろう。教えてもらった通りに作るのに。
あの独特のホロホロ感が出ていない。
味も返答に困った時に使う方の「優しい味ですね」なのだ。

遊んでる凛太郎を呼び、味見をさせる。
もちろんコメントなど出来ないが、食べ方でわかる。
「美味しい?美味しいよね!」と、恩着せがましく言ってみる。
一つはペロリと食べて、もうひとつ欲しがる。
嬉しくなって二つあげた。
粗熱が取れたから落ち着いたのかも。ゆっくり食べてみよう。
と思い、コーヒーを淹れる。
ふとリビングに目を向けると、凛太郎は遊び場に戻っている。
もう平らげたのね〜。やっぱり手作りクッキーだからだな〜。
などと嬉しく思いながらダイニングテーブルに座る。

すると…
チェストの上に、一口かじったクッキーと手のつけてないクッキーが、
ポツンと置いてある。

ちょっとちょっと、クッキー食べないの?
と聞くと、「NO〜」と言った。
くっそー。ほとんど喋れないくせに、そんな言葉だけ覚えて〜。

その後、クッキーは二度ほど作ったが「優しい味ですね」と言ってしまう仕上がりのままだ。
凛太郎は見ただけで「NO 〜」 と言った。キーッ

そんなわけで。
みなさま。ティータイムにクッキーは出ません。












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!


ブルーベリーのパウンドケーキ

DSC06885.jpg


今月のデザートは「ブルベリーのパウンドケーキ」。
フレッシュベリーを少々砂糖で煮込み、コアントローを香りづけに入れる。
初夏らしく軽めに仕上げたく菜種油とヨーグルトで。

以前、友人宅で食べ、それが彼女の手作りと聞き感動して教えてもらったレシピ。
その後、同じ本を購入し張り切って今月を迎えた。

食べてみると、驚くほどパサついている・・・・。
お菓子作りが苦手なため、ちゃんと本通りに作ったんだけどな~。
一語一句読み間違えないほど(笑)丁寧に作ったんだけどな~。トホホ












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!

今月のTea time

DSC06500-1.jpg


今月の『Tea time』にお出しするのは、
チョコチップのたっぷり入った「スコーン」です❤

なかなかお菓子作りが上手にならない・・・
もっとバリッと焼けるイメージだけはあったんだけどな~^^:

春のかわいいタルティーヌランチの後は、
甘いチョコチップスコーンとカフェオレで♪

今月も生徒さんたちのどんな面白話が聞けるのかな~。
そんなことを思いながらガスオーブンを何度も覗く。

楽しみにお待ちしておりまーす!





 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!






サダハル・アオキ

DSC03068-1.jpg

遊びに来てくれた友人のおもたせは、
まさに旬の一品!
サダハル・アオキの「東京焼き」!!
様々な情報番組やスイーツ特集で見るたびに、
マカロンが入った大判焼き・・・どんな味だろう?
と、興味津々だった。

しかし大混雑の「渋谷ヒカリエ」。
身重ではなかなか行ける場所ではないっ
まして行列に並ぶなんて、ムリムリ~~~と諦めていた。
そんな中、我が家にやって来た「東京焼き」。
その風貌はテレビで見ていた姿!
まずは友人たちと一緒にキャッキャッと食べた。
半分に切って見ても、マカロンの姿は無かった。
浸透し溶けてしまっているらしい。
しかし、食べてみると皮のモチモチ感だけでなく、
フィリングもモチモチしていた。マカロン効果なのか。
しっかりとしたチョコレートの甘さが、
小さくても満足感たっぷりの食べ応えを具えていた。

「旦那様とも食べてね♪」
乙女な友人の計らいで、翌日オットと一緒にまた食べる。
オーブンでほんの少し温めると、
周りがふんわりし、中のチョコレートが緩まる。
「おおおお!これは食べて見たかった!!」と、
普段甘いものをあまり食べないオットが珍しく喜んだ。

温かいカフェオレと一緒に。
さいたまで暫し。
東京の味を楽しんだ。
                ごちそうさまでした~~~。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







チョコチップスコーン

DSC02897-1.jpg

今月のデザートは「チョコチップスコーン」
ハンバーガーをモリモリ食べた後にスコーン・・・
若干重めだわ・・・と思いながらも、
生徒さんに教えてもらったスコーンが美味しそうだったので、
手持ちのお菓子レパートリー極少の私。
早速作らせていただきました~
特にチョコレートの指定は無く、
板チョコでも美味しい!とのことでしたが、
今回は大人モードに・・・と思い、
ベルギー産のクーベルチュールチョコレート・カカオ80%で作ってみました。
甘味抑え目で美味しいかな~と思ったのですが、
甘さのパンチが少なくなり、スコーンには甘いチョコレートが合うな・・・と実感。




DSC02814.jpg


焼き上がりはこんな感じ。↑
無印良品のトレーに乗せて、コーヒーやカフェオレと一緒に。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




いちご大福

DSC02582-1.jpg

休みの日。
実家では長年恒例となった「女子会」が開かれる。
女子会なんて最近の言葉だが、
この集まりは、
私が小学生だった頃から続いている。

母とオバサンは鹿児島の女子高時代の同級生。
結婚後、隣町にお互いが暮らして居ることを、
共通の友人から知り、それから行き来が始まった。
オバサンには娘がおり、思春期の彼女の家庭教師を姉が担当したり、
遊びは私が担当したり、母親同士は旅行に出かけたり・・・と、
どの季節も疎遠になること無く過ごした。

今振り返ってみても、私には反抗期が無かった。
両親をうっとうしく思う事無く、
自宅で母が友人たちと一緒に「お茶のみ」をしていると、喜んで同席した。
おばさま達の話は、エネルギーに溢れ、いつもいつも楽しかった。

教室を始めたばかりの頃、年上の生徒さんに言われたことがある。
「年上と話をするのが好きなんですね。鍛えられた感じがしますよ。」と。
鍛えられた感じ・・・なんとも面白い表現だ。


初めての女子会は20代だった母もオバサンも、もう還暦。
私も30代後半に突入。
姉と幼なじみは、数週間違いで娘を出産した。
恒例の女子会に、おチビが加わり年齢層の高い「女子会」を若返らせてくれている。

美味しいものを持ち寄りの午後。
本日のおやつは、母手製の「いちご大福」。
さらし餡に包まれ、さらに甘さを増した苺が、
母の作る柔らかい求肥に包まれ、最高の美味しさに。
今日もエネルギーに溢れた話で盛り上がる。
同席するおチビさん達が、いつか私たちのように反抗期を持たず、
オバサン達に鍛えられ、頼もしい女子になることを期待している。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







さつまいもの甘酒フラン

DSC02061-1.jpg

女子度の高い甘~いデザートが苦手な私は、
当然女子度が低い。
そして作るのも不得手だ。

しかし、レッスンランチの最後に温かいカフェオレと、
甘いデザートを嬉しそうに楽しむ生徒さんの顔を見ると、
なんとかかんとか作れるようにならなくては・・・と思うのだ。

甘いものの大好物と言えば、和菓子。
エッジの効いた最中、柔らかな求肥や餡子を見ると胸がトキメク。
そしてもうひとつ。
最大にトキメクのが、秋の実りだ。

幼い頃、鹿児島の祖父が、毎年手作りの紫芋を送ってくれた。
届いた日に、母が年代物の無水鍋で焼き芋にしてくれ、
姉と一緒に頬張った。
シンプルな芋の甘さと、所々に存在する粉っぽさを、
喉の奥に、今も覚えている。


最近買った本に、「さつまいもと甘酒のフラン」が載っていた。
さつまいもと甘酒、他には粉少々、砂糖少々、牛乳、卵・・・・
シンプルで、尚且つ大好物のさつまいもと、甘美な甘酒。
早速作ってみると、ほのかな甘みの漂う美味しいフランが出来た。


今月。
カフェオレのお供は「フラン」です。
シンプルでヘルシーなんですって。
どうぞお楽しみに。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







焼き菓子特訓中・・・

DSC01669-1.jpg

cucin amicaタルティーヌ教室では、
ランチの後、小さなデザートを出す。
これは前もって私が作って置くものなのだが、
1ヶ月の中で、私が最も苦手とするメニューである。
とにもかくにも、甘いものを作るのが下手なのだ。

月によっては、実家の母にお願いすることもあるのだが、
母も旅行や帰郷と忙しい・・・。
そう頼ってばかりもいられない。


火曜日のレッスンでは、生徒さんがプロ並みに・・・
いやいやプロ以上に美味しい焼き菓子を作って来てくれた。
優しい味に舌鼓!
「私のデザートより、こっちの方が何万倍も美味し~~いっ」と心底思う。
本当に美味しいのだ。

私も頑張らなくてはいけないな・・・。
そして。
冷たい雨が降るこんな寒い日は、
家にこもり、お菓子作りの特訓をするべきだ!と思い立つ。


なんとかかんとか仕上がった「ヨーグルトスフレ」。
竹串を指してみると、底の生地がくっついてくる~~~っ
上は焼けてるのにね・・・。

難しいぁ。
もう買って来た方が良くない? トホホ












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン