cucin amica

うおがし銘茶

DSC03117.jpg

まだ寒さ続いた2月に、友人の手土産で戴いた『迎春茶』。
それがあまりに美味しくて、ネットで注文しては愉しんでいる「うおがし銘茶店」。

若い世代の家では、茶葉から淹れるお茶が遠のき、
家に急須が無い世帯もあると知り驚く。
お茶を淹れる風景の無い生活なんて無理!
それくらい私の日々にはお茶が欠かせないのだ。

寒い冬、まずはやかんにたっぷりのお湯を沸かすことから始める朝。
それを保温ポットに入れる時のあの音が好きだ。
花粉の飛び交うこの時期、寝起きの乾いた喉にはぬるめのお茶が合う。
朝食の後には、熱めのすっきりとした渋みの緑茶が。
食べ過ぎた午後には、優しいほうじ茶が。

そんな風にいつもお茶を選び、その時に合った茶筒を開けることは、
私にとって、とても大切な時間なのだ。




DSC03119.jpg

うおがし銘茶」のオンラインショップは、読みやすく可愛く、味の好みを見つける奥ゆかしいアドバイス付き。
それゆえに迷ってしまう。
どれもこれも美味しそうなのだ。
そんな時、「迷ったらこれ!!」と、記し書きのある、その名も『これ』を選んでみた。
5歳の息子は「ドラえもんの鈴が付いてるね!」と喜ぶ。確かに見える~~笑

『これ』は大当たり!我が家の好みのピッタリな味だった。
他にも3種類頼んだが、『これ』が一番美味しかったので、リピート確定^^



DSC03081.jpg

そしてかわいいパッケージに惹かれてこちらも購入。
ちょっとした御返しやご挨拶に使うと、度々喜ばれた。


敬愛する片桐はいりさんも、「うおがし銘茶」を愛飲してるそうだ。
親戚に「お茶の美味しい家の子」と、幼い頃言われて育ったと話していた。
そのお茶にまつわるエピソードの数々はとても心を温める。

まだ幼い息子も時折お茶当番を担い、「今日は美味しい」「今日は苦い」と笑う。
いつか大きくなった時、
自分がお茶の美味しい家で育ったと思ってくれたら嬉しいな。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


スポンサーサイト

オレンジピールのシフォンケーキ

DSC03103.jpg

ちょっと気を抜くと、すぐに更新が滞りまして・・・
失礼いたしました。
また手綱を締め直さなくては~~~^^:



今日もコツコツ302号室で明日の下準備。
今月のデザートは春にピッタリの『オレンジピールのシフォンケーキ』。
何年やってても、デザート作りだけは上達しない・・・。
食後のデザートの時間。
生徒さんの口数が少なくなるような・・・被害妄想。笑
やっぱりお菓子作りと言うのは、丁寧な計量と、丁寧な調理を出来る人が抜群に上達するのだと思う。

な~んて。言い訳ばかりしてみたけど。
ランチタイムの後に甘いデザートがあるのはとっても嬉しい♪
そう奮い立たせ(大袈裟~)、今日もシフォンケーキを焼く。



DSC03105.jpg

私の仕事場である302号室にオットが立ち寄り、
粗熱を取るために逆さまになった、テーブルのシフォンケーキを見て言う。
「シフォンケーキ!懐かしい~~~~」
確かに、前はあんなに焼きまくっては『おもたせ』にしていたのに。
型だけでも大小様々4個も持っているのに・・・

あんなに焼いていたのはいつだっただろう・・・
記憶を遡らせ、一生懸命思い出す。
息子が生まれてからは焼いていない。
妊娠中は焼いていない。
自宅レッスンのデザートに出したことが無い。

なななななんんと!10年以上は作っていないじゃないかーーーっ
ひとり驚きに慄いてみたが、
誰かに話すほどのことでもないな・・・と冷静になる。

そんな誰かに話すことでもないことを、
わざわざブログに載せるほど、書くことないんですよ~~~

お読みいただきありがとうございますっ
やっぱり。書き始めると楽しいな♪

今月も頑張るぞーっ!








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



『Fika』の時間

DSC02568.jpg

『こんな寒い日はココアが美味しいだろうね~』

急に寒くなった雨の帰り道、MOMAの青空柄の傘を差した息子が言った。
まるでCMのようなセリフ。子役か!と突っ込みたいところだが、
この名台詞は大好きな『おさるのジョージ』の中で、
黄色い帽子のおじさんが、寒くなると必ず言うセリフなのだ。

あまりにもその日にピッタリな言葉で、小さな後ろ姿を見ながら、
『じゃあさ、帰ったらココアを作ろうよ』と言った。

小さな鍋でココアを練って、きび糖と牛乳をたっぷり。
家の中が甘い匂いで包まれ、昨日までの暑さが嘘のようだ。

そうそう!今日は『Fi ka』!!
色彩美しい北欧柄の箱に入った『ハッロングロットル』
『Fi ka』とは、北欧(主にスウェーデン)で、甘いものと一緒にコーヒーを飲むことを意味し、
その習慣をとっても大切にしていると言うのだ。
なんとも北欧らしい素敵な生活習慣で、私も時々カッコつけて使っていた言葉でもある。

『これかわいいね。クッキー?』息子が聞いた。
先に一つ食べていた私、そう言われるとクッキーの食感とも違うなぁ。
箱の底を見ると、『ハッロングロットル』と記載してある。
ハッロングロットル・・・ハッロング・・ロットル・・・
どこで切って読むのか、続けて読むのかさえ分からない馴染みのない名前。
調べてみたら、ハッロン(ラズベリー)、グロットル(洞窟)。
なんと~~~「ラズベリーの洞窟」。あ、直訳になるけど^^:

窓辺に椅子と小さなサイドテーブルを置いて、
息子と向き合って『Fi ka』。
この美味しいお菓子は、とっても美人な人に戴いたこと。
そしてその人の心も、とってもキレイなのだと話した。

でも・・・5歳の息子は、母の話より目の前のかわいいお菓子に夢中。
「え?僕はその人と結婚するの??」
会話の途中、突然とんちんかんな返答で笑えた。
「え?その人はもう結婚してるよ」と思わず言ったけど。

最近息子は、自分の事を名前ではなく『僕』と呼ぶようになった。
そんな小さなことでさえ、成長が嬉しい。




雨の外は日が暮れ始め、そろそろ夕食の支度をしないと。
毎日あっと言う間に一日が終わる。
それでも今日は。
美味しいお菓子のおかげで、楽しい『Fi ka』の時間を過ごすことが出来た。

ごちそうさまでした。ありがとう。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


さつまいもパイ

DSC09705.jpg

『こどなの遠足』の後は、我が家で。
はしゃぎ過ぎた凛太郎は帰りの車の中でコテリと寝てしまい、
思いがけずゆっくりとティータイムを過ごせた。

お茶のお供は『さつまいもパイ』♪
数日前、「こんなに大きなさつまいも見たことないよねーっ!」と、
友人のさっちゃんが持って来てくれたお芋。
本当に大きくて凛太郎の頭より大きかった。
「すが入ってたらごめんね・・・」と言われていたけど、
切ってみるとびっちりとした断面が、いかにも美味しそうだったのだ。

しかし・・・本当に大きい。大き過ぎる・・・
切る時も刃物が途中で抜けなくなるほど~~~
当然蒸し器にも入りきらず2回に分けて。

蒸し上がったさつまいもは本当に甘くて美味しかった。
これはさつまいもパイにしよう!
たっぷりのバターと生クリーム、きび砂糖とバニラペーストを合わせて。
市販のパイシートにたっぷり、こんもり。山の様にのせた。



DSC09706.jpg


焼き上がり。
お菓子作りが大の苦手な私にしてはなかなか上手に出来た~。

みんなも喜んで食べてくれた。
お土産に戴いた『お団子』やおしゃれな『豆菓子』も一緒に。

珈琲。カモミールティー。知覧茶。
楽しい話と美味しいもの。

短い散策と我が家。
私たち親子に合わせてくれた友人たちに感謝して。
新しい時間を過ごせたことが嬉しい一日になった。





DSC09708.jpg

おまけの写真。
カップに入れて絞り袋で。







 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


LOTTE ショコランタン

DSC07615.jpg

パソコンの調子がイマイチな上に、せっかく買ったipadをマスターする時間も取れず・・・
すっかり更新が遅くなりました~^^:


今回も、美味しい企画に参加させていただきました♪
料理教室サイトクスパさんのサンプリング企画「LOTTEショコランタン」❤
「カリッとはずむ、プレミアムブレイク」がキャッチフレーズ。
その通り!
チョコレートの小さな器に、たっぷりのアーモンドスカッチ。
キャラメルの甘い風味とアーモンドの香ばしさ・・・
温かいカフェオレと一緒に飲むと、まさに「プレミアムブレイク」!
なるほどね~^^

今月のTea Timeのマフィンに添えると、
生徒さんも大喜び! うひょひょ

DSC07519.jpg

先月後半に届いたため、カフェゼリーにも添えました~

女子が喜ぶ甘い甘い企画❤
LOTTEさま。料理教室サイトクスパさま。
本当にごちそうさまでした♪










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




きび砂糖のクッキー

DSC06493_2014060420044434d.jpg


遊びに行ったお宅で、美味しい手作りクッキーをごちそうになった。
あまりの美味しさに作り方まで教えてもらった。
きび砂糖のたっぷり入った素朴で美味しいクッキー。
レッスン後のティータイムにお出ししたら、
きっと生徒さんが喜んでくれる!
そんな思いから特訓!特訓!と作り始めた。

ところが…
なぜだろう。教えてもらった通りに作るのに。
あの独特のホロホロ感が出ていない。
味も返答に困った時に使う方の「優しい味ですね」なのだ。

遊んでる凛太郎を呼び、味見をさせる。
もちろんコメントなど出来ないが、食べ方でわかる。
「美味しい?美味しいよね!」と、恩着せがましく言ってみる。
一つはペロリと食べて、もうひとつ欲しがる。
嬉しくなって二つあげた。
粗熱が取れたから落ち着いたのかも。ゆっくり食べてみよう。
と思い、コーヒーを淹れる。
ふとリビングに目を向けると、凛太郎は遊び場に戻っている。
もう平らげたのね〜。やっぱり手作りクッキーだからだな〜。
などと嬉しく思いながらダイニングテーブルに座る。

すると…
チェストの上に、一口かじったクッキーと手のつけてないクッキーが、
ポツンと置いてある。

ちょっとちょっと、クッキー食べないの?
と聞くと、「NO〜」と言った。
くっそー。ほとんど喋れないくせに、そんな言葉だけ覚えて〜。

その後、クッキーは二度ほど作ったが「優しい味ですね」と言ってしまう仕上がりのままだ。
凛太郎は見ただけで「NO 〜」 と言った。キーッ

そんなわけで。
みなさま。ティータイムにクッキーは出ません。












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!


ブルーベリーのパウンドケーキ

DSC06885.jpg


今月のデザートは「ブルベリーのパウンドケーキ」。
フレッシュベリーを少々砂糖で煮込み、コアントローを香りづけに入れる。
初夏らしく軽めに仕上げたく菜種油とヨーグルトで。

以前、友人宅で食べ、それが彼女の手作りと聞き感動して教えてもらったレシピ。
その後、同じ本を購入し張り切って今月を迎えた。

食べてみると、驚くほどパサついている・・・・。
お菓子作りが苦手なため、ちゃんと本通りに作ったんだけどな~。
一語一句読み間違えないほど(笑)丁寧に作ったんだけどな~。トホホ












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!

今月のTea time

DSC06500-1.jpg


今月の『Tea time』にお出しするのは、
チョコチップのたっぷり入った「スコーン」です❤

なかなかお菓子作りが上手にならない・・・
もっとバリッと焼けるイメージだけはあったんだけどな~^^:

春のかわいいタルティーヌランチの後は、
甘いチョコチップスコーンとカフェオレで♪

今月も生徒さんたちのどんな面白話が聞けるのかな~。
そんなことを思いながらガスオーブンを何度も覗く。

楽しみにお待ちしておりまーす!





 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!






サダハル・アオキ

DSC03068-1.jpg

遊びに来てくれた友人のおもたせは、
まさに旬の一品!
サダハル・アオキの「東京焼き」!!
様々な情報番組やスイーツ特集で見るたびに、
マカロンが入った大判焼き・・・どんな味だろう?
と、興味津々だった。

しかし大混雑の「渋谷ヒカリエ」。
身重ではなかなか行ける場所ではないっ
まして行列に並ぶなんて、ムリムリ~~~と諦めていた。
そんな中、我が家にやって来た「東京焼き」。
その風貌はテレビで見ていた姿!
まずは友人たちと一緒にキャッキャッと食べた。
半分に切って見ても、マカロンの姿は無かった。
浸透し溶けてしまっているらしい。
しかし、食べてみると皮のモチモチ感だけでなく、
フィリングもモチモチしていた。マカロン効果なのか。
しっかりとしたチョコレートの甘さが、
小さくても満足感たっぷりの食べ応えを具えていた。

「旦那様とも食べてね♪」
乙女な友人の計らいで、翌日オットと一緒にまた食べる。
オーブンでほんの少し温めると、
周りがふんわりし、中のチョコレートが緩まる。
「おおおお!これは食べて見たかった!!」と、
普段甘いものをあまり食べないオットが珍しく喜んだ。

温かいカフェオレと一緒に。
さいたまで暫し。
東京の味を楽しんだ。
                ごちそうさまでした~~~。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







チョコチップスコーン

DSC02897-1.jpg

今月のデザートは「チョコチップスコーン」
ハンバーガーをモリモリ食べた後にスコーン・・・
若干重めだわ・・・と思いながらも、
生徒さんに教えてもらったスコーンが美味しそうだったので、
手持ちのお菓子レパートリー極少の私。
早速作らせていただきました~
特にチョコレートの指定は無く、
板チョコでも美味しい!とのことでしたが、
今回は大人モードに・・・と思い、
ベルギー産のクーベルチュールチョコレート・カカオ80%で作ってみました。
甘味抑え目で美味しいかな~と思ったのですが、
甘さのパンチが少なくなり、スコーンには甘いチョコレートが合うな・・・と実感。




DSC02814.jpg


焼き上がりはこんな感じ。↑
無印良品のトレーに乗せて、コーヒーやカフェオレと一緒に。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン