cucin amica

塩漬け大葉とじゃこのおにぎり

DSC04236-1.jpg


先日、群馬県出身の友人が実家から届いた手作り野菜を持って来てくれた。
茗荷やピーマン、お母様手製の立派な干し椎茸・・・
大葉などはキレイに洗い、水分が飛ばないように空きビンに収められ、
鮮度を保ったまま、丁寧に持って来てくれる。
彼女の心配りがとても好きだ。

年上の彼女とは、私が初めて就職した仕事関係で仲良くなり、
当時彼女は新婚さん。私はまだまだ独身生活を謳歌している頃だった。
その頃私の周りには、結婚している友人が一人もいなく、
結婚している若い夫婦の家に遊びに行くのはとっても新鮮。
一人暮らしをしている友人たちや、もちろん実家暮らしの私とは全く違っていた。
そこには「他人だった人と暮らす」生活があるのだ。

日用品を買い、夕食の献立を決め、
バランスの良い食事を作る。
自分の好きなものだけではなく、一緒に暮らす相手の好みも考える。
好きな人なのに、生活するという雑多な環境下で暮らすうちに生まれるギャップ、
価値観の違い・・・・
色んな話をしながら私は「結婚」と言うものを、
「好きな人と暮らせる!」、そんな単純ではないことを知ったのだ。

彼女はいつも郷土料理でもてなしてくれた。
それは若い人が好むものから、お母様に教わったと言う田舎料理。
私は彼女の作る「田舎料理」が特に好きだった。
糸こんにゃくとごぼうのみで仕上げるきんぴら。
もちもちとしたほうとう・・・
「味のしみた料理」を、こんなに手際良く丁寧に・・・
この若さで作れるなんて!!
その味に感激し、私の「なでしこノート」(←自作の料理ノート)には、
「○○きんぴら」などと彼女の名前付きで記している。

いただいた大葉は、
オットの大好物の「大葉の塩漬けとじゃこのおにぎり」になった。
私の実家の母が、たんまり収穫した大葉を腐らせてはもったいない!!
と、作り始めたのがきっかけの「大葉の塩漬け」。
きれいに洗い、水気をしっかり切った大葉に、
一枚一枚、塩をまぶしながら重ねて行く。
朝のうちに仕込んでおけば、夜には充分漬かる。

大葉は細かく刻み、フライパンで煎りたてのじゃこ、
焚きたてのご飯と合わせる。
塩は大葉とじゃこの塩気で充分。
ガスコンロの上でサッと炙った海苔を巻く。
香ばしく、さっぱりとした美味しい「夏のおにぎり」。


青く新鮮な大葉。ごちそうさまでした。







 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





スポンサーサイト

エビのトマトクリームリガトーニ

DSC04215-1.jpg


せっかくお休みをいただいた8月。
上旬はすっかり寝込み、中旬は嫁仕事。
8月は試作に燃えるぜ!と豪語していたものの、
全くと言っていいほど新作レシピを完成出来ずにいる・・・トホホ
後半は引きこもり生活だ。
遊びに行ってる暇ないぞ。
まして昼寝なんて・・・ zzzzz

やっと動き出した夕方。
今日は「9月のレッスンメニュー」を改めておさらい。
実家の両親を夕食に招き、6名分の料理をタイムスケジュール通りに作ってみた。
写真は「エビのトマトクリームリガトーニ」。
え?どこにリガトーニ?と思われるのは当然。
これは作ってる工程です。
これからここに、トマトソース、生クリーム・・・茹であがったリガトーニを投入。
なのですが、これ以降の写真どころか、
仕上がりの写真までも撮り忘れ。

エビの味噌や身の旨味がじんわりと味わえる美味しいパスタ。
濃厚なソースは、パンに付けても最高!!


みなさま。
9月レッスンもどうぞよろしくお願い致します!


                   










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



うらなりミニトマト

DSC04205-1.jpg


ご近所のおばさまに「もう最後のトマトなんだけど・・・」と、
たっくさんの「うらなりミニトマト」をいただいた。
おばさま曰く、皮が固いので湯むきするといいよと。

夏の終盤、畑の苗には最後のひと咲きとばかりに、
トマトが鈴なりに生る。
初物の頃は、「感謝感謝」と食べた数種類の野菜たちが忘れられ、
数日でお化けキュウリになっているのを色んな畑で毎年見かける。  

しかしワタクシ!うらなりトマトの大好きな使い道がありまして・・・。
トマトはこの時期、ソースにしてしまうのが一番なのだ!
皮ごとフードプロセッサーに掛け攪拌。
鍋には、たっぷりのニンニクとエキストラバージンオイルを香りたて、
攪拌したトマトを投入!
コトコト煮込んでいく。
うらなりトマトは、甘味が少なく完熟度に欠けるため、
トマトホール缶を1個加えてあげると、
バランスの良いトマトソースに仕上がるのだ。




DSC04211-1.jpg


さてさて仕上がったトマトソース。
トマト缶のみよりもずっとフレッシュな味に。
オイル多めに仕上げたこのソースを使って、
エビやホタテを使ったイタリアンかき揚げや、
パスタにピザ、リゾットにカレー!
夏の終わりを楽しみますよ。











 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!










真鱈のポワレ チーズリゾット添え

DSC04193-1.jpg


8月は「モリモリ試作をするぞ!新メニューを考えるぞ!」と豪語していたのに、
上旬はすっかり寝込み、復活した中旬はお盆・・・
あっと言う間に下旬に差し掛かる・・・。

んもーっ
やるしかないぞっ
そんなわけで、昼食は「真鱈のポワレ チーズリゾット添え」を試作した。
大好きな鱈。あっさり淡白な身を丁寧に焼き、
バジルソースを合わせる。
そこに、手作りブイヨンで煮込んだリゾットを添えて。
リゾットには、削りたてのパルミジャーノ・レジャーノをたんまり。
少し濃いめに仕上げたリゾットは、
バジルの香り溢れる鱈との相性抜群!

少し涼しくなった秋口のレッスンメニューは、
ぜひリゾットをやりたい・・・。
しかし、cucin amicaは「パンに合う料理教室」と銘打っている。    
                             
               お米を使うのは無理か。ホホホ










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




真鯛の箱寿司

DSC04202-1.jpg

お久し振りの更新でございますっ
みなさまお元気でしょーか?

すっかり更新のなかった数日間。
生徒さまから、嬉しい暑中見舞い葉書きや、心温まるメール、
「せんせい旅行中?」などの質問メール・・・
本当にありがとうございますっ

そうなんですよ~
ちょっとイタリアへ~~~・・・・なんちゃ~てっ!なんちゃって!!
行ってません!てゆーか、行けません!!!!
ええ。ええ。いますよ。さいたまに。
ずっといましたよ。さいたまに。

昨年も書きましたが、ワタクシ。長男の嫁でして・・・。
ニュースで見る「出国で賑わう成田空港」とは最も縁のない世界に暮らしております。

お盆間近になると、オットは早朝から本家の庭の草むしり、
私も自宅の隅々まで磨き、布団を干し、風呂を磨き、
オットが親戚周りに持って行くパンをたんまり焼き、
時々昼寝をし・・・
そんな風にいつもの仕事にさらに磨きを掛ける・・・そんな夏休みです。


お盆初日は「お迎え」と言って、提灯を持ち、御墓へ参り、
御霊を提灯の火に見立てて、自宅へ持ち帰ります。
不思議な光景ですが、こちらの地方ではまだまだその風習が根付き、
「千と千尋の神隠し」のような雰囲気が漂い、
嫁いだ当初は「何これ~??」と思ったものでしたが、
今ではとても好きな行事になりました。

本家へ戻ると、親族が揃い夕食を食べます。
普段、「出来が悪く困った嫁」と烙印を押されてるワタクシ・・・うひひ
「今年は頑張っちゃおうぜっ」とオットと固く誓い・・・←大げさ
「真鯛の箱寿司」を作っていくことに。





DSC04196.jpg DSC04199.jpg
DSC04200.jpg DSC04198.jpg

箱寿司とは、木の箱を使い押して作る「押し寿司」のことです。
関西地区が発祥と言われておりますが、
私の実家では九州出身の父が、バッテラなどの押し寿司を特に好み、
鯖やスモークサーモンなどをメインに作られ、
幼い頃から身近な寿司でもありました。

今回、私が作った「箱寿司」は、
好みの具材を何層にも分け、風味や食感を楽しみます。
まずは、酢飯。  *木蓋で少々押す。酢飯を加える際は以下同様
その上に「薬味」。薬味は茗荷、生姜、大葉、小葱・・・全てを細かく切ったもの。
そしてまた酢飯。
プチプチの食感と少々の塩気が美味しい「とびっ子」
そしてまた酢飯。
撮り忘れですが、錦糸卵を散らす。
また酢飯。

いちばん上にのせるのは、「真鯛の漬け」。
淡口醤油、酒、みりんを煮切った漬け汁に、柵のまま3時間ほど漬け込み、
時間が経ったら薄切りに。
淡口醤油の長所が生きた黄金色の漬けに仕上がります。


出来上がった「箱寿司」は、
木箱のまま本家に持って行き、
食べる寸前に切り分ける。
木箱からそっと寿司が現れたあの瞬間・・・
その時ばかりは、ギスギスした嫁姑関係が休息する・・・  
美味しい食べ物は、そんな力を持っているといつも思う。


8月。広島、長崎の原爆投下。終戦記念日。お盆。
どんな人も、一度は死者と向き合う8月。
NHKを始め、テレビではたくさんの戦争番組が流れる。
見れば見るほど、気の滅入る現実だが、
私は、今年の夏も美味しい食事が出来ることに心底感謝する。
先人達が命を掛けて守った国で、線香を灯し、供物をし、
親族が集まり死者を偲ぶ。
そんな風習がずっとずっと続き、
何十年、何百年先の8月。
平和な食卓にごちそうが並び、
そのひとつに「箱寿司」が作られたら、
本当に嬉しいと思う。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!










クウネル後日談

DSC04153-1.jpg


うれしはずかしクウネル掲載の後日談。
発売後、友人や生徒さまから「見たよ~~」の連絡を続々いただいた。
太ったまんまるホッペで、堅く作り笑いしたワタクシ・・・
「せんせ、写真映り悪過ぎ!!」と言われ、
やっぱりか・・・とへこみながらも、
「待てよ・・じゃあ実物の方がいいってこと??」と、
持ち前の前向き精神(都合のいいことのみ!)で、気を取り直した。
心優しい生徒さんや友人は、「記念に本を買いましたよ!」などと言ってくれた。 ありがとうございますっ

私の写真はともかく、クウネルは本当にステキ雑誌ですよ!と伝えたい。
あの写真は現実です!!と付け加えたい。
そして「かわいく撮れてましたよ」などの、苦しいお気使いなく!と叫びたい。
 



しかし・・・
我が家の反応は正直過ぎて、ひどいものだった。

すっかり体調を崩した7月下旬頃。  ←おかげさまで、今は復活!!
へばった私に、姉が食事を作ってくれた。
メニューはスタミナが付くようにと、
「鰹のカルパッチョ」「ビビン麺」
スライストマト、アーリーレッドの上に少々下味の付いた鰹。
ニンニクとオリーブオイルを熱したソースに、岩塩。
食欲のそそる美味しいカルパッチョだった。
いつもは写真に入れる「cucin amica」のロゴも、
今回は「cucin aneca(クッキンアネカ)」に改名。   姉だけに「アネカ」・・・うひひ

こんな風に食事を作ってくれるなんて嬉しい・・・
そう思っていたのに、この日の会話は「クウネル写真」の話になった。
こんな太った先生の教室には生徒は集まらない・・・
先生はあこがれの存在であるべき・・・
カリスマ性がない・・・
デブ・・・・
などと言う。  最後の一言は完全に悪口!!
そして極め付けが!
「私の顔写真を使っても良かったのに~~~~ぃ」  だ!!!!
チェッ
父もそうだ。
「この顔じゃ、会社の人に言えないなっ」  だ!!!!
チェッ チェッ
母などはこう言った。
「このことは忘れよう!」  だ!!!!!
チェッ チェッ チェッ

ふてくされながら、モリモリ食べる私に、
姉はニヤリと笑って、
「また太っちゃうね・・・」と言った。

ムキャーッ










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!









新生姜の甘酢漬け

DSC04181-1.jpg


すっかり体調を崩し、寝てばかりいました~
みなさま、お元気でしょうか?

あまりにも暑い今年の夏。
夏バテした体に染みわたる一品は「新生姜の甘酢漬け」です。

7月上旬、淡いピンクの先と張りのあるふっくらとした本体・・・
美しい新生姜が出回る。
実家の母が「甘酢漬けを作ろうね!」と大量に買い込む。
今年は作る工程を見せてもらった。

薄くスライスし、サッと湯通し、
お酢、水、砂糖・・・今年はそこに去年漬け込んだ梅干しの梅酢を加えた。
淡いピンクの色が美しい。
母の加減で作られた「新生姜の甘酢漬け」は、
味が濃過ぎず、パキパキとほど良い酸味。
夏バテした朝、小さなガラスの器に盛り付け、
少しずついただく。

大量に作り、冷蔵庫で保存して置けば、
1ヶ月以上は日持ちすると言う。
たくさんの漬け汁は、マリネに加えたり、
鯵のから揚げの甘酢餡の隠し味になった。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






夏の思い出

DSC00979-1.jpg
                            実家の父に大好物のスイカをもらうアニー 12歳の夏

私たち家族は、今年初めてアニーのいない夏を過ごす。
真夏のリビングはエアコンを入れても、
アニーが横で「ハアッハアッ」と息をし、食べものをせびって来ると、
それだけで部屋の温度が上がる気がした。

閉め切ることが大嫌いなアニーは、窓でもドアでも玄関でも、
「解放してよね!!」とばかりに開けまくった。
暑い夏、エアコンが入っていようが、
寒い冬、暖房が入っていようが・・とにかく開けて周るのだ。
家の中から、外の風景を眺めるのが大好きだったのだ。

そのせいで、我が家は開けっ放しの家だった。
玄関の戸はいつでもオープン。
アニーは土足でウロウロし、母はいつも床を拭いていた。
当然、蚊の発生する真夏もオープン!
「蚊取り線香を焚こう!」と言うと、
「犬の嗅覚って人間の何倍もでしょ?アニーがむせるわよぉ」と母は拒んだ。

犬用の蚊取り線香だってあるのに??人間がこんなに蚊に食われてるのに???
じゃあ、ベープマットとかさ・・・と言っても、
「虫がコロリとするのに、犬が大丈夫なの?」と怪訝顔だ・・・・うそでしょう??

そしてある日。
母が「すごいもの買っちゃった!!」と見せてくれたものは・・・
みなさま、ご存じだろうか?
「ハエ取り紙」を。
ハエ取り紙(ハエとりがみ)とは、ハエの駆除用品の一種。誘引材が付いた粘着テープを天井や鴨居などから吊し、寄ってくるハエを捕獲する。  ←wikipediaで調べてみたらこんな説明


驚くほど渋いその風貌に少々引き、嬉しそうにリビングのど真ん中に吊るす母にもっと引き、
こんなベトベトした紙が家の真ん中にあるなんて・・・と、苦笑い。
母は、「これで蚊も張り付いて、人間を刺さないわよっ」と得意げだった。

ところが初日。ハエはもちろん、蚊の一匹も捕獲されていなかった。
そして次の日。
「ちょっと来て~~」と呼ぶ母の声に驚き、
リビングに行くと、ハエ取り紙に捕獲されていたのは、

母だった。

ベトベトしたハエ取り紙に、髪の毛がくっつき身動きが出来なくなっていたのだ。
引っかかった母自身がなんだか笑っているので、私も大爆笑してしまった。
ゲラゲラ笑う私たちに、アニーは一緒になって興奮する。

無残にも髪を切るしか取り外す方法は無く、
一か所だけ短い、ある意味モード系のヘアースタイルに・・・  

そしてその後、新しい「ハエ取り紙」がまた吊るされ、
そしてまた、母が捕獲された。
2度の珍事件で「ハエ取り紙」はお蔵入りとなった。

そしてそれから10年以上。
我が家ではアニーに気使い、蚊取り線香を焚くことは無かった。

そして今年。
アニーのいない初めての夏を過ごす。
相変わらず、リビングの窓も玄関のドアも開けたままだ。
長年の習慣は変わらない。
ひとつだけ変わったことと言えば、
昭和の香り漂う「蚊取り線香」が焚かれている。

もうアニーはいないのだ。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!









トマト&ツナ

DSC04152-1.jpg

前日の残り物「ナン」は、
翌朝「トマト&ツナ」をのせ、不思議なメニューになった。
なんと言う名前にするべきか・・・ナンと言う・・   別にダジャレじゃありませんよ。

ざく切りのトマトをたっぷりのせ、ピクルス、ツナ、マヨネーズと和える。
黒オリーブを少々加え、フライパンで温めなおした「ナン」にのせた。
ナンは再度温めると、柔らかさが復活!
もちもちホクホクだった。

しかし、タルティーヌの様にオープンサンド的に食べるには、
思いのほか食べにくかった。
見た目は少々華やかで、食欲の増す感じだが、
ナイフとフォークでも食べにくい・・・
手でちぎると汚れる。

モスバーガーの「ナン・タコス」
あれって、どんな風に食べてるっけ・・・?








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





ナン?

DSC04150-1.jpg

暑さですっかりバテてしまい、
久し振りにキッチンに立つ。

味の濃いものを食べたい。
しかしメニューが浮かばない・・・。
野菜ケースにはタマネギ。
冷蔵庫には鶏肉。冷凍庫には豚肉。
タンドリーチキンとキーマカレーにすることに。
それなら思い切り辛くして、
思い切りスパイシーにして、「ナン」で食べよう!!

「ナン」
あの独特のもちもち感と、甘さ、加減の良いオイリーな噛み応え・・・
難しいのだ。
今回は甘い生地に仕上げたく、少々砂糖多めに仕込んだ。
これが功を奏して柔らかい生地に仕上がる。

しかしなかなか、インド人の店で食べれる「ナン」にはならない。
それでもタンドリーチキン&キーマカレーと並べると、
「ナン」らしく見えた。

テーブルに並んだ「本格インド風」に、
オットは喜んだ。
しかし、一口食べると「カレーピザだね・・・」と言う。
そうなのだ。
なんど作っても、一声足らない仕上がりになる。
ピザ生地のようになり、あの独特のインドの風が吹かないのだっ



やはり。タンドール窯が必要か・・・。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







バジルペースト

DSC04146-1.jpg


朝摘みバジルは、開けたてのエキストラヴァージンオイル、
ニンニク、ゲランドの塩を合わせ、
美味しい「バジルペースト」になりました!

パスタに合わせたり、ジャガイモに合わせたり、
タルティーヌのベースソース、チキンや魚・・・・
何にでも合う夏の万能ソース。

大さじ3程度の量に分け、小さな瓶や小さめケースに入れ保存。
家族や友人にあげたり、
冷凍庫で保管したり。
この量が、一番使用しやすい量で、使いたい時に使う分だけ解凍できる。

この夏、何度も楽しめる味です。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン