cucin amica

3月レッスン終了!

DSC02720-1.jpg

美味しい「金麦」さん付きのレッスンが終わった。
イタリアビアグラスに注いだ「金麦」は美味しそうで、
「く~~~ぅ。羨ましいぜっ」と何度言ったことか。

飲みたいけど飲めない私の目線をジリジリ感じながら、
「ゴク!ゴク!」と、いかにも喉越し!!って感じで、生徒さんは飲み干した。
「壇れい!って感じだね!」
・・・意味の無い会話でも盛り上がるのは、
お酒がテーブルにある、あの独特の解放感からなのか・・・

今月のレッスンメニューは、
チーズたっぷりの「クロックムッシュ風キノコペーストのタルティーヌ」。
海老のコクたっぷりのビスク。
どちらもビールに合うお料理となり、
生徒さんの少し赤くなった頬っぺたが、
いつもより美味しそうに見えた。


料理教室検索サイト クスパ」様
サントリー」様

美味しい企画、本当にありがとうございました!!










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





スポンサーサイト

たっぷりチーズブレッド

DSC02715-1.jpg

休みの日。
育ち盛りの男の子二人の家庭へのおもたせは、
チーズのたくさん入った「チーズブレッド」。
すでにヤングではない我が家では、
チーズの入ったパンなんて、ほとんど食べない。
素朴なパンに目を細め、「あっさりがいいねぇ」なんて、まるで老夫婦だ。

しかし、子供は違うらしい。
何十年も前の幼い記憶を手繰り寄せ(←大げさ)
「チーズとか好きだったよなぁ・・・」。
ゴーダ、モッツァレラ、チェダーの三種のチーズを生地に織り込み、
クープのラインにも、さらにチーズを乗せて焼成。
驚くほど膨らみ、爆発するのでは・・・と、
心配になり何度もオーブンを覗く。

焼き上がりを知らせる音に、オーブンを開くと、
香ばしいチーズの香りが、若さで溢れていた・・・

美味しい匂いに、オットが「やった!うまそう!」と言った。
「これ、あげちゃうんだよ」と言うと、少々残念そう。
まだヤングな気持ちが残ってるんだわ。

週末には我が家用に焼くことにした。
もちろん、もっと小さめでね。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







今年も!金麦と待ってるっ

DSC02673-1.jpg

昨年に続き、
料理教室検索サイトクスパ」さんと「サントリー」さんの太っ腹な企画に、
参加することが出来ました!
生徒さん用お持ち帰り分の金麦に加え、ランチタイムに飲める用に・・・と、
たくさんの金麦を頂きました。

「料理教室検索サイト クスパ」さんは、様々な美味しい楽しい企画があるのですが、
その中でも生徒さんに喜ばれるのが、この金麦サンプリング企画です。
桜がプリントされた缶は、春らしいかわいらしさ。
毎年この企画を楽しみにしている我が家でも、
「年々美味しくなってるね!」と大喜びです。

写真は、今月のレッスンランチ。
クロックムッシュ風キノコのタルティーヌ。
海老のビスク。
トマトのマリネ。
そこに、つめた~~く冷えた金麦を一緒に。
冷たい金麦に、私が大興奮し(笑)逸る気持ちが前のめり・・・
主役にする金麦がピンボケに!!
しかも、注いだ写真は撮り忘れ・・・
今度は、注いだ写真をバッチリ載せますので、しばしお待ちを・・・。


                 「料理教室検索サイトクスパ」様
                 「サントリー」様
                 みんな大喜びの美味しい企画。
                 本当にありがとうございます!!








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!









ハンバーガーを食べ歩く。

DSC02678.jpg DSC02682.jpg
DSC02683.jpg DSC02679.jpg


今月。細々と食べ歩いている「ハンバーガー」たち。
次回のレッスンでは、美味しいハンバーガーにしたいな~と思い立ち、
美味しいと言われるお店へ、暇を見つけては食べに行っている。
色々変り種ソースを試してみるが、
やはり、オーソドックスなバーガーが美味しい!
お肉の味がダイレクトに伝わり、ソースはアクセント程度がいいのだ。

しかし、最近のハンバーガー専門店はオシャレ。
価格も1200円~1400円。
格安で食べれるファストフード店に比べ、
個人店のハンバーガーの値段は、すっかり高額の市民権を得ているようだ。

どのお店も食材ひとつひとつに拘りが垣間見れ、
本当に美味しいっ
全粒粉のバンズ、ニュージーランドの牛肉や和牛・・・
グリルしたタマネギや蒸したタマネギ。
様々なこだわりが、どのお店もキラリと光る。

さ~~て。
次はどのお店に行こうかなぁ。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




3月11日。

DSC05629-1.jpg


先日のニュースで「LEDトマト」が話題になっていた。
太陽の光ではなくLED電球の元で栽培されたトマトだという。
インタビューを受けた消費者が「放射能の心配が無く安心ですね!」と言っていた。

私は腑に落ちない気持ちで見ていた。
3月11日の大震災により、福島原発が爆発。
たくさんの放射能が拡散。
それにより消費者の間で、購入する食物の産地のこだわりが必要以上に強くなってしまった。


写真のトマトは昨年の夏、仙台出身の友人がくれた。
仙台でトマト農家を営み、被災しながらも、
いち早く復興を目指した彼女のおばあさまが育てたと言う。
口にしたトマトは、パチンと口の中で弾け、
青さの中にコクのある甘みが広がる。
太陽の恵みをたっぷり浴びた、力強い味が美味しくて美味しくて、
喉の奥が熱くなるほど感動した。

その味は、大好きな映画「となりのトトロ」を思い出した。
畑で子供たちが、採りたて野菜を食べ、喜ぶシーンがある。
そこで嬉しそうに話すおばあさんの言葉が、とても好きだった。
「おてんとさま一杯浴びてるからね。体にも良いんだよ。」                      」
本当にそうなのだ。太陽の恵みがごちそうなのだ。
私たちはあの日から、悲しいことに太陽の恵みを疑うようになってしまった。
吹く風に警戒し、降り注ぐ雨を怖がってしまう。
原発が奪ったものはあまりにも大きいのだ。

毎日毎日。ニュースからは進まない復興が流れ、
憤ることばかり。
しょーもない政治家の顔は、どれも同じ愚鈍な面に見え、
テレビを消してしまうこともしばしば。
でも、ここで何もせずに過ごしている私も、同じような気がしてならない。

そんな中、震災から1年を前に数々の特番が放映され、
私は、東北の中学生や高校生たちの逞しい姿を度々見ることが出来た。
利権や癒着に惑わされ、右往左往ウロウロする大人とは違い、
彼らは前を向き、「恩返しをしたい」「人を救える仕事に付きたい」と、
清々しい姿を見せていた。
思春期に経験したあまりにも辛い経験を、
大人よりもずっと強い軸に変え、前に進んでいる。

早く大人になりたいと口々にする彼らは、
原発再開なんて絶対にありえない!と強く思っているし、
こんなままの日本が良いなんて、微塵も思ってないのだ。
私は思う。
きっと、そう遠くない将来に、東北出身の彼らの中から、
驚くほどの力を持つリーダーが生まれると思う。
そして、辛さや苦しさや優しさを知った彼らが、
どん詰まりの日本を変え、
太陽の恵み溢れる食物を愛する国に戻せるのでは・・と思う。

私も今を生きる大人として、今、出来ることをしたおきたい。
人頼みばかりでは情けない。私に出来ることを模索し実行する。
そして、頼もしい大人になった彼らに、
この国をより良い国にして欲しいと、バトンを渡したいのだ。




春。いちばん乗り。

DSC02621-1_20120308201159.jpg

我が家の春いちばん乗りは、
庭に咲いたクロッカス。

秋の始まりに、花好きのオットが庭中に球根を植えた。
その数80個以上。
ホームセンターで様々な球根を購入し、
その特色を読み込む。
几帳面なオットは植えるエリアを決め、
咲いた時の高さを考慮し、丁寧に丁寧に植えていく。
球根袋のラベルを差し込み、咲いた花の名前をいつも言えるのだ。

それに比べ、私の種蒔き方法と言えば、
あまり手の掛からない、そして咲いた時に華やかな花々の種を、
「ザ~ッ」と撒く。
ボサボサに顔を出した新芽たちは窮屈そうで、
見兼ねたオットが丁寧に間引きをする。
毎年春の恒例風景だ。


ぐっと暖かくなった数日。
花の前で、しゃがみこんだオットが嬉しそうに呼んでいる。
「シ~ッ」と言われ、耳を澄ますと、
竹林からは、若いうぐいすが鳴き方の練習中。
その拙い鳴き声は、何度も笑いを誘った。

今年。春の一番乗りは、クロッカスと若いうぐいす。
乾いた土の上で、眩しい色で咲く一輪のクロッカス。
凛とした朝の空気に、若いうぐいすが猛練習。


春は、もうすぐそこなのだ。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン