cucin amica

今年もありがとうございました!

DSC08116.jpg


今年でcucin amicaをオープンしてから6年となり、
正直言うと、今までのどの年よりも悩んだ1年間となった。
リニューアルの一年目も思うように行かず悩んだけど、
それとは比べものにならない日々だった。 と思う。

仕事と育児の両立が厳しいのは当たり前で、今さら始まったことでは無かった。
それよりももっと、何かが私の中で靄がかかったようになり、
何が原因なのか、自分の作るメニューにトキメキを感じなくなってた。
旬の食材を持った時のウキウキとした心躍る感じも、
火通りを教えてくれる煮込みの匂いの中でも、
私にはうっとうしく靄が掛かったままだった。


そんな私の靄を取り払ってくれたのは、久し振りに一緒の台所に立つお師匠さんだった。
先生の旦那様の介護と、私の妊娠出産があり、
お懐石のお料理教室は3年振りだった。
先生がcucin amica302号室のキッチンに立ち、
ニコニコとユリ根を一枚一枚ほどいていく。
その姿を見ただけで、私は胸が熱くなってしまうほど、
私は先生の料理を作る姿が好きだ。

途端に料理を始めたばかり頃を思い出す。
そうだった。そうだった。この感じ。この気持ち。
靄が薄く薄く剥がれて行くように、目の前が明るくなる。

日々の雑多に追われ、料理を磨く時間が大幅に削られ、
自分の料理がダサくなってしまったと思い込んでいた。
美しい料理へのアンテナがへし折れてしまったと思っていた。
何か新しいこと、何かオシャレに見えること…
そんな感覚で作った料理は全く美味しくなく、素材を生かしきれずにいた。
現状に甘んじてはいけないと強く思い過ぎ、料理の初心を見失っていたのだ。




人生には出会いによって分岐点がいくつもあるように、
自分の生き方を変えたり、その後の人生をいつまでも支えてくれる言葉も、
いくつもあるように思う。
「あなたが今、苦しいのは上り坂だからよ。上を目指しているから苦しいの。
 その坂は誰でも登れるものじゃないんだから、自信を持って進みなさいね。」

先生の言葉に、私は心の底から励まされた自分を感じた。
私はこの言葉を一生大切にするだろうなと思った。

大切な言葉を胸に、
来年ももっともっと上を目指し、坂を登ってみようと思う。
生徒さんがキャッキャと喜んでくれるような味と盛り付け。
そして笑いの絶えない教室の空気。
いつも初心を忘れずに。

どれもこれも全部。私だけの力では到底成し得られない事ばかりだが、
生徒さんの優しさを借りて。
今までも、今年もそうだったように。



みなさま。今年も本当にありがとうございました。
貫禄とカリスマ性ゼロのワタクシですが、
今年もみなさんに「せんせい」と呼んで戴き、レッスンを行うことが出来ました。
新参者だったcucin amica302号室も、
みんなの声とタルティーヌの匂いが馴染む、温かい部屋になりました。
本当に本当におかげさまです。
また来年も、皆様が喜んでくださるメニュー作りに努めて参りますので、
どうぞよろしくお願い致します!

健やかな年末年始をお過ごしくださいませ。

                        cucin amica タルティーヌ教室 和田陽子








 

↑今年も嬉しいクリック、ありがとうございました!!














スポンサーサイト

ワンプレートにのせたら・・・

IMG_20141225_212443_20141226210213d29.jpg

嬉しい御参加中の美人カメラマンNさん。
cucin amicaのお料理をこんな素敵に撮影してくださいました~❤
彼女のインスタグラムを見て、
「これは!実物以上の出来栄えだ!」と大興奮のワタクシ^^
画像を貸してくださいましたので、大きくアップ!!
ほんとうっとりするようなお写真です♪

どれも簡単に出来るお料理ばかりなのに、
お皿に盛り付けると歓声の上がるメニュー。

ぜひぜひ生徒さん宅の、
年末年始の食卓に並べて戴きたいな~

                            な~んてプレッシャーを与えてみる~~笑












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




12月のレッスン時間。

DSC08034.jpg DSC08036.jpg
DSC08041.jpg DSC08048.jpg
DSC08120.jpg DSC08126.jpg


12月のレッスンは、cucin amica初めての試み!
『デリレッスン』となるはずだった・・・。
でも試作をするうちに、どんどんピンチョスやらタパスやら、
ホットサンドなどなど。
小さなおつまみメニューになってしまった^^:

それでも寛容な生徒さんたちは「キャッキャッ」と作ることを楽しんでくれた。
フィリングをじゃんじゃん作り、ジャンジャン盛り付け♪
一品仕上がる度に、「か~わ~い~い~❤」 

お料理教室検索サイト「クスパ」さんのおかげで、
スパークリング日本酒「澪」のサンプリング企画に参加させていただき、
お酒付きのレッスンとなり、一層華やいだ時間となった。

小さなお料理が沢山並び、今月も大盛り上がり。
私は笑い過ぎて声が枯れてしまった。
賑やかで楽しかった一年。
302号室にてみんなと過ごす時間。
12月は、いつも感謝の気持ちで一杯だ。












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


小さなお懐石『かぶの詰め煮』

DSC08085.jpg

月に一度の習い事。
302号室にて、お師匠さんに学ぶ「小さなお懐石」たち。
底冷えするような寒い日は、身体のあったまる一品を丁寧に作ることに。

今日のお料理は、
小さな帽子をかぶった、かわいいかわいい『かぶの詰め煮』。



DSC08068.jpg

まずは、蕪の底を落とす。きちんと座るように。
そして、形よい器になるよう皮を丁寧に剥く。
スプーンでくり抜く時は浅めに。蕪は柔らかくなるのが早いのでくり抜きが深いと型崩れしやすい。
くり抜いた中身は、小さく切り、詰めもの用の鶏挽肉と合わせる。

DSC08072.jpg

食べれる器も美しく~。


DSC08076.jpg

蓋となる茎の部分は竹串を使って、小さな土も洗い落とす。

DSC08078.jpg

DSC08079.jpg

薄く片栗粉をふるい、丁寧に詰めていく。
沢山食べたいから、たくさん詰めてしまい・・・。
お師匠さんが「蓋が閉まらない」と少々取り除いてくれた(笑)
お懐石って、こういう美的センスが本当に問われるものだ。フムフム。気をつけようっ

DSC08080.jpg

この時点で、キャーキャー言ってしまうかわいさ❤


DSC08088.jpg

蕪がびっしり入るような小さなお鍋に入れて、コトコトコトコト。
ベースは薄口しょうゆやお酒、ほんの少々の生姜汁とわずかなお塩。
蕪と鶏肉から出た旨味と脂が混ざり最高のスープになる。
あしらいは蟹の足。
蕪の白と緑に蟹足の赤が引き立つ。

先ずは一口。お汁をいただく。
甘い甘い素材の味が口に広がる。
蕪はお箸の先でトロリと割れ、詰め煮の鶏肉も口の中でホロリとほどけた。

丁寧に丁寧に。
心も身体もあたたまる一品だ。









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





サーモンとクリームチーズの和風ホットサンド

DSC08029_201412041739348a7.jpg

いやいやいや~~~
親子ですっかり体調を崩し、更新が滞っておりました~~

「次回、メニューの説明を・・・」な~~んて書きながら、
レッスンはとっくにスタートしておりますっ
ほんとすみませんでした^^:



今月のメニューで一番悩んだのが、魚を使ったタルタル。
王道のマグロで試作を続けたものの、何度作っても味が決まらず・・・。
そのうち、ホットサンドも一品入れたら楽しいかな・・・と思い始めたり。

我が家の「おつまみホットサンド」は角食に刷毛で醤油を塗り、
その上に焼き海苔、チーズ、また角食。
それをホットサンドメーカーで「えええいっ!」と挟む。
これが香ばしく美味しい!
しかし、教室でそんな庶民ホットサンドを出すわけにはいかない。
何かないかな~?
と悩んでいた日に閃いた一品。
「サーモンとクリームチーズの和風ホットサンド」。
サーモンとクリームチーズの組み合わせは王道。
そこに長芋の角切りを入れた。
長芋にはあらかじめ「白だし」を馴染ませる。
サーモンは少し大きめの角切りに。そうじゃないと火が通り、ただの焼き鮭になってしまう。

焼きたてホヤホヤのホットサンドは、一口食べると海苔の香りが溢れる。
そこにトロリと柔らかいクリームチーズ、コクのあるサーモン。
シャキッと長芋。
わさび醤油がピシッと味を決めてくれる。

食べる順番の注文なんて普段はしないワタクシですが。
今回ばかりは・・・
「みなさ~ん!熱々ホットサンドから食べてくださいね!!」










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






12月のレッスンメニュー

DSC07630.jpg DSC07938_20141203170545dba.jpg
DSC07795_20141203170213678.jpg DSC07985.jpg
DSC08029.jpg DSC07993.jpg
DSC08020.jpg DSC03885_201412031702118d5.jpg

スタートまで3日となった本日。
やっとやっと最後の一品の味が決まる。
んもーっギリギリ!
作れば作るほど分からなくなり、
人が集まるところに試作品を持って行っては感想を聞き、増々迷走したりした。
『DELI』メニューなんて公言しながら、
試作するうちに、「これって、ピンチョスにした方が良いな・・・いやいやタパス・・・」
そんな風に増々迷走した。

でもひとつだけルールを決めていた。
「いつものレッスンより簡単に作れること」
それだけは守った。
手軽に簡単に出来るパーティーメニューにして、
みんなで塗ったりのせたり。
アタフタせずに、今年一年のおしゃべりを楽しみたい。
12月くらいね。
でも華やかさと美味しさは必須。

そんな風に選んだメニューです。
みんな喜んでくれるといいな。

一先ずお写真だけで。
次回は、お料理の内容をアップしまーす!










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




うれしいおもてなし

DSC07823.jpgDSC07824.jpg
DSC07825.jpgDSC07826.jpg
DSC07827.jpgDSC07829.jpg


少し前の休日。
横浜に住む従兄妹が、なんと女子32歳の若さで新築マンション購入!
嬉しいお招きを受け、家族みんなで遊びに行った。

「坂を上ったところにあるから、安いんだよ~」
な~んて言うけど、それはそれは素敵な最新マンションに感激した。
ステキなお部屋はもちろんだが、
なにがステキって、従兄妹のおもてなし料理❤
外国暮らしが長く、今でも友人のほとんどが外国人の従兄妹。
部屋の雰囲気も、ふたりの雰囲気も、そして笑顔もアメリカン。
やっぱり「おもてなし」も異国風~~~。

小さなお料理をつまみながら、飲む!飲む!
チーズボードとナイフのセットがあまりにもステキで、
私も絶対買う~!と興奮してしまった。



DSC07832.jpg


男の料理!ローストチキン!
ベストタイミングでオーブンから現れた料理に歓声が上がる。



DSC07835.jpgDSC07839.jpg


デザートは「ブレッドプリン」。
甘い卵液をたっぷり吸いこんだパンはシナモンの香り。
熱々に美味しいバニラアイスをこんもり。
決めてはキャラメルシロップ!
んもーっ なんてハイカロリー!って言いながらも、
姉のおもたせ「クロワッサンシュークリーム」も頬張る。



横浜の。風通しの良い新しいマンションで。
とにもかくにも、よく笑った。
実家の両親もかわいい姪っ子甥っ子の立派な成長を喜び、
私たち姉妹も、そのオットも、その子供も。
一族が集まり、語らい笑いあう。

おてんばいろはも、泣き虫凛太郎も、
きっと二人が外国人だと思ってるに違いないけど(笑)
可愛がってくれるその二人に懐き、ハグをする。
その異国風な従兄妹の生活を私はとても好きだし、
子供たちにたっぷり味わってほしいといつも思うのだ。

そしてその異国情緒あふれる彼女たちの空気が、
いつも私に素敵な刺激を与えてくれることに感謝しているのだ。












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!








SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン