cucin amica

10月教室のごあんない

DSC09377.jpg


え~!もう10月~?と思いますが、
あと数日で9月。
そんなわけで『10月教室のごあんない』です♪

10月のレッスンメニューは、
いつもスープレッスンの枠をパスタにする予定です^^
写真は『秋の実りとポルチーニソースのパスタ』。

ポルチーニソースにはドライトマトやブラックオリーブを合わせ、
一層深みのある味に。
抗生物質を使用せずに飼育された豚肉を、
発色剤等も使わずに仕上げた美味しい粗挽きウィンナー。
キノコやさつまいも、素揚げしたインゲンを合わせた秋らしいパスタです。

お申込み、お待ちしておりまーす! おかげさまで満席になりました~。


          ** 10月教室 開催日 **

               
               3(土) 満席
               7(水) 満席
              14(水) 満席
              17(土) 満席
              21(水) 満席
              24(土) 満席
              30(金) 満席
              31(土) 満席
                            
                       印は残席の数です。
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            既に満席、残席の数につきましてはご了承くださいませ。
            新規お申し込み、キャンセル待ち等も随時受け付けております。
            キャンセル発生の際にはご連絡いたしますので、
            ご希望日を明記の上、お申し込み下さいませ。

       
          

          **お願い**
          当教室はタルティーヌ作りをメインとした「初心者様対象教室」になっております。
          パン教室をお求めになるお客様、高度な技術を習得したいお客様には、
          物足りないレッスンとなっておりますので、
          ご了承の上、お申込みいただきますようお願い致します。

          尚、お料理教室、パン教室主宰者の方の御参加はご遠慮いただいております。
          大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。



*****************************************
                                
        さいたま市の自宅キッチンで開くパンと料理の小さな教室です。
         (この度、小さな302号室にお引越しです♪)
        あらかじめニーダー捏ねした生地を成形からスタートのパン作り。
        グループ作業ではありませんので、最初から最後までゆっくり作業していただけます。
        お作りいただいたパンは、全てお持ち帰り出来ます。

        パン作りの発酵時間&焼成時間を利用して、
        パンとのペアリングを考えたお料理を作り、
        旬の食材をたっぷり合わせたタルティーヌ(オープンサンド)を
        楽しむことが出来るランチ付きのクラスです。
              
         お気軽にお問い合わせくださいませ。
        cucin_amica@yahoo.co.jp

        cucin amicaタルティーヌ教室は、技術先行ではなく、のんびりした教室です
        パン作りの初心者さん、お料理好きの方、お待ちしてます。

                    *料金・場所などの詳細は 「料金について」をご覧くださいませ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


スポンサーサイト

大人の遠足~川越編~

DSC09157.jpg DSC09160.jpg
DSC09159.jpg DSC09165.jpg


あ~~。もう1ヶ月以上も前のお話。

ずっとずっと楽しみにしていた『大人の遠足~川越編~』
大好きな街で、我が家からも近いこともありちょくちょく行っていたが、
この数年でまたまた魅力的なお店が増えていた。

今回は川越在住の友人の道案内もあり、混雑を避け裏通りをスイスイ♪
はじめましてのお店も巡り、楽しい楽しい遠足となった。


いつも通り、早めの待ち合わせ。
最寄駅で友人たちを乗せる。
久し振りのお姉さま方に、凛太郎はニタニタとはにかみながらもご機嫌♪
得意の芸をさりげなくやるものの、私たちは修学旅行並みの盛り上がり・・・
誰も見ていなかったその時の様子は、送迎担当のオットに後から聞いた(笑)


まずは「川越氷川神社」へ。
ちょうど夏の風鈴祭りが行われているようで、
涼しげに美しい風鈴が、厳かな景色に映える。

神前式が行われ、若く愛らしい白無垢姿にうっとり。
「ここで挙げなよ~」 「そっちこそここで挙げなよ~」と、
アラフォー&アラフィーが小突き合う・・・。
そして、遠足開始からわずか20分で、まずは喉を潤さなくちゃ~と、早速カフェへ!

神社内にある「むすびカフェ」。
こちらも涼やかで美しい菓子と、和作りの器やぽち袋・・・
かわいい店内は女子の心を鷲掴みにする❤

私は季節限定の『メロンショート』。
甘さ控えめでフルーツの甘味が引き立ち美味しかった。
あやうく「おにぎりセット」を頼みそうになるが、
このあとすぐにランチの為、ティーセットで我慢~~~。





DSC09176_2015082513323160a.jpg DSC09171.jpg
DSC09173.jpg DSC09177.jpg


待ちに待ったランチタイム♪
友人が事前に予約をしてくれたため、
まるで離れの雰囲気も感じる個室にてお食事。
寿司懐石を楽しめるお店『風鈴』さん。
どのお料理も美味しく、このほかにもお料理が出たのだが、
おしゃべりに夢中で、メインやデザートの記録が無く~~~。

丁寧に下ごしらえのされた料理たちは、どれも美味しく最高だった。




DSC09180.jpg DSC09179.jpg
DSC09178.jpg DSC09412.jpg


そして今回、たまたま通りかかった裏通りで見つけた小さなお店『Hamano-ya』さん。
小さな小さなお店。外は普通の住宅。
ドキドキしながら入ってみると・・・・
そこは何もかも可愛く、なにもかも好みの雑貨たち~~~❤

作家さんの器や、鞄、洋服、ブローチ!
かわいい~~~を連発し、店内をウロウロ。
私はかわいいブローチをひとつ購入。
鳥の『キウイ』。
フルーツのキウイはこの鳥に似ていることから名付けたそう。
最近は動物好きの凛太郎の影響で、凛太郎が好きな物を選んでしまう・・・。
凛太郎は「キウイ!キウイ!」と喜んでくれた。

こんなマニアックな鳥のブローチが買えるお店。
また絶対に行ってみたいお店となった。

その後も、お団子を食べたり、友人の友人宅のお醤油さんに行ったり、
またまたかわいい雑貨屋さんに行き、リュックサックを買ったり・・・・
本当によく食べて、よく歩く・・・・。
川越は遠足にぴったりの街だと、またまた実感した。




DSC09187.jpg DSC09186.jpg


色々食べたのに、また食べに行く。
暑い夏に嬉しい「かき氷」♪
氷室が隣のスペースにあるため、店内はひんやり。
母体が和食懐石屋さんとのことで、苺のシロップも丁寧に作られた自家製。
本当に美味しかった♪



本当はもっともっと写真を載せて御案内したい川越だが、
興奮し、はしゃぎまくり、ほとんど写真が無かった・・・


川越が地元の友人のおかげで、今回の『大人の遠足』も大成功となった。
楽しいお休みはあっと言う間に終わってしまうけど、
また次の遠足の為に、働いて稼ぐ!そして使う!
それが『大の大人の遠足』ってものなのだ^^

                           また働くぞーっ








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!














9月のレッスンタルティーヌ

DSC09367_2015082409303624b.jpg

9月のレッスン『タルティーヌ シチリア』

長年の経験上。9月は残暑が結構厳しい。
夏の暑さに疲弊した頃に来る残暑は、身体にもこたえる。
暦の上では秋だからと言って、
秋らしいメニューにするとレッスン中、汗が止まらない・・・。
そんなわけで、まだ少し残る夏に丁度の涼しいメニューに。



DSC09358_20150824093037d69.jpg


まずはメインのメカジキのコンフィ。
cucin amica ではお馴染みの作り方。

耐熱用(湯煎可)のジップタイプの袋に、
下味を付けたメカジキと、今回はニンニクオイル、セージ、ローズマリーなどのフレッシュハーブ。
マリネのあと、メカジキをソテーしても美味しいのだが、
ここは直火を使わずゆっくりと火入れ。
しっとりとしたコンフィに仕上がるのだ。





DSC09364_20150824093038b6b.jpg

小さくほぐしたメカジキのコンフィに合わせるのは、
塩水に浸してある羊のチーズ『フェタ』。
このフェタチーズが美味しい!
それと、アリーレッド、ケイパー、イタリアンパセリ・・・
赤色のアクセントは、グリル&マリネしたパプリカ。
最初はミニトマトを小さくカットしたものを合わせたのだが、
この時期、ミニトマトの味がグッと落ちる。
パプリカの方が初秋らしいほんのりとした甘味を出すように思うのだ。

あとは美味しいオイルとレモン汁で。

どうぞお楽しみに♪








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






9月教室のごあんない

DSC09367.jpg DSC09358.jpg
DSC09364.jpg DSC09355.jpg


あとわずかで9月!
大変遅くなりましたが、『9月教室のごあんない』でーすっ

レッスンメニューは、
メカジキのコンフィとフェタチーズが美味しい♪
『タルティーヌ シチリア』
冷たいお出汁とパルマのプロシュートを合わせた、
『冷製和風カルボナーラ』
『イングリッシュマフィン』

上記メニューとなっております^^
ご都合が合いましたら、ぜひぜひ!お申込み下さいませ~。


          ** 9月教室 開催日 **

               
               2(水) 満席
               5(土) 満席
               9(水) 満席
              12(土) 
              16(水) 満席
              19(土) 満席
              25(金) 満席
              26(土) ***
                            
                       印は残席の数です。
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            既に満席、残席の数につきましてはご了承くださいませ。
            新規お申し込み、キャンセル待ち等も随時受け付けております。
            キャンセル発生の際にはご連絡いたしますので、
            ご希望日を明記の上、お申し込み下さいませ。

       
          

          **お願い**
          当教室はタルティーヌ作りをメインとした「初心者様対象教室」になっております。
          パン教室をお求めになるお客様、高度な技術を習得したいお客様には、
          物足りないレッスンとなっておりますので、
          ご了承の上、お申込みいただきますようお願い致します。

          尚、お料理教室、パン教室主宰者の方の御参加はご遠慮いただいております。
          大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。



*****************************************
                                
        さいたま市の自宅キッチンで開くパンと料理の小さな教室です。
         (この度、小さな302号室にお引越しです♪)
        あらかじめニーダー捏ねした生地を成形からスタートのパン作り。
        グループ作業ではありませんので、最初から最後までゆっくり作業していただけます。
        お作りいただいたパンは、全てお持ち帰り出来ます。

        パン作りの発酵時間&焼成時間を利用して、
        パンとのペアリングを考えたお料理を作り、
        旬の食材をたっぷり合わせたタルティーヌ(オープンサンド)を
        楽しむことが出来るランチ付きのクラスです。
              
         お気軽にお問い合わせくださいませ。
        cucin_amica@yahoo.co.jp

        cucin amicaタルティーヌ教室は、技術先行ではなく、のんびりした教室です
        パン作りの初心者さん、お料理好きの方、お待ちしてます。

                    *料金・場所などの詳細は 「料金について」をご覧くださいませ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


8月15日。

DSC09334.jpg



「出産予定日は8月15日ですね。」
約4年前、産婦人科で妊娠が判明した日に先生が言った。
8月15日。終戦記念日かぁ。
その独特な日に我が子を迎えることをぼんやりと考えた。

結局予定日より数日早く産まれ、
8月15日は終戦記念日のままとなった。


鹿児島に祖父母を持つ私にとって、
戦争は神風特攻隊に深くつながる。
兵隊として参戦した祖父は痴呆が始まる寸前まで、
戦争の話をすることはなかった。
知覧の神風特攻隊記念館に行く時も、決して中には入らなかったし、
開聞岳を見るのを嫌がった。

私はまだ幼くて、あの時の祖父の気持ちを知るのはずっと先になってからだが、
今の憲法改正案を知ったら、祖父は私にどんな胸の内を話してくれただろう・・と思う。
「伝えて行かなければいけないのに、口を開けても言葉が出ない」
昔、祖父はそう言った。

弾けるような若さと、眩しいくらいの笑顔を特攻機に乗せるしかなかった時代。
死んでいった者は無念を抱え、生き残った者は情けなさを抱える。
戦争って、なにひとつ希望を見出さないものだ。

毎日をキラキラと過ごす凛太郎を見て、
「これからもっと眩しい青春が来るんだな。青春なんて甘酸っぱいぜっ」と、
ふざけて笑っていたけど。
本当に青春が来るんだろうか。
と、ザワザワした思いになる。
もし凛太郎の青春が特攻機に乗ることになったら。


戦争の事を思う時、いつもこの方の詩を思い出す。
茨木のり子さんの「わたしが一番きれいだったとき」だ。



『わたしが一番きれいだったとき』

わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがらと崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが一番きれいだったとき
まわりの人達が沢山死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

わたしが一番きれいだったとき
誰もやさしい贈り物を捧げてはくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差だけを残し皆(みな)発っていった

      つづきはこちら




私が一番きれいだったときは(あったかわからないけど~)
きっと若くて若くてただただ楽しかった頃だと思う。
そして、それを持てたことはしあわせなことで、
当たり前の事ではないのだと、茨木のり子さんが教えてくれた。

今を生きる私たちに平和な青春があったように、
これからを生きる子供たちに、みな平等に。
絶対に絶対に眩しい青春がありますように。




8月15日は、私が嫁いだ地域ではお盆の送り日。
提灯の灯をご先祖様の御霊に例え、盆棚の灯を移しお墓に送りに行く。
今年は凛太郎も提灯持ちを出来るようになり、
灯を消さぬように慎重に歩く。

親族が墓前に揃い、「気を付けてお帰り下さいませ。」そう言って灯りを消し、
静かに手を合わせる。
送り日と終戦記念日。
たくさんの尊い命の冥福と共に平和を願う。


そして。
憲法改正絶対反対!!
戦争を知らない老い先短いクソじじい達に未来を決めさせてたまるものか!
と、心底思う8月15日なのだ。












本物トムヤンクン

DSC09123_20150730185607a73.jpg


トムヤンクン作りに本気の私に、
友人がお気に入りの「トムヤンヌードル」を食べに連れて行ってくれた。

うっ美味い!!
かっ辛い!!
本格トムヤンヌードル。

           まだまだ足元にも及ばないぜっ

                  頑張るぞーっ!  (← 一体に何教室になると言うのだ・・・)








 

乙女なティータイム❤

DSC09146.jpg DSC09150.jpg
DSC09148_20150807131402685.jpg DSC09151.jpg


嬉しいお誘いを受け、およばれの一日。

2年前の結婚を機に川越在住となった彼女。
まだ知り合って日は浅いものの、その優しさや気遣いに日々親しみが湧く。
大人になると、住まいが遠くなったり等の理由でなかなかお家で会うのは難しい。
だけど、こんな近くに住んでるのも何かの御縁!
我が家に呼んで食べた食事をとても喜んでくれ、
今度は彼女のお宅へ招待してくれた。

SNSが主流になり、彼女のオシャレな日常はインスタで知っていたけれど、
遊びに行ける当日はドキドキワクワク♪
玄関壁に飾られた大きな花のオブジェに感動したり、
かわいいリボンの付いたスリッパに感嘆したり・・・。
自宅に入って早々、「かわいい~~~」の連発。
女子度の低い私には、何もかもオ・ト・メ❤ なのだ。

小江戸川越で美味しい懐石料理に舌鼓を打ち、
彼女の家でのTea time♪
その美しいティーカップは彼女のお母様の物だと言う。
年代を感じさせる深いピンク色は、世代を超えて尚、美しさを放つように思う。
確かに、私の母世代の食器棚にはこんな風に甘美で華やかなカップがあり、
子供ながらに特別な物の輝きを感じていたものだ。

華奢な高さのカップは、口元の厚みがちょうど良く、
珈琲がとっても美味しかった。
いつもはガサツな私も、このカップを持つ時だけは少々おしとやかに^^
いいものを持つと、所作が美しくなる。
こんな風に受け継がれるカップは、そのテーブルに話の花を咲かせ、
きっと何代にも渡って大切にされる。素晴らしいことだ。

美味しいデザートは川越氷川神社むすびカフェの『彩風鈴』。
見た目に涼しく、美味。
ステキな器のマカロンやスノウボウル。
キラキラのピカピカな器たち。

女子三人と男児一人。
賑やかに華やかに、話はとどまることなくよく笑った一日。
彼女の素敵なおもてなしのおかげで、
私の女子力が少々アップし(笑)、リフレッシュできた。

ありがとう。ごちそうさまでした♪












 

PHILIPS ヌードルメーカーを使って

DSC09252.jpg


確か1月だったかな・・・いや2月だったかな・・・
我が家に『PHILIPS ヌードルメーカー』がやって来た。
嬉しかったものの、あまりの忙しさに箱を開ける事さえできず、
調理器具の棚の端に置いたまま・・・。
時折横目で見ては、「早くあの子と仲良くならなくちゃな~」などと独り言。

そして今では我が家にとってなくてはならないものになった。



私が教室を始めたばかりの頃、パスタマシーンで作るパスタや讃岐うどんに凝りに凝り、
来る日も来る日もパスタマシーンを回していた。
ところがある日。肩こりとは違う激痛が走り、鍼灸院に通うことになった。
すると、パスタマシーンの使い過ぎで鎖骨が内側に入り始めていたのだ。
「パスタマシーンはドクターストップです!」
アスリートでもないくせに、そんな特殊なドクターストップを受け、
私の生麺への情熱とパスタマシーンはお蔵入りとなった。





DSC09254.jpg


ヌードルメーカーが発売されたと知り、
嬉しくてすぐに買いたい気持ちと、本当に美味しく出来るんだろうかと半々の気持ちだった。
あれから数年たち、「生麺は買った方が美味しいよね!」などと言い、
鎖骨が内側に入るほどの情熱を失った私(アスリートか!)
そんな私の元に、ある日突然届いた『ヌードルメーカー』。

えー?誰かしら~?などと心躍らせたが、
無類の麺好きのオットからだった。
「こ、こんなデカい物を何の相談も無くっ」と少々舌打ちしたい気持ちもあったが、
これはレシピ作りに行き詰った私への思いやりかもしれない・・・。
と、超ポジティヴに考えることにした(笑)



使ってみると、私の鎖骨も微動だにしないほどの(当然)使いやすさ!
「後片付けの部品が多くて大変」などとレビューには書いてあったが、
美味しいものは手間暇必須!
こんなに美味しくて安全なものを自宅で作れるのなら後片付けなんて苦では無いっ
美味しい讃岐うどんも、『強力粉 麺匠』とシママースで最高の出来だ。


写真はトムヤンクン用の海老そば。
計量し始めてから15分後にはこんな美しい麺が出来るのだ。



DSC09251_20150730185751d8c.jpg


『北海道産強力粉はるゆたか』に、
駿河湾産の桜海老をミニフードプロセッサーで粉末にしたものを加える。
この海老そば、本当に風味が良い。
トムヤンヌードルにはもちろんだが、ニラともやしと炒め、
オイスターソースで仕上げただけでも最高だ。



久し振りの自家製麺。
その電動の進化は、
私に美味しい喜びと、数々のヒントと創作意欲をくれるのだ。









 


トムヤンクン

DSC09248.jpg


出来上がった『トムヤンクン!』

スープの仕上げには牛乳を入れてコクのある甘みを出した。
その方がこれから作る『トムヤンヌードル』に合うかな~と思ったのだ。

レモングラスもこぶみかんも、海老の殻も。
全てが合わさりあの独特の風味が生まれるのだなぁ。

さてさて。まずはスープを愉しもう♪








 



レモングラスとこぶみかん

DSC09234.jpg


夏はスパイスが背筋をピンとさせてくれる。
とは言え、私のスパイスボックスは空っぽ。
『梅雨が来る前に乾物類は食べきるように~』の母の教えの中に、
スパイスも入っているからだ。
インド料理、バングラディシュ料理・・・
思いっきり加えたり、少々潜ませたりしながら、
梅雨時期にせっせと使い、嬉しいことに食べきった。

使い切ったら、新しいものを買うのも胸を張って~
今日はレモングラスとこぶみかんのドライを購入。
美味しいトムヤンクンを作るのだ。




DSC09237.jpg


このゴザの端切れの様なものが「レモングラス」。
地味な見た目とは裏腹にそれはそれは爽やかな香り~。




DSC09235.jpg


こちらは「こぶみかん」。
こぶみかんとはタイ、マレーシア原産の柑橘類のひとつだと言う。
こちらも煮だすとほんと柑橘の爽やかな香り~。



DSC09238.jpg


お茶のパックに入れて煮出していく。
海老の殻もこのお茶パックに入れて煮出す。

このふたつのパックが、トムヤンクンを香り豊かにしてくれるのだ。








 











SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン