cucin amica

今月もありがとうございました!

IMG_20151106_115202.jpg

11月のお持ち帰りパンは『シュガーブレッド』。
北海道産ビートグラニュー糖と中ざらめを巻きこみ、ねじる!ねじる!
アルミのパイ皿に入れて焼成すると、かわいいリース型に。
焼き上がりに女子の歓声がキャッキャッと上がった❤


「おもちかえりパン、こんな風に食べましたよ~」
そんな嬉しい連絡をくれた彼女の朝食・・・
きゃーっ!なにこのかわいいアレンジ!!
女子度の低い私でも、このかわいい朝食に目が❤マークになるほど~~

真っ赤なリボンを巻いた『シュガーブレッド』。
こんなにかわいがってもらえるなんてしあわせなパンだなぁ。
「ありがと~~」
思わず独り言・・・


昨今のSNSブームで(もうブームなんてレベルじゃないけど・・・^^:)
生徒さんのインスタやブログを拝読することもしばしば。
ちょびっとよそ行きの顔でテーブルに並ぶ、cucin amicaのパンを見る度に、
何年続けていても、少し不思議な気持ちになる。
すこし気恥ずかしいような、でもすごく嬉しいような・・・。


「美味しかった~♪」と聞くたびに、
安堵し、また頑張ろう!と思うのも何年続けても同じだ。

今月もみなさんの食卓にcucin amicaのお料理が並んだことに感謝して。
今年最後のレッスンも頑張るぞーっ


みなさん、いつも本当にありがとうございます。
12月も。どうぞよろしく。









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






スポンサーサイト

12月メニュー『ナポリの揚げピッツァ・ゼッポリーニ』

DSC09835_2015112907420042e.jpg DSC09749_201511290742018ac.jpg
DSC09814_201511290742036eb.jpg DSC09815_20151129074204ad5.jpg


数年前、「鎌倉のレストランで食べた揚げパンみたいのが美味しかった~」と、姉が言った。
聞くと、生海苔みたいなものが入っていて、揚げパンなのに海の潮の風味があったと言う。
・・・どんな味なんだろう?と、食べに行きたいのは山々だったが、
産後間もない私には鎌倉は遠く、「海の味がする揚げパン」は謎のままだった。


そんなことをすっかり忘れて数年。
今年から毎月楽しみに通うようになった、レストランの料理教室。
そこで習ったのはなんと!!あの「海の味のする揚げパン」だったのだ!

正式名は揚げピッツァ『ゼッポリーニ』。
薄力粉と強力粉をブレンドした粉に、生海苔を入れて作る生地。
聞けばたくさんのコツやポイントがあり、
それを守れば、外はカリッと中はもっちりと揚がる。
こんな素晴らしい料理を教えてくれるシェフにまたまた感謝!


12月のメインメニューは、バルサミコチャーシューとたっぷりのグリル野菜。
そこに添えるパンは海の香り溢れる『ゼッポリーニ』。
どうぞこちらもお楽しみに♪










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!











12月メニュー『ミント鶏の春巻き』

DSC09823.jpg


12月は昨年同様、パン作りをお休みして、
みんなでワイワイ♪たくさんたくさんお料理を作ろうと予定している。
ガレットやバルサミコチャーシュー、グリル野菜・・・
ここに欲しいメニューは何か・・・?
来る日も来る日も考えては・・・作る。
その度に作りたいものが溢れ、作ってみたら失敗!なんてことも多々~~^^:

そんな中、これはパリッとおつまみに最高~~!
と、試食会(ただ大人数で集まって食事するだけ・・・笑)で評価を得たのがこちらの『ミント鶏の春巻き』。



DSC09817.jpg


美味しい鶏挽肉にフレッシュミントをひとつかみ。
このミントの香りが、パリッとした食感の後、
口の中にさわやかな愉しみをくれる。



DSC09820.jpg

葉巻の様にクルクルと巻いたら、
ピュアオイルでじっくり揚げる。
柑橘の効いたお手軽ソースを合わせて❤

美味しく食べて貰えるといいな。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




12月はクリスマスガレット♪

DSC09847.jpg


またまた遅くなりましたが、12月のレッスンメニューのお知らせです。
タイトルの『ガレット』・・・え?どこにガレット?
と、思われる方も居て当然ですぅ。

え~と、左上にくるりと巻いてある生地・・・そ、それがガレットです(笑)
最初は、通常のガレットのように蕎麦粉の生地の上にフィリングをのせて、
包んで・・・と試作していたのですが、
どんどん、どんどん、中に入れたいものが増え始め、包み切れなくなり^^:
それに、食べ始めはいいのですが、最後の方にはソースが浸みてびちゃびちゃ・・・。
それなら、巻いて添えよう!となり、こうなりました~~
もはや、ガレットと呼んではいけないのでは!!

フィリングの主役。今回は『バルサミコチャーシュー』。
バルサミコの効いたソースに漬け込んで、オーブンでじっくり。
和にも洋にも合うお手軽ローストポークです。
それを主役に、グリル野菜、温野菜、クリームチーズ・・・

好きなフィリングを小さくカットし、煮詰めたバルサミコソースを少々。
それを、カリッと香ばしいガレットの生地で包む。

ムホホ~と、思わず言ってしまう美味しさです^^

どうぞお楽しみに❤








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

私の木曜日。

DSC09779.jpg DSC09780.jpg
DSC09781.jpg DSC09782.jpg


私の木曜日は、木金土に食べる用の常備菜作りがある。
教室の下準備をする傍ら、キッチンではじゃんじゃん常備菜が出来上がる。

こうやって写真にしてみると、茶色がメインの渋い色彩だが、
この木曜日の常備菜を怠ると、
その後の食事がもっと渋いことになる。


今日は4種類。
左上は『蓮根のきんぴら』
本来なら唐辛子をピリッと効かせたいところだが、
それでは3歳児の口に入りにくい。
その分合わせ調味料に、少々のお酢を入れてアクセントをつける。
切り方も蓮根の姿が美しい輪切りでは無く、縦の棒状に切る。
こうすることで、ぱきっとした食感が残るのだ。

右上は『牛牛蒡のしぐれ煮』。
我が家の常備菜としては定番中の定番。
千切りの生姜をたっぷりと効かせ、
シャキシャキのごぼうと和牛独特の脂身が美味しい。
少し甘めに作り、ほかほかのご飯にのせると最高だ。

次は左下の『大根の香味煮』。
大きな大根を下茹でしたら、昆布出汁に入れる。
この時、合わせ調味料と叩いたにんにく、生姜をたっぷり入れる。
このにんにくと生姜の香味が、いつもの煮物を一味変えてくれる。
それと、肩ロースの薄切りを三枚。
このほんの少しの豚肉が、ぐっと出汁にコクを出してくれるのだ。

最後右下は『バルサミコチャーシュー』。
バルサミコの効いたソースに一晩漬け込み、
あとはオーブンでじっくり焼く。
これは洋風にも和風にもなる。
グリル野菜やクリームチーズと合わせて食べるも最高!
ラーメンのチャーシューにしても最高!
本当に美味しいのだ。


常備菜・・・なんて言いながら、
美味しくて美味しくて当日に食べきり、常備されないものも多々(笑)
それでも保存容器に入れ、度々小さな器に取り分けては愉しむ。

どんなに仕事で疲れていても、
あとは、あっという間に出来る葉物の胡麻和えや酢の物を添えればいいし、
メイン料理はお刺身や煮魚や焼き魚。その時々で。


すると、この渋い茶色メンバーたちが、
他のカラフル食材をグッと引き立ててくれるのだ。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







手作り味噌。

DSC09739.jpg


「あ~。やっぱり手作り味噌は最高だね~。」
艶々の新米の隣には、温かい具だくさんのお味噌汁。
モリモリゴクゴク食べてしまい、この2ヶ月で3キロも太ってしまった!
本当に肥ゆる秋なのだ。

実家の母がまだ寒い時期に仕込んだ手作り味噌。
まだかな~まだかな~と待ち焦がれ、夏の終わりに我が家へ来た。
大きな味噌樽は出し入れが面倒なので、
少しずつ、小さな琺瑯に移す。

「カレー粉とお味噌は三種類をブレンドが一番!」
これは、母がよく言う言葉。
そんな言葉が身体にすり込まれているのか、
やはり結婚してからも「味噌は三種類!」が定番だ。

今年は嬉しいことに、友人のお母様からも手作り味噌を戴いた。
ウホウホと喜び、大きな袋からまたまた琺瑯ケースへ。

姉から貰った愛知県の赤だしも入れて「味噌は三種類!」が完成。
仕切りには昆布・・・も定番。
新しく入れ替える時に、この昆布はお味噌汁用の鍋にペロリと入れれば無駄が無い。

私はお味噌をこの琺瑯に入れる時が好きだ。
均等に無くならず、時折大きな味噌樽から出してしまう時もしばしばだが、
全てのお味噌を食し、器を洗い、またお味噌が揃う。
こう言う事が好きになる歳なんだな~と、しみじみ思ったり(笑)

今度は、自家製味噌作りに挑戦したいな~。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



さつまいもパイ

DSC09705.jpg

『こどなの遠足』の後は、我が家で。
はしゃぎ過ぎた凛太郎は帰りの車の中でコテリと寝てしまい、
思いがけずゆっくりとティータイムを過ごせた。

お茶のお供は『さつまいもパイ』♪
数日前、「こんなに大きなさつまいも見たことないよねーっ!」と、
友人のさっちゃんが持って来てくれたお芋。
本当に大きくて凛太郎の頭より大きかった。
「すが入ってたらごめんね・・・」と言われていたけど、
切ってみるとびっちりとした断面が、いかにも美味しそうだったのだ。

しかし・・・本当に大きい。大き過ぎる・・・
切る時も刃物が途中で抜けなくなるほど~~~
当然蒸し器にも入りきらず2回に分けて。

蒸し上がったさつまいもは本当に甘くて美味しかった。
これはさつまいもパイにしよう!
たっぷりのバターと生クリーム、きび砂糖とバニラペーストを合わせて。
市販のパイシートにたっぷり、こんもり。山の様にのせた。



DSC09706.jpg


焼き上がり。
お菓子作りが大の苦手な私にしてはなかなか上手に出来た~。

みんなも喜んで食べてくれた。
お土産に戴いた『お団子』やおしゃれな『豆菓子』も一緒に。

珈琲。カモミールティー。知覧茶。
楽しい話と美味しいもの。

短い散策と我が家。
私たち親子に合わせてくれた友人たちに感謝して。
新しい時間を過ごせたことが嬉しい一日になった。





DSC09708.jpg

おまけの写真。
カップに入れて絞り袋で。







 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


こどなの遠足~川越編~

DSC09713.jpg

秋の休日。
今日は『こどなの遠足~川越編パート2~』

ん? こどな・・・?
そうなのだ。いつもの『大人の遠足』メンバーに凛太郎が参加♪
子供に優しいお姉さま方の心遣いで、一緒に散策することに。
凛太郎は朝から浮かれまくり、お姉さま方と手を繋ぎ歩く。
こんな日が来るなんて~~~ そっと涙を拭う母・・・笑


しかし集合時間が早過ぎて(笑)、まだお店がやってなーい!
「じゃ。朝カフェしますか!」
そんなわけで、早朝からオープンしてる『カフェ・蔵』さんへ~。
はしゃぎ過ぎて、写真を撮り忘れ^^:
とは言え、ゆっくり出来る空間のあるお店で美味しいカフェオレを堪能。
凛太郎はお姉さまに貰った初めての「ラムネ」に大興奮。
ほんとおかげさまだわ~~~。



DSC09715.jpg DSC09716.jpg
DSC09722.jpg DSC09720.jpg


お次は、お店探し名人の友人が行ってみたかったというお店『KIKONO』さん。
このお店が本当に本当にかわいい❤
カゴのバッグやオーダーの帽子。
器にリネン、小さな雑貨達。
お店のディスプレイもハイセンスな上に、「クスッ」っと笑ってしまうのだ。
ところどころに隠れた小さな小人や動物。
私の少ない乙女心をくすぐってくれた^^

なんでも触る星人の凛太郎が一緒ではゆっくり見れないな・・・
と思っていたら、
またまた可愛らしい店員さんが「奥にお子様の遊べるスペースがありますよ」。
なんと!かわいいおもちゃや絵本が置いてあるのだ。

「見ててあげるよ~」
友人の優しい気遣いのおかげで、
私は可愛い雑貨を堪能出来た。
凛太郎も自宅には無いオシャレなオモチャでキャッキャと遊んだ。

ママにも子供にも優しいお店『KOKINO』さん。
とっても好みのお店を知ることが出来、友人たちに感謝♪





DSC09725.jpg DSC09724.jpg


「かわごえ食べる~~」
「かわごえ食べた~い」
お腹が空いた凛太郎は何度も言う。

どうやら「かわごえ」=「天麩羅刺身定食」と認識しているようだ。
それもそのはず、友人が予約してくれた美味しい食事の写真を、
「川越行くよ~。川越でこれを食べるよ~~~」と、私は何度も話していたのだ。
そのせいで凛太郎は川越に着いても「かわごえ行く~」と何度も言った。
                                 そんなに腹が空いているのか!!


今回の楽しみのひとつ。『てんぬま』さんの美味しい定食。
リーズナブルなのに、どのお料理も味付けが程よく、
天麩羅屋さんならではの素晴らしい揚がり!
そして、ありがたいことに個室を予約~~~
おかげで、食べては歩き回る3歳児が一緒でも、
なんとかゆっくり食べることが出来た。

海老と野菜の天麩羅、2種のお刺身。
焼き魚、ブリ大根、糠漬けとお付け物。サラダ、もりもりご飯とお味噌汁。
凛太郎も一人前注文。
白いご飯以外はほぼ間食!
本当に本当に美味しかった~~。

「てんぬま」さんは、川越在住の友人のおすすめ店。
観光地からは離れていて、知る人ぞ知る!そんな雰囲気のお店だった。
川越はやはり、老舗の魅力がまだまだ溢れていることも実感。


さてさて。
『こどなの散策』はこれにて終了。
この後は、みんなで我が家へ~~。
まだまだ続く楽しい時間に、凛太郎はにんまりなのだ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






12月教室のごあんない

DSC09689.jpg DSC09671.jpg
DSC09672.jpg DSC09683.jpg


またまた遅くなりましたが、12月教室のごあんないです。
とは言え、今回はありがたいことに全日程満席となっております。
な~~の~~に~~
未だメニューが決まらず・・・
本当に申し訳ありませんっ

12月。街はクリスマスムードに心が踊り・・・
キレイなイルミネーションと雰囲気のある音楽。
cucin amicaも、なんとかそんな雰囲気にあやかりたいものです。

写真はローズ型にパイシートを敷いて、
ホクホクのハーブポテトとカマンベールチーズを牛肉で巻く。
さらにパイシートで包み焼成・・・
かわいいローズパイに❤
ただ・・・まだこれになるか分からず・・・。
お蔵入りにならぬように、試作を続けまーす!

美味しいメニューになるよう、努めて参りますのでどうぞよろしくお願い致しますっ





          ** 12月教室 開催日 **

               
               2(水) 満席
               5(土) 満席
               9(水) 満席
              12(土) 満席
              16(水) 満席
              19(土) 満席
              25(金) 満席
              
                            
                       印は残席の数です。
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            既に満席、残席の数につきましてはご了承くださいませ。
            新規お申し込み、キャンセル待ち等も随時受け付けております。
            キャンセル発生の際にはご連絡いたしますので、
            ご希望日を明記の上、お申し込み下さいませ。

       
          

          **お願い**
          当教室はタルティーヌ作りをメインとした「初心者様対象教室」になっております。
          パン教室をお求めになるお客様、高度な技術を習得したいお客様には、
          物足りないレッスンとなっておりますので、
          ご了承の上、お申込みいただきますようお願い致します。

          尚、お料理教室、パン教室主宰者の方の御参加はご遠慮いただいております。
          大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。



*****************************************
                                
        さいたま市の自宅キッチンで開くパンと料理の小さな教室です。
         (この度、小さな302号室にお引越しです♪)
        あらかじめニーダー捏ねした生地を成形からスタートのパン作り。
        グループ作業ではありませんので、最初から最後までゆっくり作業していただけます。
        お作りいただいたパンは、全てお持ち帰り出来ます。

        パン作りの発酵時間&焼成時間を利用して、
        パンとのペアリングを考えたお料理を作り、
        旬の食材をたっぷり合わせたタルティーヌ(オープンサンド)を
        楽しむことが出来るランチ付きのクラスです。
              
         お気軽にお問い合わせくださいませ。
        cucin_amica@yahoo.co.jp

        cucin amicaタルティーヌ教室は、技術先行ではなく、のんびりした教室です
        パン作りの初心者さん、お料理好きの方、お待ちしてます。

                    *料金・場所などの詳細は 「料金について」をご覧くださいませ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




手作りこんにゃく

DSC09690.jpg DSC09691.jpg
DSC09693.jpg DSC09696.jpg


今日は友人のお母様に『手作りこんにゃく』を教えてもらった。
何度か戴いたことがあり、その美味しさに惚れ惚れ~~
ぜひとも教えて戴きたい逸品なのだ。

大きなこんにゃく芋の皮を剥き、ひたすらすりおろす~~~
私の自慢の道具(笑)「木屋のおろし金」を使おうとすると・・・
「ダメダメ!そんな上品なおろし金じゃおろせないよ!」とおばさまが言う。
ほほぅ。目が粗いおろし金の方が良いのね~。勉強になるなっ

ひたすらおろした「こんにゃく芋」を火に掛けたり、水に浸したり・・・
ふむふむと学びながら、こんにゃくが出来た。
おばさんの言うとおり、難しい工程は無かった。
ただ、やっぱり美味しいものは手間暇だと改めて実感。

私の『初こんにゃく』はなかなか美味しく出来た。
寒くなり始めたその日。
ねじりこんにゃくは「おでん」に。
あとはスプーンで千切って、大好物のスジ肉と煮込むことに~❤

蒟蒻大好きな凛太郎は、おでんのこんにゃくを何度もリクエストし、食べてくれた。
オットも好物のスジ肉の煮込みにコシのあるこんにゃくが合うと喜んでくれた。

手間暇掛けた『手作り』は美味しい。
そんな料理がまた一品増えた一日。
ありがとうございました♪










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



11月のレッスンブレッド

DSC09734.jpg


今月のレッスンブレッドは、温かい飲み物にピッタリの『シュガーブレッド』。
北海道産ビートグラニュー糖と中ざらめを敷き詰めた生地をクルクルと巻きこみ、
さらにねじってリース型に。

このタイプのパンを焼くと、必ず下に甘いお砂糖が流れ出てしまいもったいない。
そんなわけで。
パイ型のアルミ皿に入れて焼成~~。
これで溶けだしたお砂糖が流れ出すのを防げまーす!
            ハイカロリーもがっちりキャッチ!笑


今月も。たいしたパン作りのお勉強は出来ませんが(笑)
甘い甘いパンのお持ち帰りがありますよ~❤

どうぞお楽しみに♪










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン