cucin amica

今年もありがとうございました!

DSC09546.jpg


2015年も、いよいよ大晦日。
みなさま、今年も本当にありがとうございました。

cucin amicaもオープンから8年目を過ぎ、
たくさんの方々とのご縁を戴きました。
『今年も楽しかったな・・・』
そう思えることが出来る一年となり、
とても嬉しいです。

来年も、みなさんに喜んで頂ける教室作りに努めて参りますので、
どうぞどうぞよろしくお願い致します。

みなさまの年末年始が健やかでありますように。


                     cucin amica タルティーヌ教室
                           和田陽子

















スポンサーサイト

美味しいお正月の準備。

DSC09946.jpg


12月に入ると、オットは何かと「良い正月を迎えるために頑張らないと!」が口癖になる。
その言葉は、今年最後の月を引き締めて乗り切ろう!と言う気持ちにさせるから不思議だ。
自宅の掃除をチョコチョコ始め、布巾やパジャマを新調し新年に備える。
美味しいお酒やチーズを見かけると、
「良い正月の為に・・・」とつい買ってしまう。

28日までには大掃除を終え、
オットの実家で『餅つき大会』を迎える。
釜でもち米を蒸かし、杵と臼で餅を搗く!!
その量、もち米15㎏!!
何度も何度も蒸かしては搗く。
ダイニングでスタンバイする女性陣の元へ、つき立ての餅が運ばれてくると、
手際よく、まずは食事用に仕上げていく。
私の嫁いだ地域では、
すり下ろした大根に焼き海苔、胡麻、醤油などで作る「からみ餅」が一番人気。
じゃんじゃん一口大につまみ、きなこや餡子、磯部餅もたんまり。

次々運ばれてくるお餅を伸し餅にしたり、
青海苔たっぷり入れた「海苔餅」は楕円に仕上げる。


DSC09949.jpg


子供たちは庭で身体じゅうを芝生だらけにするほど、
ゴロゴロと転がり、ゲラゲラの笑い声。
重たい杵を大人と一緒に持ち上げ、大きな掛け声で餅を搗く。

今年は30杯分の豚汁を作った。
みんなが搗き立てのお餅と熱々の豚汁を「美味しい!美味しい!」と頬張る。

「あ~。良い正月が迎えられるぞ。」
そう思えるのは、とってもしあわせなことだ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





うれしいクリスマスプレゼント

DSC09877.jpg

クリスマスの12月。
ひときわ大きな歓声を浴びたのは、こちらの布巾。
と言っても、ただの布巾ではなく~
パッチワーク風に刺し子が施された一枚!

cucin amicaの生徒さんの中でもブログ人気の高いちかちゃん♪
彼女の丁寧な毎日は、私も大ファンだ❤

そんな彼女からのクリスマスプレゼント。
まずはかわいいラッピングに驚き~~
ドライリーフに金色の『merry x'mas』のスタンプ。
赤い実と緑のリボン、クリスマスな包み紙!

これだけだって、「キャーッ❤」なのに、
包みを解くと、それはそれは美しい刺し子!
まったく刺し子の経験が無い私にだって、これがどれほど大変で、
丁寧に縫われたかが分かる。



DSC09879.jpg


私はブログから垣間見れられる、ちかちゃんの日常が好きだ。
美味しそうな常備菜や、きっちり収まった旦那さん弁当。
季節の花や、旅先の風景。
好きなカフェや雑貨。小さな器たち。
そこに添えられる控えめな文章。
端々に彼女の優しい魅力がキラリなのだ。



DSC09922.jpg DSC09924.jpg
DSC09925.jpg DSC09923.jpg


みんなの帰った302号室で。
ここかな・・・ここかな・・・こっちかな・・・
壁や窓やキッチンや、色んな場所に飾ってみる。
どこにでもしっくりくる。
手作りってそんな雰囲気を持っているのだな・・・。
そう思ったのだけど。
それもそのはずだった。
後日、ちかちゃんのブログでこの刺し子の布巾が私に為に作ってくれたのだと知ったのだ。
そうだったのかーっ
だから302号室のどこにでも合うのね。
とってもとっても嬉しかった。

一先ず自宅に持ち帰り、家族に自慢。
そしてそのひと針ひと針を見る。
じんわりと心が温かくなる。
たくさんの時間と情熱を掛けなければ仕上がらない。
そのちかちゃんの気持ちがとっても嬉しかったのだ。

本当にありがとう。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!












我が家のクリスマス会♪

DSC09899.jpg

週末。
毎年恒例の3家族合同クリスマス会が我が家で始まる。
最初はカップルだった2人が夫婦になり、家族が増え、
今では10人で集まるように。
かれこれ20年近く!? なかなかの付き合いとなった。

大人ばかりだった頃は、これでもか!と贅沢な食事を楽しむ日だったが、
今では子供も大人も楽しめる企画をするのが恒例となった。

今回は企画を姉が担当。
教育ママの姉らしく、歴史ネタや動物ネタを含めたクイズ大会となる。
さすが知育の鬼!!とヨイショを入れたくなるほど、
それはそれは面白いクイズ問題。
ところどころで、フラッシュカードが登場し、大人も頭をフル回転!
子供たちは夢中になり、「はい!!はい!!」と手を挙げ答える。
楽しく遊びながら勉強する顔を見て、久し振りに姉を尊敬したほどだ。
クイズの趣旨が理解できない3歳の凛太郎も、「はい!!」と手を挙げ、
指されると「はい!!」ともう一度返事をした。(答えを知らないのだ・・・笑)


全員が前のめりになり、喜んだり悔しがったり。
正解する度に貰える手持ちのカードを数え、本日の優勝者は商品をもらえる。

・・・・ところが。
あんなに楽しんだ子供たちの顔が曇る。
その理由は商品。
なんと優勝者には『かずのこ』・・・
その他も高級ソーセージや高級チップス。
どれも合理的な大人のおつまみばかり!!

そのあまりに姉らしいセンスに笑ってしまった。
子供たちの顔は曇ったままだったか・・・





DSC09906.jpg DSC09907.jpg
DSC09908.jpg DSC09909.jpg


お次は友人家族が作ってくれた『自家製人生ゲーム!!』。
シュールな彼女のらしく、一コマ一コマにブラックネタがキラリ☆ ちょっと掲載出来ぬほど~~~笑
子供たちが書いた「職業カード」。
私はバスガイドに。
裏面を見ると「出世したら人気バスガイドに。給料12000円」と書いてあった。
オットはボインの秘書。
しかし途中、不正献金の件で職を失う・・・。どこまでもリアル!

友人の旦那さんは「ニート」。
ニートなのに、途中で職を失うコマで止まり、ニートさえなれなくなった(笑)
その他にも巡査官、弁護士、清掃員、ネイリスト、・・・
様々な職種があり、結婚したり離婚したり、死んだり生き返ったり。
子供のかわいい発想や友人の相変わらずのブラックさに引きながら、
何度も何度も大笑いした。


食べて飲んで笑って遊んでのクリスマス会。
また来年も。みんなで集まれることを、今から待ち遠しく思うのだ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!















愛情オレンジピール

DSC06254.jpg


もう何年も御参加下さる、Tさんのオレンジピール。
その手間暇かけた美味しい味に、毎回歓声が上がる。

必ず、「ぜひ!教えて欲しいですっ」と声を上げる方が居るのだが、
口頭で作り方を聞くだけでも、「絶対に作れなそ~~~」と弱音に変わってしまうほど(笑)
それはそれは手間の掛かる味なのだ。

キレイに剥いた皮を、何度も何度も茹でこぼし、
タコ糸を幾重にも張った、手製の網を作り、その上に重ならぬように干す。
日々、何度も返して返して乾かしていく。
その食材に愛情が無ければ作れない、そんな一品だ。


オレンジピール、レモンピール、文旦ピール・・・
どのピールもほんのりとした苦みの中に、じんわりと甘味が溢れる。
お世辞ではなく、今まで食べたピールの中で一番美味しい! 本当にそう思う味だ。

Tさんは、私の母と歳が近く、Tさんの娘さんと私は同じ歳。
つまり親子ほど年が離れている。
美味しい手作りが得意で、私が教えて欲しいくらいの技術をお持ちなはずなのに、
ずっとクッキンアミカを楽しみに通って下さる。
若輩者の私のお料理に、「せんせい。今日も勉強になりました。」と笑顔で言ってくれる。
私はその一言で、肩の力が抜けて、身体中に嬉しい気持ちが満ち溢れるのだ。



今年も。
「みなさんでどうぞ食べて下さい。」と、お持ち下さった様々なピールたち。
他の生徒さんにも十分なほど行き渡る量に恐縮するほどだった。

自宅に戻り、戴いたピールをまずはひと種類、箱に移す。
Tさんのオレンジピールの大ファンな実家の家族に持って行き、
その貴重な味を一緒に愉しむのだ。

一口目は、いつもいつも胸が一杯になる。
たくさんの手間暇が掛かっていること、
たくさんのピールをひとつひとつきれいに包んであること、
たくさんの量をリュックに入れ、それを持って来てくれたこと。
Tさんのたくさんの愛情を感じずにはいられないのだ。


「料理は愛情!!」
子供の頃に見た料理番組で、料理家のおじさんが叫んでいたけど、
まさにそう。料理は愛情だ!!
そう思える、貴重な貴重な手作りの味。
私も頑張るぞ。そんな勇気をもらえる「愛情オレンジピール」だった。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





コツコツ下準備♪

DSC09890.jpg


まだ夜明け前の302号室で・・・。
今日もコツコツ下準備♪

今月はクリスマスレッスン。
いつもより品数が多く、かわいいメニューを用意❤
とは言え、シュミレーションチェックが甘いのか、単純に私の腕不足なのか、
毎回、それはそれはバタバタのレッスンなのだ^^:

なので、少しでもレッスンがスムーズに行くように、
今日もコツコツ下準備♪

写真は生春巻きに使用するための葉野菜たち。
フリルレタス、サラダ菜、ルッコラ、トレヴィスの順番にワンセットずつ重ねて置く。
こうして、「フリルレタスからトレヴィスまでが1セットよ~」と言う。
すると、生徒さんが1セットずつ取り、キュウリや人参、茹で鶏をきれいに包んで行く。
こんな小さな下準備だけど、やっておくとしないとでは大違い!

地味な作業の連続だけど、
私はこの時間がとても好きだ。
みんなの喜ぶ顔を想像しながら、ひとつひとつ丁寧に。



時計を見ると6時40分。
窓の外は白々と夜が明けて行き、朝が来る。
さて、今日も楽しい一日の始まり。
一先ず自宅に戻り、もりもり朝食を食べるぞーっ!










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


私の木曜日。

DSC09773.jpg


またまた『わたしの木曜日』シリーズ。(勝手に命名~~)

今日は遠方へ食材の買い出し&教室の下準備を颯の如く(大げさ~笑)終え、
『わたしの木曜日』恒例の常備菜作り。
そこに今日は「ねこまんまおにぎり」を加える。
川越散策で食べた「ねこまんまおにぎり」が美味しくて、
そのお店の店主さんに教えて戴いた通りに作ってみたものだ。

炊飯器でご飯を炊く際に、かつおだし粉をたっぷり入れ、
さらにかつおだし粉と一緒に寝かせた醤油を入れて炊く。
炊き上がったらおにぎりにして、海苔を巻き、
とんがり頭には、いわしぶし削りをどっさり。
本当に「ムホーッ!」と叫びたくなる美味しさなのだ。

お米三合分を全ておにぎりに結ぶ。
だいたい、その日のおやつに私が二個をぺろりと食べ、
凛太郎がぺろりと一個食べる。
その結びの大きさにオットがちょっと怯みながらも一個食べ・・・。
残りの4個は冷蔵庫へ。
翌日のおやつの際は、魚焼きグリルで「焼きねこまんまおにぎり」になる。
これも香ばしく最高に美味しい!



川越のお店では、店頭でお店の方が網で焼き、アツアツを販売。
行列が絶えず、一日にどれくらい売れるんだろう・・・と思うほど。
「なかなか上手くて美味い商売だね・・・」
友人とこそこそ話しながらクスクス笑うのだ・・・










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

お豆腐鶏団子と白菜の生姜スープ

DSC09807.jpg


この冬。
実家の父の家庭菜園のレベルがグングン上がり、
とうとうこんなに美しい白菜が届いた。

一枚一枚、葉を外して洗う。
その美しさに思わず「ほほぅ・・・」と言ってしまった。
美しい黄緑と黄色のコントラスト。
包丁を入れると、真っ白な芯が柔らかくて瑞々しい。
これは食べるのが楽しみだ。




DSC09637.jpg


拍子抜けするような暖かい12月だが、
朝晩の冷え込みは強い。
我が家ではとにかく、毎食の汁物を欠かさないようにしている。
どんなに忙しくても、具のたっぷり入った汁物を飲めば、
ぐっと体温が上がり、風邪を引きにくい!と信じているからだ^^


今夜は『お豆腐鶏団子と白菜の生姜スープ』。
父の白菜を存分に楽しめる一品だ。

お豆腐鶏団子は、鶏胸肉の挽肉に木綿豆腐を入れたもの。
卵や片栗粉を使わず、シンプルに挽肉と豆腐だけ。
柔らかくてほろほろと口の中でほどけるほど。
鶏団子にも生姜のすりおろしを忘れずに。

今日は白菜、葱、鶏団子の他に雲呑の皮を入れた。
この皮が、スープに食べ応えとチュルンとした楽しさをくれる。
ただのスープなようで、雲呑も楽しめる!
な~~んて言ってるが、これは手抜き料理から生まれたもの~~

仕事の後の食事作り・・・
慌ただしくて、雲呑を包む暇がない!
でも雲呑が食べたい!
だったら・・・鶏団子と雲呑の皮を別々に入れればいっか!と作ったのがきっかけだ。


白菜は柔らかくて甘かった。
生姜のたっぷり入ったスープは身体をポカポカと温める。
こうやって手作り野菜を食べれるのは本当にしあわせなことだ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!









はじめの一歩

DSC09887.jpg


12月らしい寒さの日曜日。
長年通って下さる生徒さんが、初めてのワークショップに参加と聞き、
美味しいパンを買いに伺った。

ステキなお庭を通り、カナディアンハウスの中に入ると、
そこには生徒さんのかわいいパンが並んでいた。

よそ行きの顔で並ぶパンたち。
頑張り屋さんで一生懸命な彼女の力作たち。
どの子も、どこかのキッチンで器に並び、誰かを笑顔にすると思う。
あのパンも。このパンも。そのシュトーレンも。
あの優しい味を私は知ってるのだ。


忙しい中、ずっとずっと御参加下さる上にいつも手製のパンを持参してくれた。
「いつか出来たらいいな~」
彼女のそんな言葉が、現実味をどんどん帯びて、長年努めた会社を辞めた。

新たな「はじめの一歩」を踏み出すのは勇気がいる。
歳を重ねた私たちなら尚更だ。
でも、いつも思う。
「これしかないのだ!これをやりたかったのだ!」そう思う気持ちは何物にも勝る。

きっとこの先、迷ったり悩んだりを繰り返すと思う。
でも、好きな事だからこそ湧く力を信じて、
美味しい美味しいパンを作って欲しいな・・・と思うのだ。


あれもこれも・・・と、買い込んで^^
車の中で待ってた凛太郎と甥っ子君は、「やったー!」と喜ぶ。
凛太郎は好物の塩バターロールを頬張り「美味しい!」と笑った。
やっぱりね。
彼女のパンはみんなを笑顔にする味なのだ。






DSC09874.jpg


こちらは302号室にて。
もう一人の手作りの達人!生徒さんの『栗の渋皮煮』と、
一緒に並べた彼女のシュトーレン。
どちらもうっとりな味でした❤










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




302号室にて・・・

DSC09882.jpg

12月教室がスタートし、302号室は今日もにぎやか。
狭い部屋をバタバタウロウロしながら(笑)
今月はとにかく作る!作る!作る!

cucin amicaの生徒さんはいつも本当に親切。
「せんせ、こっちは大丈夫?」
「せんせ、火加減大丈夫?」  (だいたい大丈夫?と聞かれる~笑)
うっかり者の私を心配しながら、じゃんじゃん作り上げていくのだ。

今月は二人一組で、グリル野菜を焼いたり、
揚げピッツァゼッポリーナを揚げたり、
混ぜたり切ったり、ガレットを焼いたり・・・

本当にみんなのおかげで、華やかな一皿が完成するのだ。







DSC09881.jpg


盛り付けは大好きな時間。
想い思いに野菜を重ねたり、お肉を立てたり。
キャッキャッと仕上げていく。


302号室は、部屋中が美味しい匂いに溢れ、
止まらないおしゃべりと笑い声。


忙しい12月に。
みなさんの大切な時間を戴けたことに感謝して。
今月もありがとうございます。

これからのみなさま。
どうぞよろしく~~~。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






ちょびっと川越日和♪

DSC09741.jpg


小春日和のとある日。
ほんの少しの時間を大活用して、散策好きの友人と川越へ。

とにもかくにも『かわいいお店』に詳しい彼女。
今日はまだ知らぬ川越を教えてくれると言う。 楽しみ~~~❤

そんなウキウキの中、思わず通り過ぎてしまいそうなほどの小さな小さなお店ーっ
かわいいかわいい雑貨屋『tenori』さん。




DSC09742.jpg DSC09745.jpg
DSC09743.jpg DSC09744.jpg

ギャー❤ なんてかわいいの!!
このセリフ・・・何度言ったか分からないほど。

もともとは消防小屋だったと言うお店。
なんと4坪!!(畳8畳分!)
その小さなお店にぴったりのかわいい店員さん。
彼女のハイセンスがキラキラと光る店内は、どこもかしこもかわいい~~

ところせましと並んだ雑貨たちは作家さんのものがほとんど。
ブローチも器も便箋も・・・本当にかわいいのだ。

でも私が最も感動したのは、店内の壁の色や扉の色だ。
写真がへたっぴで分かりにくいのだが、
店内の壁は薄いミント色。
入り口の扉は、水色にほんの少しグレーが入った色で、
その二つの色が、なんとも雑貨達を引き立てているように見えるのだ。

私も、もっと302号室をピカピカさせなくては!
素晴らしい刺激をもらえて満足満足^^





DSC09746.jpg


ペコペコのお腹を満たすべく、お次は酵素玄米を楽しめる『Lightning Cafe』♪

本日はビーフシチューハンバーグを注文。
ハンバーグの上には好物のマッシュポテト!
その上にシナモンパウダーが降りかけてあり、美味しい~。
マッシュポテトとシナモンが合うなんて・・・勉強になったな~^^

相変わらずの早食いで、あっと言う間に間食。
しまった~~~
玄米はよく噛まないといけないのにな(だから太る~~)







DSC09748.jpg DSC09747.jpg


もちろんデザートも忘れずに!
大好物のアップルパイ。
ドーム型のパイの中は、程よい甘さのリンゴがゴロゴロ。
珍しい色と形のカップに入ったソイラテ。
どちらも美味しい美味しい組み合わせ。


楽しいことを沢山知ってる彼女のおかげで、
わずかな時間だったが、今日も川越を満喫できた^^
ほんの少しのリフレッシュが、cucin amicaにたくさんの刺激をくれ、
また頑張るぞーっ!と心に思うのだ。

今日もありがとう。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







12月レッスン『パプリカのエスカリーダとクリームチーズのディップ』

DSC09872.jpg


今回は食パンをぺったんこにしてオーブンで焼くパンチップを用意。
そこにはクリスマスカラーのディップを❤

パプリカのエスカリーダとは、まる焦げにしたパプリカの皮を剥き、
オイルでマリネしたもの。
そこにクリームチーズと一緒に練り合わせる。
食べる直前にブラックペッパーを少々。

焼いたパプリカは甘味を増して、クリームチーズとの相性抜群。
そこにピリッとしたアクセントのブラックペッパーが加わると、
小さなパンチップが最高のおつまみになる。

今月は、とにもかくにも手軽で美味しいクリスマスメニューが目標!
みんなでワイワイ作るぞ~~~♪










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







12月レッスン『ゆで鶏の生春巻きサラダ~ピーナッツソース添え』

DSC09855.jpg


12月レッスンにカラフルな色彩を添えてくれる料理のひとつ、
『ゆで鶏の生春巻きサラダ~ピーナッツソース添え』。  長い名前だな~笑
普通にサラダとして出すよりも、生春巻きで巻くことで、
まるで小さなブーケの様❤
しかも食べやすい!

我が家の来客時には、長いお皿に揃えて出すのだが、
このサラダがいくつもテーブルに並ぶと、なんとも華やかになるのが嬉しい^^

添えるのは、ピーナッツペーストを合わせたソース。
お酒に合わせる時は、ラー油やチリパウダーを隠し味に入れる。
すると、一段と大人の味に~。

ソースは小さな器に入れて、ひとりひとりのお皿にのせる。
そして、自分で生春巻きの中心にソースを少量注ぐ。
すると、こぼれずに味もしっかり楽しめる食べ方になるのだ。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン