cucin amica

Tony。

DSC00422.jpg DSC00420.jpg
DSC00429.jpg DSC00419.jpg
DSC00421.jpg DSC00432.jpg

この冬。
ミネソタで暮らすトニーが日本で3週間滞在することに。
私の家族、姉家族、実家の両親。みんなが大好きなトニー。
ぜひぜひ我が家に!とお誘いし、
私たち家族も数日間一緒に過ごすことができ、
アメリカンな休日を体験できた^^

日本では節分月だったこともあり、
我が家では恵方巻きや押し寿司、天麩羅や角煮・・・
実家の両親も手製の料理をたんまり持参してくれ、日本食でおもてなし。
心優しいトニーは、何を出しても喜んで食べてくれた。
通訳をしてくれる従兄妹たちは、
食べる暇がないほど、私のおしゃべりとトニーの言葉を通わせてくれた。ごめんよ~


「次は何が食べたい?お好み焼き?たこ焼き?」と鉄板料理を勧める私に、
「今度は僕たちがおもてなしするよ!ファフィータを作るからね!」と言う。

感激~~~~(涙)


そう約束した夕方。
キッチンにはイケメン2人がなにやら楽しそうに料理中・・・。

「一先ず飲んでて~~」
と、言われて並んだ前菜たち。
カプレーゼ、横浜の(笑)美味しフランスパン、
パルマの生ハムたち~、最高だった黒トリュフ入りブリ―!!

オシャレなマンションで夕焼けを眺めながら飲むビールの美味しいこと!
注がれた微発泡白ワインの美味しいこと!!!






DSC00427.jpg DSC00431.jpg
DSC00433.jpg DSC00434.jpg


DSC00436.jpg DSC00437.jpg
DSC00439.jpg DSC00440.jpg
DSC00443.jpg DSC00442.jpg


キッチンからはメキシカンな香り・・・
覗いてみると、ビーフ&チキン!
私も密かに欲しいと調べていたグリルを使っている・・・なんか外国人の名前の付いたの

カラフルなパプリカは丁寧にカットされ、
フライパンでスパイスと一緒に焼いている。
トニーは何度もiPadを覗きこみ、レシピを見ながら作っている。
私が「楽しみだな~」と言うと、ウィンクと一緒に微笑む。
あ~。なんてステキ❤

従兄妹のマーサ(日本人・笑)は、
茹で卵やレタス、トマト、チキン、アボカド・・・
小さなナイフでキレイにカットし『コブサラダ』を作ってる。
そのしぐさや雰囲気がもはや外国人!うっかり日本人だと言うことを忘れてしまう・・・。

テーブルにはカラフルでスパイシーな料理がどんどん並ぶ。
メキシコ料理の「ファフィータ」。
先ずは、トニーがおひとつお手本を。

トルティーヤに、サワークリームをを塗り、
スパイシーに焼き上げたビーフ&チキン、
カットしたレタス、焼いたパプリカ、チップス、サルサソースやチリソースをかける。
それを包む!そしてガブリ!!

最高最高!本当に美味しい!
私は胸が一杯になってしまった。
遠いアメリカから来たトニーが、私たちのためにお料理してくれたこと。
そして彼の好きなメニューを私たちに食べさせてくれたこと。
「いつも美味しいお料理をありがとう」と言ってくれたこと。
トニーは本当に温かい人なのだ。


「またすぐに会いたくなっちゃう人だよね。」
シャイなオットが珍しくそんなことを言った。
トニーと再会したこの冬、一番驚いたのはオットがとても積極的に話してる姿だった。
拙い英語の単語を何度も連発し、それを抜群の受信能力でトニーが理解する。
大人になり恥ずかしさが先立ってしまい、なかなか会話できない私にとって、
それはグッと来る光景だったのだ。
凛太郎も、一緒に行った『ズーラシア』ではまるでトニーの子供の様に一緒に居た。
「ハローハロー!アイラブユー!」と大きな声で何度も言っている。
抱っこされ、頬にキスをしては、はしゃぐ。



みんなみんなが大好き。トニーはそんな人だ。
次に会えるのは夏。
私も少しは勉強しなくちゃなっ  いつも言ってる~~~笑











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




スポンサーサイト

日々ごはんメニュー『厚揚げと焼きナスの韓国風マリネ』

DSC00514.jpg


本日の日々ごはんは、『厚揚げと焼きナスの韓国風マリネ』。

当日は粗熱が覚めないうちに食べる。
焼きたての厚揚げや焼きナスに、少々濃いめに仕上げた韓国風のタレをかけて。
翌日以降分は、少々薄味に仕上げたタレに漬け込み保存。

そうして、メイン料理がお肉や揚げ物の時、
小さな小鉢に入れてテーブルに並べる。
すると、このさっぱりとした脇役料理が一層美味しくなる。






DSC00504.jpg DSC00505.jpg


小分けに切った厚揚げは、表面を香ばしく焼く。
ナスはグリルで真っ黒に焼き、熱々のうちに皮を剥く。
どちらもあまり小さく切ると、浸けだれが浸みすぎて味が濃くなるので大き目に。

コチュジャンやごま油、千鳥酢、島ざらめ(生ざらめ)。
風味のある島ざらめは浸けだれにコクを生む。
さっぱりした千鳥酢に合わせると、
甘味のコクがトロリとした茄子や厚揚げの油をもっと美味しくしてくれるのだ。

分かりにくいが、写真右。
胡麻は炒りごまとすり胡麻の2種類。
この胡麻の香ばしさが、韓国風タレに合うんだよな~^^










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







2周目の人生。

DSC00477.jpg



「子供を持つと、人生を2周する。」
テレビで芸人さんが、そんな風な事を言っていた。

その時、産後間もなかった私にはあまりピンと来ない言葉だったが、
最近それを何度も何度も実感する。

一番初めにそれを感じたのは、
走り回る凛太郎と一緒に公園で遊んだ時。
登ったアスレチックの上で、見渡した景色と頬に感じる風が、
「ああ。これって、子供の時の感覚だ。」そう思ったのだ。

その日をきっかけに、私はいくつもの2周目を実感した。
園の下駄箱の砂のざらつきや、職員室の空気。
水を含んだどろんこや、湿った土に潜むダンゴムシの感触。
椿の葉の硬さや、タンポポの綿毛。
凛太郎の高さで見る小さな世界は、幼い頃に感じたものばかりだった。

先日、横浜に向かう高速道路を走っていると、
「おおお~目の前に富士山!」と、オットが言った。
そう聞いた瞬間、私は大きな声で「あ~たまを~雲の~上に出し~~」と、
富士山の歌を歌っていた。
頭の中で、次の歌詞はなんだっけな~と思っているのに、
口からは次から次へと歌詞が出てくるのだ。
そして全部歌えると、楽しくて楽しくて大声で歌いまくった。

すると姪っ子が「歌えバンバンバン」を歌い始め、
一緒に歌ったら、またまたぜ~~んぶ!歌うことが出来た。
車内でみんなが本気で童謡を歌いだす(笑)

1周目の人生は、大人になり忘れてしまったようでも、
2周目に出会った時、あっと言う間にその空間に引き戻され、そしてまた体感するのだ。




庭のポーチ添いに咲いたクロッカス。
凛太郎は毎朝しゃがみこんで「いっぱい咲いてるね」と言う。
毎朝。毎朝。
寒い朝も。雨の朝も。急ぐ朝も。
毎日しゃがんで見るのだ。

一緒にしゃがんで見ると、無限に時間のあった子供の頃を思い出す。
人生の2周目。
あまり急がずにもう一度体感してみようと思うこの頃。
それがとても価値のある事に、思えるのだ。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







日々ごはんメニュー『がんもどき』

DSC00487.jpg DSC00480.jpg
DSC00482.jpg DSC00492.jpg

先日お知らせした『日々ごはんクラスはじめます。』
想像以上の嬉しい反響をいただき、俄然やる気満々でございますっ
開催は6月を予定。
それまで、少しずつ『日々ごはん』らしいメニューを載せて参ります。
6月の旬野菜。その時の気候に合わせたメニューに出来たらな・・・と思っております。


今日は厚揚げで作るお手軽『がんもどき』。
お豆腐屋さんで買うがんもどきも美味しいのですが、
自分で作る熱々揚げたての『がんもどき』は絶品です。
カラシ醤油やたっぷりすりおろした生姜醤油とも抜群の相性。

がんもどきの下味は本来軽い塩味。
しかし、鹿児島仕込みで育った私のがんもどきは少量の『きび砂糖』と、
ほんのちょびっとのお味噌。
この隠し味が優しい甘味を生み、好みの味になるなぁ・・と密かに思ってます。


日々ごはん。
「毎日」や「いつも」ではなく、日常の中に時々ある『日々』を美味しくしてくれる、
そんなメニューにしていきたいです^^
どうぞよろしく。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






Sis cafe & Okura

DSC00291.jpg


風の強いある日。
今日は楽しみにしていた『建物探訪&谷中散策』。
ところが出掛ける直前に私が「ぎっくり背中」になってしまった^^:
急遽、車で出掛けられる場所に変更してもらい、(すまんね~~)
友人のおススメカフェへ出掛けることに。

一件目は、新白岡にある『Sis cafe』さんへ。
お名前にもあるように、姉妹でお店を運営。
清潔感がありスタイリッシュ。なんとも居心地の良い空間。
壁の色や木枠の欄間が友人の好みだと言う。
ほんと~。ステキ~❤



DSC00292.jpg DSC00298.jpg

メニューは天然酵母のパンとマクロビ系のお食事。
マクロビ・・・なんでもガッツリ食べたい私に満足できるかしら?
そんな心配をよそに、出てきたハンバーガーの美味しいこと!美味しいこと!

テイクアウトスペースに、焼き立てのベーグルが並ぶ。
ハンバーガーセットを食べたばかりだと言うのに、
ベーグルも注文。
快く温め、カットまでしてくれた~~
オレンジピールとクリームチーズのベーグルはムチムチして最高のお味。


ふとこの居心地の良さはなんだろう・・・と、考えた。
そしてわかったのだ。
運営する姉妹さんが、私たちのように御歳を重ねた感じ。
どれも身体に優しいメニュー。
キャピキャピ感の無い感じ。そう言うのをすっかり通り過ぎてきた感じ。

この何とも言えない「通り過ぎたすっきり感」が、
いいのだ。

ほんと。いつも素敵なお店を教えてくれる友人に感謝。








DSC00304.jpg


「もう一軒行けるよね?」
そう言って目指したのは、蓮田にある『Okura』。
普通の一戸建てをリノベーションしたカレーショップ。
またまた手作り感がたまらない~~。





DSC00300.jpg DSC00301.jpg


数十分前にランチを食べたばかりだと言うのに、
しっかりカレーを注文。
私はキーマカレー。 友人は白身魚のレモン味のなんとかかんとか・・・。忘れちゃった^^:
スパイスのしっかり効いたカレーは本当に美味しかった。

外階段で上がる二階スペースは、
御座敷になってるらしく、次から次へと子連れママたちが来る。
ほほぅ。お座敷のあるカレーやさん。
これは小さな子供がいるママには良いよね~。



お店を出ると、裏には『古道具屋OPEN』の文字。
興味津々で入ってみると、センスの良い古道具や家具が並ぶ。
彼女の探す棚や欄間も、もしかしたら見つかるかも・・・そんな予感だ。



さすがにランチのはしごで、お腹がはち切れそうだった。
だけど、出掛けたからにはやっぱり二回は食べたい!
そんな私たちだが・・・
お互い帰宅後、胃薬を飲んだことを後に告白。(笑)

そうね。もう若い頃の様には行かないのねっ
でもまた一緒に出掛けたら、
「どうする?もう一軒行く?食べれるよね?」
と、聞き合うはずなのだ。

                          ダブルランチサイコー!!












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!







日曜日のマルゲリータ

DSC00054.jpg


子供が生まれ一番変わったことは、「休日の過ごし方」だ。
特に3歳になると、家で一日中過ごすなんて無理!!
さーて、晴れの日は動物園!ハイキング!
雨の日は水族館!スケートリンク!
のんびり過ごす休みなんて縁がないのだ。

ところが最近、救世主が現れる!
と言うのも、それは従兄妹たちの存在だ。
私の姉には5歳の姪っ子。
オットの妹には7歳と9歳の甥っ子がいる。
この従兄妹の存在こそが、我が家の一人っ子の最も楽しい世界になっているのだ。


久し振りに家族3人で過ごそうとしていた日曜日。
朝9時に電話が鳴り、凛太郎は大興奮!
歩いて数分の祖父母の家に従兄妹が来てると聞き、
「おにいちゃんとこ行く~~~」
せっせと、自分のリュックにガラクタを詰め込み行ってしまった・・・。

家族3人で行く動物園よりもスケートよりも。
従兄妹たちとただただ走り回るのが楽しいのだ。
甥っ子君が来ると、
我が家の庭のガラクタは、たちまち遊び道具になる。
姪っ子が来ると、
家の中のなんてことないものには、あっという間に魔法が掛かり物語が始まる。
お店屋さんが始まり、おつりを多くくれる店員さんがいる。
お布団を引っ張り出した押入れから飛び降りる、
暗くした部屋には小さなライトをいくつも灯したり、
お風呂でペインティングしたり、裸でゲラゲラ笑ったり。
子供たちの世界は、眩しいくらいピカピカだな~と心底思うのだ。


遊びに行った凛太郎。
当然、お昼になったからと言って帰って来やしない・・・。
電話で聞くと、庭を駆け回っているらしい。
そんなわけで急遽ピザを作った。
フィリングが何も無いので、シンプルにマルゲリータ。
大判を3枚焼き、アツアツを伸し餅用のケースに重ならないように入れた。ダサいけど運びやすい~~~笑

業者のようにケースを抱え、冷めないうちに足早に~。
突然現れたピザ屋の母さんを見つけ、
凛太郎は「連れ戻されるのでは・・・」と茂みに隠れている(笑)

焼き立てピザは、お庭でカット。
子供たちは寒さなんてそっちのけっ
甥っ子君たちは大喜びで食べてくれた。
それがとても嬉しくて、
子供たちが集まる日曜日はピザを焼くこの頃。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!











黒豚鉄板懐石オオノ

DSC00223_20160206074939f71.jpg

節分近くの休日。
実家の両親を誘って川越へ。
お店は「黒豚鉄板懐石オオノ』へ。
2年程前に、近くを通ったオットが「なかなか雰囲気の良い店構えだから行こうよ」と言ってくれたが、
当時、高齢出産でてんてこ舞いだった毎日に忙殺されていた。

お店はベーコンで有名な「ミオ・カザロ」の姉妹店。
なるほど~。豚肉が美味しいわけだ!

店内は開放的。
清潔感のあるキッチンでは料理人の方々。
お料理を運ぶスタッフさんは、年配のおばさま方。その雰囲気が程よい田舎感を出し居心地がよかった^^
夜は鉄板料理のため、少々お高めだが、ランチはリーズナブル!
3500円でコース料理が十分に堪能できる。

写真は一皿目の前菜。
白身魚のすり身で巻かれたのはソーセージ!
周りのすり身もしっかり焼いてあり、フワフワ。豚肉とお魚でも美味しい♪
パテもかわいい黒豚さんの抜型。目にも美味しいお料理だ。

興奮して次々食べてしまい、なんと2品目から既に撮り忘れ^^:





DSC09912.jpg DSC09911.jpg DSC09913.jpg DSC09914.jpg
DSC09917.jpg DSC09915.jpg DSC09918.jpg DSC09921.jpg

↑、こちらは昨年末に行った時のコース料理。
12月だったこともあり、あしらいのグリーンが柊。ステキ

サラダの野菜は近くの畑で育てているもの。ドレッシングも美味しい。
小さな小鉢で付くお刺身も新鮮で美味しかった。
豚の角煮、豚肉の鉄板焼き、野菜のグリル、新鮮なお新香、炊き込みご飯、お味噌汁・・・
最後は軽いデザートとコーヒー。


食材は自社で作ってるものも多いが、卵や珍しい野菜は近隣の養鶏場や農家さんからとか。
地産地消。フードマイルの短いエコなコース料理を堪能できた。




DSC00224.jpg

こちらは凛太郎のお子様ランチ。
あまりの肉肉しさに、大人も少々怯んだが(笑)
手作り出来たてのソーセージが美味しかった^^












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!








4月教室のごあんない

DSC00339.jpg DSC00325.jpg
DSC00098.jpg DSC00364.jpg

『4月のレッスンメニュー』

*春のカラフルタルティーヌ~あさりと葱のグリーンソース
クリーミーなアボカド、サーモン、マグロ、塩豆腐には旨味のある下味♪
ふっくらのお豆や、旬を迎えるカラフルなミニトマトを添えます。
あさりのコクと少々辛みのある葱を合わせた、色鮮やかなグリーンソースが美味しい、
春らしいタルティーヌです。

*春のミニカップキッシュ
マフィンの型に餃子の皮を敷き、かわいらしいカップに。
芽キャベツやそら豆・・・その時に美味しい春野菜を合わせたお手軽ミニキッシュです。

*美味しい塩とからすみパウダーのペペロンチーノ
美味しい塩を効かせたペペロンチーノ。
コクのあるからすみパウダーを合わせた、小さなパスタです。

*タルティーヌブレッド 
おもちかえり用のパンは、この時期美味しく焼けるタルティーヌブレッド。
使用するお粉は、まだ未定です。決まり次第お知らせ致しますね。


          **  4月教室 開催日 **

おかげさまで満席になりました~ ありがとうございまーす!

               
               2(土) 満席
               6(水) 満席
               9(土) 満席
              13(水) 満席
              16(土) 満席
              20(水) 満席
              22(金) 満席
              23(土) 満席
              
                            
                       印は残席の数です。
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            既に満席、残席の数につきましてはご了承くださいませ。
            新規お申し込み、キャンセル待ち等も随時受け付けております。
            キャンセル発生の際にはご連絡いたしますので、
            ご希望日を明記の上、お申し込み下さいませ。

       
          

          **お願い**
          当教室はタルティーヌ作りをメインとした「初心者様対象教室」になっております。
          パン教室をお求めになるお客様、高度な技術を習得したいお客様には、
          物足りないレッスンとなっておりますので、
          ご了承の上、お申込みいただきますようお願い致します。

          尚、お料理教室、パン教室主宰者の方の御参加はご遠慮いただいております。
          大変申し訳ありませんが、ご了承くださいませ。



*****************************************
                                
        さいたま市の自宅キッチンで開くパンと料理の小さな教室です。
         (この度、小さな302号室にお引越しです♪)
        あらかじめニーダー捏ねした生地を成形からスタートのパン作り。
        グループ作業ではありませんので、最初から最後までゆっくり作業していただけます。
        お作りいただいたパンは、全てお持ち帰り出来ます。

        パン作りの発酵時間&焼成時間を利用して、
        パンとのペアリングを考えたお料理を作り、
        旬の食材をたっぷり合わせたタルティーヌ(オープンサンド)を
        楽しむことが出来るランチ付きのクラスです。
              
         お気軽にお問い合わせくださいませ。
        cucin_amica@yahoo.co.jp

        cucin amicaタルティーヌ教室は、技術先行ではなく、のんびりした教室です
        パン作りの初心者さん、お料理好きの方、お待ちしてます。

                    *料金・場所などの詳細は 「料金について」をご覧くださいませ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


4月のレッスンメニュー&開催日程のおしらせ

DSC00339.jpg DSC00325.jpg
DSC00098.jpg DSC00364.jpg

『4月のレッスンメニュー』のごあんないです。

*春のカラフルタルティーヌ~あさりと葱のグリーンソース
クリーミーなアボカド、サーモン、マグロ、塩豆腐には旨味のある下味♪
ふっくらのお豆や、旬を迎えるカラフルなミニトマトを添えます。
あさりのコクと少々辛みのある葱を合わせた、色鮮やかなグリーンソースが美味しい、
春らしいタルティーヌです。

*春のミニカップキッシュ
マフィンの型に餃子の皮を敷き、かわいらしいカップに。
芽キャベツやそら豆・・・その時に美味しい春野菜を合わせたお手軽ミニキッシュです。

*美味しい塩とからすみパウダーのペペロンチーノ
美味しい塩を効かせたペペロンチーノ。
コクのあるからすみパウダーを合わせた、小さなパスタです。

*タルティーヌブレッド 
おもちかえり用のパンは、この時期美味しく焼けるタルティーヌブレッド。
使用するお粉は、まだ未定です。決まり次第お知らせ致しますね。



さて。開催日のお知らせです。
本日より、御参加中の生徒さまへ募集のメールをお送りいたします。
もしご都合が合いましたら、ぜひ御参加下さいませ♪

御参加中の生徒さまのお申し込み受付後、サイト内にて一般募集を致します。
こちらもどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ~。

お待ちしておりまーす!



          **  4月教室 開催日 **
              
                 2(土) 
                 6(水) 
                 9(土) 
                13(水) 
                16(土) 
                20(水) 
                22(金) 
                23(土) 

************************










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!









3月のレッスンメニュー

DSC00109_201602060658148c8.jpg DSC00313_2016020606581621b.jpg
DSC00102_2016020606581396e.jpg DSC00315_20160206065817675.jpg

『3月のレッスンメニュー』のごあんないです♪

*ビーフストロガノフのタルティーヌ
簡単に出来る自家製デミグラスソースをを作り、美味しい国産和牛と数種類のきのこを合わせます。

*色々お豆のマリネ&グリーンサラダ~フレッシュ野菜のドレッシング
炊き上がったばかりのホクホクのお豆をマリネにしたり、そのまま合わせたり・・・。
新鮮なグリーン野菜には、リンゴや人参などを合わせた自家製ドレッシングでいただきます。

*黒胡椒のキッシュ
濃厚なビーフストロガノフに合わせて、シンプルなキッシュにしました。
シンプルなアパレイユに黒胡椒がピリリ!手軽に作れて、おつまみにもぴったりなキッシュです^^

*タルティーヌブレッド~春よ恋~
おもちかえり用のパンは、この時期に美味しく焼ける『タルティーヌブレッド』。
香ばしく小麦の甘さ香る、北海道産強力粉春よ恋で作ります。


『開催日程』のごあんない おかげさまで満席になりました~ ありがとうございまーすっ
          **  3月教室 開催日 **
              
               2(水) 満席
               5(土) 満席
               9(水) 満席
              12(土) 満席
              16(水) 満席
              19(土) 満席
              25(金) 満席
              26(土) 満席
              

*************************************

みなさまが、『3月教室』にお申込み戴いたのは昨年12月。
ご自分のお申込み日をお忘れになったかたも居るかも・・・・
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ^^












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




『日々ごはんクラス』はじめます。

DSC00278.jpg

本日の『日々ごはんメニュー』。
*鶏天からしポン酢 *人参のきんぴら明太子和え *小松菜かに玉あんかけ
*揚げ里芋の甘辛煮 *とら豆のマリネ *ピーナッツ豆腐 *蒟蒻の生姜煮 *蓮根のきんぴら


40歳。私は40歳になりました。
cucin amica を始めて8年。ありがたいことにオープン当初からずっと続けて下さる生徒さんも多数おり、
一緒に歳を重ねることが出来る人が、たくさんいることを嬉しく思います。
とは言え、歳を重ねるにつれ様々な事で体調が変わり、
心の浮き沈みや身体の不調の出現!
そんな中でも、毎月302号室のキッチンに立てたのは、
いつも明るく励まし合えた生徒さんたちのおかげです。

私がタルティーヌ教室を始めた頃、日本ではタルティーヌはまだまだ無名でした。
だからこそ私は、1枚のスライスしたパンに無限の可能性を感じ、
来る日も来る日も、パンの上にのせるフィリング作りに燃えました。


でも。40歳になり、40代を始めてみると、
私の食に対する姿勢が大きく変わり始めました。
もともと自宅での食事は和食がほとんどでしたが、
ほっくり蒸し上がった里芋にトキメキ、出汁の中にしっとり浸るインゲンにうっとりし、
手作りの味噌や麹に、今まで以上にグッと来てしまうのです。

腕が無いから・・・道具が無いから・・・高価な器を揃える財力が無いから・・・(笑)
様々な理由から、和食のレッスンなんてまだまだ無理!と決め込んでいましたが、
私は私らしく、「いつもの日々を少しだけしあわせにしてくれる」、
そんなお料理をお出し出来たらと思ってます。

あ!もちろんタルティーヌ教室を軸として。
年間2回(ふた月)を目標に開催出来たら・・・と思っております。
また日程が決まりましたらお知らせ致しますね。



レッスンは、写真の様に豆皿や小鉢をたくさん並べていただきます。
季節のお野菜をたっぷり使い、美味しいご飯と汁物も一緒に。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





情熱の干し柿

DSC00059.jpg


里帰り中の友人を訪ね、凛太郎と遊びに行った。
車を止め、ふと見上げると寒空の干し柿。
「見てごらん!柿だよ!」、凛太郎に言う。

去年は上からずらりと吊るされた干し柿のカーテンだった。
その姿もなかなかの圧巻だったが、今年はサークル型に吊るされて可愛い。

暖かい室内に招かれ、
彼女のお父さんと干し柿談義。
おじさんは、如何に清潔に干せるかを研究していた。
おばさんが剥いた柿に手を触れず、尚且つ吊るした重みで落ちないように、
重ならないように、風通しが良いように・・・
まさに『研究』と言う言葉がぴったりなくらい、研究を重ねた干し柿なのだ。






DSC00062.jpg

ベランダに出て、干し柿をじっくり観察。
柿のヘタ部分に僅かに残された茎。そこをクリップで挟んでいる!
なんてすご技!
しかもサークル型のワイヤーは胡蝶蘭などに添え木として使われていた廃材。
風通しが良いように等間隔に吊るす部分は細い針金をフックにしてある。

その他にも試作品を見せてくれたり、
失敗談を話してくれたり。
フムフム聞いたり、大笑いしたり。
でも何より驚いたのは、こんなに情熱を持ち作る『干し柿』をおじさんが苦手で食べられないことだった!
ウソでしょ~~~



ダイニングでは彼女のお母さんの作るお昼ご飯を美味しく美味しく頂いた。
子供たちは広いリビングをオモチャだらけにして遊んでいる。
私たちは食後のカプチーノのまで愉しめた。

凛太郎は友人の娘ちゃんに遊んでもらいご機嫌。
来年は小学生なんだね~
そんな話をしながら、ふと気が付く。
小学1年生。私と彼女が出会った歳だ。
こんな小さな頃から、一緒に机を並べていたのだと思うと、
今も一緒に居られることを、とても嬉しく感じた。

彼女は遠く離れた土地に暮らし、お互いに親になり忙しい毎日だけど、
こんな風に実家で会うと、
あっと言う間に子供の頃に戻ってしまうから不思議だ。
そして毎回思うのだ。
歳だけみたら、立派な(笑)オバサンだけど、
心はビックリするくらい子供のままだな~。 なんてねっ











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!











SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン