cucin amica

10月レッスンメニュー&開催日のおしらせ

DSC01197.jpg DSC01183.jpg
DSC01184.jpg DSC01186.jpg


みなさまこんにちは~
こちらも募集開始予定日を過ぎてからのおしらせになりすみませ~んっ
本日より10月教室のごあんないです。
お肉をたんまり食べた9月レッスンの次は・・・
魚介レッスンになりまーす!


*10月レッスンメニュー*

『イカのフリットとアボカド ヴィエルジュソースのタルティーヌ』
フリットしたイカ、ライトアリオリソースととびっこで和えたアボカド、
そこに魚介にピッタリの温かいヴィエルジュソースを合わせます。
写真がなんのこっちゃわからない感じですが(笑)なかなか美味しいパニーニです^^

*)ヴィエルジュソースとは・・・写真右下
  プロバンス風の温かいドレッシング。
  隠し味にアンチョビを加え、甘いトマト、ハーブと合わせます。
  魚介料理にピッタリの軽いソースです。



『あさりとフレーゴラのズッパ』
イタリアサルディーニャ島の伝統的なパスタ「フレーゴラ」。
まるでお茶漬けあられの様なパスタは、あさりの旨味をぐっと吸い込み、
美味しい歯応えを与えてくれます。
9~10月。二度目の旬を迎えるあさりと一緒に美味しいスープに仕上げます。


『白身魚のカレーマリネオーブン焼き』
安全な白身魚をふっくらと焼き、
カレー風味のセロリと玉ねぎでマリネ。
召し上がる直前にオーブンで焼き、熱々を愉しみます。

『お持ち帰りパン』
タルティーヌブレッドを予定しておりますが、まだ考え中・・・です。





          **  10月教室 開催日 **
              
                 1(土) 
                 5(水) 
                12(水) 
                15(土) 
                19(水) 
                22(土) 
                28(金) 
                29(土) 
                           
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            
                    *料金・場所などの詳細は 「料金について」をご覧くださいませ。














スポンサーサイト

9月レッスンメニュー&開催日のお知らせ

DSC01010.jpg DSC01204.jpg
DSC01116.jpg DSC01077.jpg


たたたたた大変遅くなりましたーっ
「9月教室レッスンメニュー」のお知らせです。

メインメニューは、
『ローストビーフのタルティーヌ』。
安全美味しい牛肉を簡単なローストビーフに。
定番のマッシュポテト、エゴマスタード、
合わせるソースはジュレにして食べやすく。

『グリル野菜のオイル漬け』
その季節に美味しい野菜をグリルパンでじっくり焼き、
ハーブとニンニクのオイルに浸けこみます。
たっぷりのお肉にはたっぷりのお野菜を!

『トウモロコシのムース~和風ジュレ仕立て』
残暑の残る9月。
美味しいテーブルにひとつ。冷たいムース。
濃厚なトウモロコシのムースに、隠し味に生姜を効かせた和風ジュレを合わせます。

『スパイスフーガス!』(おもちかえりパン)
硬くて噛み応えのあるフーガス!
ビールに合うスパイシーな味に仕上げます。
その日の夕食にぜひ食べて欲しいです^^ ←翌日、恐ろしいほど硬くなりますので~



もうすぐ9月! みなさまにお会い出来るのを楽しみにしておりまーす!




               おかげさまで満席となっております。ありがとうございますっ

          **  9月教室 開催日 **
              
                 3(土) 満席
                 7(水) 満席
                10(土) 満席
                14(水) 満席
                17(土) 満席
                21(水) 満席
                23(金) 満席
                24(土) 満席
                           印は残席の数です。
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            既に満席、残席の数につきましてはご了承くださいませ。
            新規お申し込み、キャンセル待ち等も随時受け付けております。
            キャンセル発生の際にはご連絡いたしますので、
            ご希望日を明記の上、お申し込み下さいませ。











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


       
          




こども料理教室!

DSC01138.jpg DSC01142.jpg
DSC01147.jpg DSC01148.jpg
DSC01155.jpg DSC01164.jpg


楽しいことてんこもりだった夏休み。
その中で、私がとっても楽しみにしていた『こども料理教室』♪
美味しいイタリアンレストランで、子供たちが本格的なイタリアンを経験できるのだ。

4歳になってまだ数日の凛太郎。
ちゃんと出来るかな~~
みなさんに迷惑を掛けないかな~~
そんな心配をよそに、それはそれは真剣に取り組んだ。

おばあちゃんに作ってもらったエプロンとバブーシュカは、
大好きな姪っ子とお揃い❤
やる気に満ち溢れた二人を見てるだけで、泣きそうになる(笑)

世界第6位!のピッツァイオーラ(ピザ職人)さんがいるレストラン。
その方が一緒に教えてくれるピザ作り。
あらかじめ、ソースやフィリングを選びトッピング。
釜を覗き、火加減をフムフム・・・
長いピザピールに手を添えさせてもらい、取り出す顔が真剣過ぎる!
ツナソースに、キノコ、茹で卵、ウィンナー、海老・・・
自分で選んだのだと思うと、それだけでまた泣ける~~

子供たちがお料理してる間、ママたちは美味しいブッフェに舌鼓。
姉と、姉の友人の超!美人ママとの参加。
キンキンに冷えた白ワインを愉しむ。なんて最高なんだ!!!

初めてのピッツァは感激の味だった。
自分で作れた喜びを、にんまり顔で教えてくれる。
さてさて、次はパスタ作りらしいぞ~~

今回作るのは『手打ちパスタ トロフィエ』。
生地を細い棒状に伸ばし、小さくカット。
掌ですり合わせるように細長く伸ばす。
「ナメクジみたいだね~」
・・・その表現は間違ってないけど、食べ物だからやめようね~。諭すが無視。何度も言ってた。

トロフィエは、みんなでバジルの葉をミキサーに入れて作ったジェノバ風となった。
自分で作ったトロフィエを一人ずつシェフの元へ持って行き、
ジャガイモとインゲンを合わせたパスタに仕上げてもらう。
途中スプーンで味見をさせてもらい、塩加減を問われる姿が嬉しそうだった。

用意されたビュッフェもレパートリーに飛んでおり、
ワインがすすむススム~
子供たちには最後、パフェ作りも用意され、その行き届いた楽しさに感激した。

幼い子供を持つ親にとって、夏休みのワイン付きランチなんて夢のまた夢だったけど、
素晴らしいスタッフのおもてなしと、料理作りを身体中で楽しむ子供たちのおかげで、
私たち母親も最高の一日を愉しめた。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






白身魚のフリット カラタルソースサンド

DSC01028.jpg

夏休みの凛太郎。
「お昼ご飯はなにを食べたい?」と聞くと、
「てんぷら~。ごぼうとかも~。」と言う。
この暑いのに天麩羅を食したいと思うなんて、
どんなに暑くても食欲の落ちない私の遺伝子を受け継いでいるな・・・と思う。

ごぼうはさて置き、冷やしうどんに天麩羅!
最高の組み合わせだな~と思う。
とは言え、冷蔵庫を覗くと・・・
昨夜ムニエルにし損なった白身魚と、そろそろ食べきった方が良い自家製ピクルス。

「あー!お魚のサンドイッチが出来るよ!」と大袈裟に叫んでみた。
単純な三歳児は、大きな声で言うと、それを特別に楽しいことだと解釈する傾向がある。
「やったー!」と喜んだ後、
「お醤油味なの?」と、怪訝な顔で聞いてくる。
魚と言えばお醤油味・・・単純な解釈に吹き出しそうになるが、
98%白米等の我が家で、パン料理が食卓に上がることが少なすぎるから仕方ない。
もっとパンを食べさせるべきなんだろうか・・・。


ふっくらの白身魚は、小麦粉を炭酸水で溶き、フリットにした。
自家製のカラフルなピクルスたちは細かく刻み、
茹で卵とマヨネーズと合わせた。

ここまで作ってから、パンが無いことに気が付く~~~
ジリジリと太陽の照りつける中、フランスパンを買いに行く。
店内にある「チョココルネ」をねだられ、おひとつ購入。


汗だくで戻り、やっとやっとの「フリットサンドイッチ!」
美味しいけど、なんだか雑な味だった。
色んなことが中途半端になる夏休み。
じっくりお料理したいけど、なかなかそうは行かない夏休み。

隣の凛太郎はホクホク顔で「チョココルネ」を頬張り、
「これ美味しいね。ブヒヒ~」と笑った。

                           先にサンドイッチ食べなさいよーっ









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




真夏のジュース

DSC01083.jpg


暑くなると、毎年食べたくなるのが『ゴーヤゼリー』。
フレッシュゴーヤを水と一緒に攪拌し、
晒でギュッと絞ってこしたゴーヤジュース。
ゼラチンで固めてゼリーにする。
一口食べると、その苦さに慄く。
でもそこに、
美味しい100%オレンジジュースを半分になるまで煮詰めたソースを合わせると、
それはそれは夏に美味しいデザートになるのだ。

しかし・・・
最近では、ゼリーにもせず。
オレンジソースにもせず。

絞ったゴーヤジュースとオレンジジュースをただ合わせて飲むのが好きになった。
「くわ~~~苦い!」
思わず声に出すほどだが(笑)
この苦いフレッシュジュースがなんとも癖になるのだ。

息子との外遊びで、紫外線を浴びる時間が長くなったせいか、
顔のアトピーが今年は酷い。
このビタミン溢れるジュースを飲んで、
暑い夏を乗り切りたいと思うのだ。






 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

包みピザ風ピロシキ

DSC01044.jpg


あの油っこいけど美味しかったピロシキ風揚げサンドが忘れられず、
色々と模索中~~
今回はカルツォーネ(包みピザ)風にしてみた。
いつも通りの風貌ではなんとなくつまらないので、
今回はお花のように成型。
ちょっと写真じゃ分かりにくいが、この小さな三つの包みは中心でつながっている。
真上から見ると花びら三枚❤な感じなのだ。  (だったら真上から撮ればよかったのにね~)

この包み方。
レッスンでやったらみんな喜ぶかも~
ウホウホと包んだ。
焼き上がりも、まあまあ可愛い。

しかし・・・食べてみるとイマイチ~
ピロシキって、ほんとの本場では揚げるよりも焼いたタイプが主流と聞いて、
ますます良いじゃん!と思って試作したけど。
やっぱり油が恋しい仕上がり。

色んなタイプで試作し、食べまくった『ピロシキ風・・・』。
もう飽きちゃって、美味しい味を見失う・・・

                      このメニュー。
                                  一旦、棚上げしまーす! 笑











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン