cucin amica

好きなもの

DSC01501_2016112916292625c.jpg


インフルエンザの予防接種を受けた翌日から体調を崩してしまった息子。
フワフワとした熱を繰り返し、珍しく食欲が減り心配した。
結局、一週間も登園できず、
息子への心配と進まない自分の仕事への焦りばかりが募った。

お日様がポカポカした日。
登園出来そうだけど、あまり無理をさせたくなく大事をとってお休み。
今日は息子も一緒に友人の新しいお家へ出掛けることに。

いつかカフェとなる彼女の『小さなお家』。
太陽の陽射しがたっぷり注がれた室内は、
長い年月を掛け集めた、彼女の好きなものだけで溢れた空間。
それはそれは感動だった。






DSC01503.jpg DSC01508_20161129162656d91.jpg
DSC01513.jpg DSC01504.jpg


さつまいものパンと一緒に出てきた甘くてスパイシーなチャイ。
息子は自分とよく似た顔のくまさんパン。

どこを見てもかわいい子たちがそこかしこに居て、
目線の先がいつも楽しい。
小さな鳥。にんまり寝転がった河童。灯りの点くハリネズミ。
バク、うそどり、さまざまな種類のシェード。切り絵。そしてたっくさんの本!
小さなクリスマスを見つける度に、「またクリスマスいたよ~」と言う息子。
大人だって子供だって楽しい空間なのだ。


美しく色づいたドウダンツツジが、白い塗り壁に映え、
ひとつひとつ集められた家具と調和している。
そんなオシャレな空間で食べる『パクチーポテトチップス』!
息子は一口食べ、「へんな味する~」と言った。
大好物の赤いコーラ!
彼女曰く、缶が一番美味しいらしい・・・
コーラに浮いたフレッシュレモン。やっぱりオシャレ~^^


気持ちばかり焦り、のんびりすることの無かった一週間。
友人の「すきなもの」で溢れたその部屋で過ごす時間は、
親子共々、心も身体もリフレッシュさせてくれたように思う。
どうもありがとう。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






スポンサーサイト

12月レッスン『揚げ豆腐の甘酢あん』

DSC01421.jpg

私はお豆腐が好きだ。
ほぼ毎日食べていると思う。
お味噌汁には欠かさないし、和中料理での使用率も高い。
そして最近では『温泉湯豆腐』なるものにもはまっている。

シンプルヘルシーでも美味しいのに、お豆腐は油との相性が抜群だ。
そんなお豆腐料理のひとつ『揚げ豆腐の甘酢あん』。
軽く水切りしたお豆腐を片栗粉でびっちり厚化粧し揚げ焼きする。
もちろんじんわり浸み染みの『揚げ出し豆腐』も最高だけど、
表面のカリカリを楽しみながら食べられる『揚げ豆腐』もなかなか美味しい。

甘酢あんにバルサミコソースを隠し味で入れるのが我が家の定番。
酸味がまろやかになり、甘さとのバランスが良くなるのだ。

こちらも12月のメニューに登場しますよ~










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





12月レッスン『油淋鶏』

DSC01477.jpg

12月レッスンの一品『油淋鶏』。
若い頃は中華料理屋に行くと、必ず頼んでしまう甘酸っぱくて辛くて油とサイコー!に合う揚げ鶏。
しかしこれ、家でも簡単に出来るので、今では我が家の定番中の定番。

ポイントはソースのニンニクと生姜のみじん切りを油で熱して置くこと。
生のままソースになることが多い香味野菜だけど、
しっかり油で熱することで、まろやかで柔らかな胃に優しい味に。

たっぷり食べてしまいがちだけど、一枚の鶏を丁寧に観音開きにし、
漬け汁に浸けることで、意外と量を食べずに済む。

ま、揚げ物を食べる時にカロリーを気にするなんてナンセンス!!ですけど~


DSC01482.jpg

揚げたてに、ザ~~とソースをかけてテーブルに並べる料理だけど、
私は食べる直前に一切れずつソースをかけて食べるのが好き。
バリバリカリッ!と、衣に酸味のあるソースが染み込む寸前を楽しみたいのだ^^

みんなも歯茎に傷をつけないように食べてね!ブシシ~










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

12月レッスン『大鉢茶碗蒸しのひき肉あん』

DSC01470.jpg DSC01452.jpg
DSC01460.jpg DSC01426.jpg

我が家の数ある『日々ごはん』の中で、
簡単なのに、家族や友人に大人気の『大鉢茶碗蒸しのひき肉あん』。
ひとつひとつ蓋付きの器で作るより、ずっと手軽。
定番茶碗蒸しの様に銀杏、鶏肉、椎茸・・・具材の下ごしらえもないから増々手軽。
その上、ど~ん!とテーブルにのせ、
深い小鉢にその場で取り分けるから、なんだか盛り上がる^^

お出汁のきいた卵がトロンとして美味しい。
白葱と生姜の香り立つ「ひき肉あん」が卵の甘味を引き立てる。
空っぽになった大鉢をみると、ウホホッと思う。

そんなお料理を12月メニューのひとつに選びました。
寒さ深まるこの季節。
大鉢から湯気が立ち、食卓をにぎやかにする。
みんなの『日々ごはん』に加えてもらえたらうれしいなぁ。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!






12月レッスン『ごちそうのたね作り』

DSC01444.jpg DSC01438.jpg
DSC01432.jpg DSC01422.jpg

またまた遅くなりました~~^^:
12月教室のごあんないですっ

毎年12月はわいわい作ってモリモリ食べるパーティーメニューが恒例となりました。
今年はアジアンテイストを少々盛り込み、
たくさんの『ごちそうのたね』を作りたいと思います。
写真は『ワンタンスープ』と『野菜春巻き』。
どちらも丁寧なたね作りが、とっても大切。
ちょびっと面倒な下ごしらえも、ほんの少し丁寧にすると日々のごはんがごちそうになります。
そんなたね作りを『8品』予定しております。
今年最後のレッスン月。みんなで楽しい忘年会になるといいな~♪

お申込み、お待ちしておりまーす!


          満席になりました。ありがとうございまーす!


          **  12月教室 開催日 **
              
                 3(土) 満席
                 7(水) 満席
                10(土) 満席
                14(水) 満席
                16(金) 満席
                17(土) 満席
                21(水) 満席
                24(土) 満席

                           印は残席の数です。                           
                          (1クラス8名・女性限定)



          注)レギュラー生徒さま、お申込み待ちのお客様を優先的に募集開始、
            その後サイト内での掲載となります。
            既に満席、残席の数につきましてはご了承くださいませ。
            新規お申し込み、キャンセル待ち等も随時受け付けております。
            キャンセル発生の際にはご連絡いたしますので、
            ご希望日を明記の上、お申し込み下さいませ。

                    *料金・場所などの詳細は 「料金について」をご覧くださいませ。













 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





まさにめざし。

DSC01346.jpg


本格的な冷え込みが始まり、我が家も炬燵を解禁した。
息子は大喜びし、毎朝寝室から降りてくると「パチッ」とスイッチを入れる。
その姿を脇目で見ながら、大きくなったな~と感心したり・・・

朝食は何にしようと決めてたんだっけ・・・?
昨夜の自分を思い出してみる。
あ!!!めざしだ!!
前の晩オットが釣って来た小さなカタクチイワシ。
「寒くなったし、これは一夜干しが最高だ!」
そう言って仕込んでいたのだ。

息子を呼び、急いで2階に上がり、雨戸を開ける。
「おおおおおおおお~」
いい塩梅に乾燥してる。
「すごいおめめに刺さってるね」凛太郎が言う。
「そうよそうよっ だからめざしって呼ぶんだよ」私が言う。
ウッホホー。なかなかの食育~と自画自賛!


さっと炙り、頭からがぶりと戴く。
塩加減も丁度良く、乾燥もばっちり。ほどよく身がやわらかい。

「おめめはどこに行ったの?」
美味しい美味しい!とかぶりついていたが思わぬ質問に、しばし無言。
「目にさ、棒を刺して干したじゃん。だから外れちゃったんだよね。あはは。」
と、なるべく明るく言ってみた。

「え~。ちょっとかわいそ~。」4歳児がすこし暗い顔。
「でもさ、既に死んでたから痛くなかったと思うよ!」そう言ってみたけど・・・
「え~。死んでるんだ~。かわいそ~。」

しょ、食育って難しい・・・
そんな静かな朝食。











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!


手長海老の唐揚げ(極小)

DSC01351.jpg

私が仕事の毎週土曜日。
息子の担当はオットになり、男同士の絆を羨ましいほど深めている。

仕事から戻ると、玄関には草やどんぐりがバケツに山の様・・・
脱衣所に入ると、足の裏がざらつくほどの土?砂?・・・
そこに置かれた洗濯かごには、何色だった分からないほどのズボン・・・
とにもかくにも大自然の中、ゴロゴロと転がるように遊んでいるのだと思う。

釣り好きのオットは、すり込むように釣りの楽しさを教えているようだ。
最初から海釣りに連れて行くと、きっと長い時間を持て余し、
釣り嫌いになるのでは・・・と思ったようで、
様々な策を練り、近くの池で入れ食いの小さな魚を釣らせ、釣りの楽しさを覚えさせていた。
食べられない魚は息子の観察の対象になり、家の小さな水槽に入れる。
ところが、その魚たちのあまりの臭さに、私は毎回慄き、
「ほんと、自宅で教室をやってなくてよかった。302号室があってよかった」と何度も思ったほどだ。


しかし、『食べられない魚は釣らない!』それが我が家の家訓だ。なんちゃって
オットは次の策を練り、車で数十分の川で手長海老を釣りに連れ出した。
それがそれが大当たり!
サイズは小さいものの、エサのカニかまに食付きが良く、
息子は大興奮で帰って来た。

バケツにポンプを入れ、数日間生かして泥抜きをする。
毎日見ていると可愛くて愛着が湧くが、「美味しそうだね^^」と言いあう。

そして調理の夜。小さい手長海老は、唐揚げでさらに小さくなったように見えた。
美味しい塩をちらりとかけて・・・
「おおおおおおお美味しい!」
それはそれは香ばしい甘味だった。


晴れた土曜日になると。
「今日はおじいちゃんとおばあちゃんの分も釣って来る!」
小さな釣竿とバケツ、カニかまを片手に車に乗り込む息子。
オットは嬉しそうに出掛けて行った。その時間早朝6時!!
川と言えども潮の満ち引きが、手長海老釣りには深い関わりがあると言う。



秋の土曜日。
我が家の食卓には小さな手長海老の唐揚げが酒の肴で登場するようになり、
お酒を飲み、ふたりから今日のあれこれ話を聞く。
4歳の息子の話は、まだまだ支離滅裂だが、
その一生懸命な表情と小さな小さな手長海老が美味しくて、
40代の涙もろい母さんは感激してそっと涙を拭う。

もはや涙の塩味全開で、お塩不要!なのだ。 











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



決明茶(けつめいちゃ)

DSC01388.jpg


みなさま、こんにちは~
そしてお久し振りでございますぅ

すっかりすっかりブログ更新を怠ってしまいました^^:
えっと~、親知らずを抜歯しまして~
そしたら大変なことになりました~
痛くて寝込み、腫れて寝込み・・・
今は回復し、やっとブログを書く時間が出来ました~

親知らずですっかり寝込むことになった私に、
実家の父が手製のお茶を届けてくれた。
『決明茶』
豆科の一年草で、8月~10月に黄色の小花を付け、
その後、茶褐色のサヤエンドウ状の豆果を付けると言う。

きっかけは、母が鹿児島の友人から貰い、
その美味しさに驚き、種を撒き自家栽培を始めたこと。

父は刈り取った決明茶を中華鍋で丁寧に煎じる。
その香ばしさがなかなか美味しいのだ。

親知らずの効能は無いものの、
冷え込み始めた11月。
身体を芯から温めてくれるその味に感謝感謝。



さてさて、11月レッスンも始まりました!
みなさま、今月もお会い出来るのを楽しみにしておりまーす!!!








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン