cucin amica

3月のレッスンブレッド『ブール』

DSC01762.jpg

久し振りに『ブール』を焼く。
いつも作っているタルティーヌ用のパンと配合は大して変わらないけど、
クープを入れた後、その線に小さく切ったバターを置いて焼成するため、
焼き上がりにバターの香りが溢れる。

cucin amicaを始めたばかりの頃、
巷ではパンブーム到来で、
自宅で作るカンパーニュやバケットに、いかにカッコよくクープを入れられるか・・・
そんな言葉が料理雑誌には掲載されていた。
こんな私でも、「レッスンブレッドはカッコよく!」と思っていたものだ。
そんな時に習いに行ったパン屋さんで、職人さんが言った。
「日本人て、本当に見た目ばかり気にする」
「家で作り、家族が食べるパンはカッコより味なのに」とも。

本当にそうかもしれない。
カッコいいクープを入れるために、水分の配合を変えたり、
もういいのに成型しなおしたり・・・。
そんなことばかりしていたら、パンの美味しいタイミングを見逃す。

私はあの日から、カッコいいパンを目指すのを辞め、
パンの美味しいタイミングに耳を傾けるようになった。
でもそれが、家族には好評であっと言う間に食べてもらえるようになった。

今日も不格好な『ブール』が焼けた。
お店で売ってるように行儀の良いクープとは程遠いけど、
バターの香りが溢れ、クラストはパリパリ、クラムはムッチリ!
マーマレードに合う合う合う~^^


cucin amica、3月のレッスンブレッドは『ブール』。
不格好だけど、美味しい粉と美味しいタイミングで、
きっとみんなが喜ぶパンになりますよ~。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

スポンサーサイト

3月のレッスンスープ『鱈と葱のマンテカート~クレソンのスープ』

DSC01709.jpg

3月のレッスンスープは、『鱈と葱のマンテカート~クレソンのスープ』です。
「マンテカート」とは、イタリアで「混ぜる」の意味との事。
白葱をバターで炒め、鱈を加えたら牛乳とブイヨンで煮込み、
名前の通り、煮込んだ鱈と葱と混ぜてペーストにする。

そのままパンにディップとして塗っても抜群!
今回は春の苦みの美味しいクレソンのスープに合わせてみた。
スープもぽってりと仕上げ、こちらもパンを付けても美味しい♪

3月は柑橘のオレンジとクレソンのグリーン。
白のフムスとマンテカート。

ホッホー。元気が出そうな色彩。
みんなに食べてもらえる日が楽しみだなぁ^^










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

3月レッスン サイドメニュー『ひよこ豆のフムス』

DSC01691.jpg

3月のメインレッスン『柑橘のローストポーク~マーマレード』
そこにぴったりのサイドメニューは『ひよこ豆のフムス』
確か3年前のレッスンで『ラップロールサンド』に合わせたフムス。
あの時は、白胡麻のペーストを加えたコクの深みを楽しめるタイプに仕上げた。

今回は美味しい美味しいEXVオイルとニンニクを合わせる。
ペーストのひよこ豆に、香り高いオイルが溢れ、後からニンニクの存在感を愉しめる。

まずは、添えたパンにのせてパクリ!
シンプルで美味しい!!
次はパンに塗って、柑橘のローストポークをのせて、
さらにマーマレードソースをたっぷり。
ナイフとフォークで作られた即席『ミニタルティーヌ』は抜群の美味しさ!!


大好物のお豆。
中でもひよこ豆はビタミン豊富で栄養価が高いとの事。
女性ホルモンを調える作用や美肌効果もあるらしい・・・

ここここれはーっ
cucin amicaにぴったりなお豆!
みなさ~ん、たんまりご用意してお待ちしてますよ~~^^










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



3月のメインレッスン『柑橘のローストポーク~マーマレードソース』

DSC01688.jpg


子供の頃、苦くて好まなかった『マーマレード』。
大人になるとその苦みと酸味が癖になる味。
いつものスペアリブのマリネ液に入れるマーマレードを見ながら、
なにかメニューに出来ないかなぁ・・・と。
そんな時目にした、柑橘をグルグルと巻かれた豚肉。
これだーっ!!!と閃いた。




DSC01675_20170124105156b61.jpg DSC01677_20170124105157481.jpg

塩・胡椒と一緒にマーマレードも一緒に一晩マリネ。
旨味を閉じ込めるべく、フライパンで周りだけこんがり焼く。


DSC01679.jpg DSC01680.jpg

柑橘を合わせる面に、バターやはちみつ、チリパウダー。
試作後またまた閃いたのだが、
あの美味しいバター『ブール・ド・バラッド』のチリ入りで作ったらもっと美味しいかも! すぐ買ってこなくちゃっ!!
瑞々しいオレンジをグルグル巻く~~


DSC01684.jpg DSC01678.jpg

アルミ箔の底には、シナモンとカルダモンを忍ばせる。
脇にはフレッシュローズマリーを。
焼成中のガスオーブンからは、スパイスとハーブの香りが溢れ、
仕上がりのお肉にはアクセントが付いた。


ソースはフライパンに残る肩ロースの脂。
そこに白ワインとマーマレード、醤油やバルサミコを加えて煮詰める。

まだまだ試作中~
いくつかの改善点はあるものの、
これは女子が好むかわいいビジュアルと甘酸っぱいお味❤
早くみんなに会いたいな~^^

どうぞどうぞお楽しみに♪









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

クロックケーキ試作中・・・

DSC01621.jpg DSC01628.jpg

巷で流行ってるらしい(笑)クロックケーキ。

あらかじめスライスした食パンを卵液に浸け、パウンド型に敷きこむ。
フィリングをのせ、またパンを重ねる。またフィリングを入れパンを重ね・・・
なんかフレンチトーストとクロックムッシュをカスタマイズしたようなお料理だと思う。
なかなか面白いな~と思い、まずは我が家の男子にウケそうなメニューで試作。
ポルチーニをたっぷり入れたラグーと、バジルオイルと合わせたマッシュポテト。
ホワイトソース&チーズの王道。
勝手に『ラザニア風・クロックケーキ』と名付けてみた。

先ずは卵液に浸けたパンを敷きこんだ。
ラグーを入れ、カットした断面がオシャレになるようにとマッシュポテトは2本の棒状に成形して入れた。
またパンを重ね入れ、ホワイトソース。
さらにパンを重ねようと思ったら、ラグーを入れ過ぎて入り切らなかった・・・。
仕方なく、2層で諦めてチーズとイタリアンパセリをのせて焼成。
よくよく考えたら、パンを厚切りにし過ぎたし、
その分、卵液に浸ける時間をもっと多く取るべきだった。反省点多数。

焼成中、何度もオーブンを覗いた。
覗くたび、パウンド型から溢れ出るフィリング。
ほんと。いつもなんでも多く入れ過ぎるのが私の欠点だ。

美味しそうな匂いと共に焼き上がる。
「ま、でも美味しそうじゃん!」
ひとり言を口にし、カットしやすいように少々冷めるのを待った。
・・・待ったけど、フィリングが多過ぎて切るのも一苦労。
しかも、断面をオシャレに・・・と思って入れたマッシュポテトはその形を確認できず・・・
ただ薄ら緑になっている。

初回の失敗で色々勉強になった。
まだまだ一回目! 次はもっと美しくするぞ~~


DSC01617.jpg DSC01619.jpg

パウンド型の状態。
こんもり膨らんで美味しそう^^
ペーパーをはがしてみると、すでに側面からラグーがはみ出ている。


               あ!ちなみに味は想像通り『ラザニア』でーす! 笑








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





極寒アウトドア!

DSC01605.jpg

「この冬一番の大寒波到来!!」
ニュースを見る度に、極寒予報。
そんな寒い週末に、我が家はアウトドアへ~~

お正月休み、久し振りに再会出来た友人家族がキャンパーデビューしていると聞き、
キャンパーファミリー大募集だった我が家は嬉し過ぎて小躍りした。
んもーっ 夏まで待てない! 今すぐ行きたい!
そんな気持ちで、早速計画。

と言っても、超初心者の我が家。
これは友人家族にご指導いただこう!

友人家族のテント。あこがれのツールーム。
テントを張ってる途中、雪がチラホラ~~~
子供たちは大喜びで室内に入り、おままごとを楽しんでいた。
中は温かいようで、はしゃぎ過ぎて汗をかくほど・・・^^:


DSC01604.jpg

大人はBBQの準備。
とにかく寒いので、まずは薪をくべて焚き火!焚き火!

私は一先ずチキンを焼いた。

DSC01598.jpg DSC01599.jpg

寒い日のアウトドアは、自宅で下準備をするに限る。
美味しい鶏肉は、塩胡椒とEXVオイルとローズマリーでマリネ。
鶏肉の内側にローズマリーを入れてくるりと巻く。
焼く頃には、ちょうどいい塩梅にマリネされていた。


DSC01600.jpgDSC01603.jpg

あらかじめ蒸したジャガイモとマッシュルーム&タコ。
ニンニクオイルをたっぷりかけ、エスカルゴバターをひとかけ。
アルミ箔を被せて蒸し焼き。
本当はスキレットで作ると抜群に美味しいのだが、
水場で洗剤が使えないBBQ場だったためアルミケースを使用。

ホットドッグも家で下ごしらえ。
パンにソーセージを挟み、アルミ箔で包む。
別にグリーンサラダを持参し、焼き上がったら一緒に挟む。
そうすれば、野菜はシャキシャキ!パンはフカフカ!
・・・しかしはしゃぎ過ぎて焦がしてしまった^^:


その他にも、友人が用意してくれた絶品豚肉。
旦那様の自家製ローストビーフ!
マシュマロを焼いたり、焼きおにぎりを焼いたり・・・
色々作ったけど、
寒さのせいか市販のカップスープポタージュがダントツの人気だった。

ものすごい寒さだったけど、全員だるまの様に着込んだおかげで、
5時間もアウトドアを楽しめた。
さすがにテントに宿泊は無かったけど~


友人家族のおかげで、超初心者から初心者になれた。
お互い、持参したアイテムをフムフムと見たり使ったり・・・
次に欲しいアイテムを語り、夢は大きく!
寒かったけど、楽しかった週末。
どうもありがとう。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!













かわいい鳥さん帽子

DSC01597.jpg

いつもハイセンスな友人が(←こう書くとダサいな~笑)
息子になんともかわいい帽子を編んでくれた。
ふわふわの白い身体に赤い唇。頭にはちょんじょろりん。
厚みのある毛糸とセンスある編み目が温もりを感じさせる。


手にした時。
息子は満面の笑みで「コケコッコー!」と言った。
どうやらニワトリだと思っているのだ。
4歳の息子は、全くと言っていいほどキャラクター物にはまらない。
ひたすら動物と恐竜を愛し、洋服もカバンも選ぶのは生き物ばかり。
当然この帽子も、すぐにお気に入りになった。


冷え込んだ冬の朝。
早起きをし、朝食をモリモリ食べ、園服に着替える。
コートにお気に入りのブローチをふたつ。
頭にはかわいい鳥さん帽子。
庭に出ると、大きな声で「コケコッコー!」と言った。
朝から大張り切りだ^^

園に到着し外した時、息子がなぜかコソコソ声で言った。
「なくなっちゃうとかなしいからさ、ちゃんともってかえってね」
その言葉にちょっと感動してしまう母さん。


なんでも安価で手に入る時代に、こんなにかわいい手編み帽。
とってもとってもしあわせなことだ。
それがとても貴重で温かいものなのだと、
いつも忘れない大人になって欲しいなと思うのだ。









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!











檸檬酒を作る。

DSC01595.jpg

実家のピカピカレモンを使って、初めての『檸檬酒』作り。
配合は父に習った通りに。

キッチンが甘酸っぱい爽やかな香りに包まれる。
毎年、当たり前のようにもらっていた檸檬酒。
美味しくて感謝してはいたけど、自分で作ってみるとありがたみが増す。
そうかそうか。こうやって作るのか。
大きな果実酒の瓶を洗い、煮沸する。
檸檬を洗ったり、皮を剥いたり、輪切りにしたり・・・。

なにごとも、様々な『手入れ』の元に出来上がるのだ。

約6リットルの檸檬酒が出来た。
テーブルに乗せて眺めては、にんまり。
そう言えば、実家の父も様々な果実酒を作る度に瓶を眺めていた。
自分で作ると愛着が湧く。
毎日眺めてはにんまり。
この熱視線が、檸檬酒にプレッシャーを与え、
ますます美味しくなるのかもしれないな~








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





明けましておめでとうございます!

DSC01593.jpg


みなさま。明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致しまーす!!

昨年もたくさんの方に御参加頂きありがとうございました。
そして御参加の生徒さまにはとてもとてもお世話になりましたのに、
年末のご挨拶も載せず、大変失礼いたしました。
本当にありがとうございました!(←遅過ぎーっ)



12月教室が無事に終わり、うひょひょと楽しみにしていたお正月も、
なななんと今日は6日!!じぇじぇじぇ~~~~(←古過ぎーっ)
『一年の計は元旦にあり!』と言われてるのにな~


年末年始は料理三昧だったワタクシ。
みんなが喜んで食べてくれる姿に、料理を学んで来てよかったと初めて思えたお正月。
ほんの少しだけど、自分が理想とする料理が見えてきたのかもしれない。
無我夢中で作って来た『cucin amica タルティーヌ教室』。
生徒数1人から始まった教室も、現在は多くの生徒さんに御参加頂けるようになった。
まだまだ未熟で分からないことだらけだが、
また一年。初心に帰りシンプルな美味しさに向き合いたいと思う。


2017年。
私が初めて『cucin amica』のために仕込むのは果実酒。
実家の父が育てた無農薬のピカピカレモンをたっぷり使って、
『美味しい檸檬酒』を作るのだ。
5月にはスパイシーな『ごちそうカレーレッスン』を計画中。
そこに自家製レモン酒と炭酸やビールで割った『パナシェ』を合わせたり、
檸檬ケーキを作ったり・・・。

考えているだけでわくわくする気持ちは、
料理と向き合うエネルギーだ。
そして、少しでも美味しいメニューが生徒さん達に届き、
ワクワクがたっくさん伝染したら嬉しいな。


みなさま、今年もどうぞよろしくお願い致します。

                   cucin amica タルティーヌ教室 和田陽子










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!








SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン