FC2ブログ

cucin amica

イーストドーナッツ♪

DSC03736.jpg

みんなが泊まってる休日。
のんびりの朝食はいつも以上に旅館風に。
しっかり和食を炊き立ての新潟米でたんまり食べる。
そしてぐうたら過ごし、「お昼ご飯はまだいいかね~」なんてなる。
すると、私の中でコーヒーに合わせるのは『絶対!イーストドーナッツ!』と、
ムクムクとドーナツ欲が湧いてくる。


薄力粉と強力粉を合わせた生地は、イーストドーナッツにピッタリ。
サクッともっちりの噛み応えが抜群なのだ。
ポイントは二次発酵の時、カバーをせずに表面を乾燥させること。
そうすると、油を吸いにくくなり、あっさりの美味しいドーナッツが出来る。

揚げ始めると、その甘い香りが部屋中に溢れる。
大人も子供も、なんどもキッチンを覗きこみ「まだ?もう食べられる?」と聞きに来る。
揚げたて。油が切れたらすぐさまドーナツシュガーをまとわせる。
温かいうちでないと、砂糖が付かないのだ。

大皿にのせたドーナッツに、次々と手が伸びる。
大人も子供も。
口の周りを砂糖だらけにして頬張る。
嬉しそうな顔に大満足な午後。

ドーナツは食後のデザートにはならない!といつも思う。
ほど良い空腹のときにこそ、その美味しさを存分に発揮する。
朝御飯を食べ過ぎた正午過ぎ。
「今日のお昼はドーナツにしちゃおう!」ってのがいいのだ。
そうすると・・・休日午後5時のビールが、こりゃまた最高に美味しいのだ^^

な~んてね^^









 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

スポンサーサイト

世田谷ボロ市

DSC03748.jpg

先日、友人からの嬉しい誘いで「世田谷ボロ市」に行って来た。
世田谷駅に着くとものすごい人!老人!人!老人!
いつもはすぐに迷子になる我々も、その流れについて行けば大丈夫・・・な安心感の元、
その人混みと共に流れて行った。

人生初のボロ市に到着してから気が付いたのだが、
私は元々アンティークが苦手だ。前の所有者の姿が垣間見れるような品々を見ると、
恐れおののくことが多々あるほどだ。
もちろん全部が全部苦手と言うわけではない。
美しい絵付けの施された器や、着物、漆塗り・・・そういった物にはトキメク。
しかし、なぜか手に取って見ると物の重さだけでは無い重みに、やはり慄いてしまうのだ。

そんな中、ひと際目に留まるお店を発見!
愛知県の作家さんが自作の器を並べて販売していたのだ。
淡い色で統一された品々はどれも温かみがあり、どんな料理も映えそうだ。
中でもその小さなオーバルの器は、ぽってりとした淵が持ちやすく。
淡いグリーンが可愛い!
早速3枚購入し、ホクホクとした気持ちでボロ市を散策した。


家に帰り、息子に見せると大喜び。
明日の朝食はおにぎりにし、この器にのせて欲しいとリクエストされた。
そして。おにぎりも映えた。
目玉焼きも、個々に盛り付けたお刺身も、
唐揚げ3個と千キャベツも。
とにもかくにもなんでも美味しそうに見える器は、毎日登場している。


今日は我が家で「広島焼きの会」。
女の古(子)4名で盛り上がる。
箸休めは自家製のぬか漬けで♪
一皿2人前のぬか漬けをのせられるこの器。
テーブルの大きなホットプレートにも邪魔にならない楕円形!
あ~。ほんと買ってよかった。


せっかくのボロ市に行って、ボロではなく新品を買う私だが、
ボロ市に行ってよかったな~と、今日も思うのだ^^








 
↑いつも嬉しいリッククありがとうございます!



焚き火と鍋焼きうどん

DSC03666.jpg

「アウトドアは、季節の良い時期だけ。と言うのは、素人の思い込みだ!」

まだアウトドア未経験だった頃、そんなことを言われてもピンと来なかった。
でも今はわかる~~~~
寒い冬こそ愉しめる醍醐味が溢れてる。
ジリジリ照りつける猛烈な暑さや、飛んでは刺してくる蚊の季節と違い、
静かに火を見つめ、親しい友人たちと語らいながら囲む焚き火!
子供たちは熱中症の心配も無く走り回り、マシュマロを焼き、また走り回る。
大人たちはホットワインやコーヒーを飲みながら、
焚き火の成り行きを見つめ、頃合いに薪を足す。
なんて贅沢な時間~~~




DSC03663.jpg

最初の頃は、「いざ!アウトドアへ!」と意気込み過ぎて、
毎度毎度の大荷物。
あれもこれも外で食べたら美味しいと思い、下準備だけでヘトヘトだった^^:
でも今では、「そうだ!焚き火に行こう!」と気軽に思い立ち、
友人へ声を掛け、近場のアウトドア施設で落ち合う。

今日はペットボトルにお出汁をたんまり入れ、うどん玉を6つ。
途中にある「丸亀製麺」で天麩羅を買い込み、
大きな鍋焼きうどんにした。
これが大正解!寒い日にハフハフ食べるうどんの美味しいこと!

穏やかな太陽を浴び、鼻先を冷たい風が通り、
子供たちが揚げた凧を眺める。
また来ようね。また行こうね。
何度も約束する帰り道。
冬はまだはじまったばかりだ。








 
↑いつも嬉しいリッククありがとうございます!



フレッシュジュース

DSC03746.jpg

まだ実家で暮らしていた頃、
果物好きの両親が度々フレッシュジュースを作っており、
私も毎度、御相伴に預かり「フレッシュー!」などと味わっていた。
市販のジュースより格段に美味しいけど、
その後に待ち受ける、あの山の様なジューサーの洗い物たち。
果物の皮を存分にまとった小さな器具や大きなワークボウル・・・
美味しいものには手間が付き物!わかっちゃいるけど・・・だった。


今年のお正月休み。
里帰り中の友人を訪ねると、
彼女のご両親が大きな袋が千切れんばかりに大量のみかんをくださった。
「皮が硬いからジュースにするといいよ!」と。
家に持ち帰り、ひとつ食べてみると確かに硬い。
せっかくなので助言通り、フレッシュジュースにしてみた。

そしたらそしたら・・・・
このフレッシュなみかんジュースが美味しいこと美味しいこと!
みかんによっては皮が、グレープフルーツ並みに硬いものもあり、
専用のナイフで剥いた。
そこから溢れ出るビタミンの香りが私と息子ををやる気にさせ、
大量の皮むきも、面倒なジューサーの洗い物も全く苦にならなかったのだ。

その日から。来る日も来る日もフレッシュジュースを愉しんだ。
毎朝一度に大量に作り、ボトルに入れて冷蔵庫へ。
絞り立ても、まろやかに冷えた味もどっちも美味しい!


今日は新しいメニューを考えながらゴクリ。
フレッシュな味が頭を冴えさせ、溢れるみかんの香りが気持ちをリラックス。
「美味しいものには手間が付き物!」
ほんとそうだけど、この手間はその何倍ものしあわせをくれるのだ。


美味しいみかん。ごちそうさまでした♪










 
↑いつも嬉しいリッククありがとうございます!










2019年 今年もよろしくお願い致します!

DSC03086_20190107150909b3a.jpg

みなさま
明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願い致しますっ

今日は1月7日。
22日からお祭り騒ぎで冬休みを過ごした息子が登園し、
オットも仕事始めの日。
庭先の小さな門松を取り外し、玄関のお飾りを仕舞う。
神棚の鏡餅を降ろし、小さく生えた青カビをこそぎ、笊に広げる。
乾燥し、ひび割れたら欠いて・・・またひび割れたら欠いて・・・それを繰り返し、
揚げ餅にするのが楽しみだ。

久し振りに一人のリビングでチョコフレークとコーヒーを愉しむ。
なんか、私にとって今日が初めての冬休み?そう思えるくらい、
めまぐるしい毎日だった。
沢山の親戚や友人たちと過ごし、ごちそうとお酒を頬張る。
途中、疲労困憊で寝込んでしまった日もあるが、
こうやって元気に年を越し、健やかな新年を迎えることが出来て感謝。

今年は少し、肩の力を抜いて、もうちょっと気楽にしようと決めて。
働き過ぎ、考え過ぎ、クヨクヨし過ぎ・・・もろもろ「し過ぎ」は厳禁とする!
そんな新年の指針を心に誓うのだ。


写真は父手製の『合鴨のたたき』。
前菜に登場することが多いのだが、
おなかペコペコの時に、この鴨肉とお酒を先ずは愉しむせいか、
五臓六腑に沁みわたる格別の味に感じるのだ。
うっすらピンク色の火通りは、熟練の技。
白くなるまで火を通しては、このしっとりの旨味は味わえない。
以前オットに「自分で作れるようにならないの?」と聞かれたが、
父の十八番を奪うなんて~~~てのは言い訳。
誰かの得意料理は、その誰かが作ってくれたからこそ最高に美味しいのだ^^


にぎやかな年末年始の台所を思い出しながら、
今年もたくさんの美味しい料理を作りたいなぁと思ったり。
すっかりチョコフレークを食べてしまい、
「あー。しょっぱいもの食べたい・・・」と、食べ過ぎの無限ループ・・・

何事も「し過ぎ」は厳禁と誓ったが、
今年も「食べ過ぎ」だけは、しちゃうだろうな~~








 
↑いつも嬉しいリッククありがとうございます!




SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン