cucin amica

きびなご揚げ

DSC07436.jpg


幼い頃、きびなごのお刺身は、
鹿児島の祖父母の家だけで食べれるものだった。
母は帰郷するたびに、嬉しそうに手捌きできびなごのお刺身を出してくれた。
鹿児島の甘い刺身醤油が幼い舌には合わなかったが、
キラキラ光るきびなごの美しさは好きだった。

輸送の速度がどんどん発達し、きびなごも近くのお店で買えるようになった。
なかなか上手く手捌きは出来ないが、
店頭で見かけると手が伸びる。

その日の夕食はおかずが豊富で、きびなごのお刺身が少し残ってしまった。
もったいないので翌日、小さな身をクルクルと巻き爪楊枝で留める。
さっと小麦粉をまぶして揚げる。
油で揚げるとふっくらとするきびなごは、どこか穴子っぽい。
カレー塩で食べたら最高だった。

凛太郎は超が付くほどの魚好き。
プレーンのままモリモリ食べた。
凛太郎にも流れる九州の血。
大袈裟だけど、遠いご先祖様の海で育った魚を、
美味しそうに食べる姿を見るのは嬉しいものだ。












 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン