cucin amica

お懐石日和

DSC07679.jpg

本日は302号室にて「小さなお懐石教室」
と言っても、私が教えるのではなく、大好きなお師匠さんに私が習う一日。
まずは器選びから。
小さな小さな器たちを並べ、どんなお料理を入れるか、どんなふうに盛り付けるか・・・
先生とのこの時間は本当にトキメク。
お料理へ向かう気持ちをピシッとしてくれる大切な時間なのだ。




DSC07683.jpg DSC07684.jpg
DSC07687.jpg DSC07682.jpg


さーて!じゃんじゃん取り掛かる下準備!
柿なますに添える茗荷はさっと下茹で5秒。
お酢を少し入れたお湯にくぐらせることで、色鮮やかに。
そして茗荷のラインにそって切り、なますと一緒に漬け込む。
ほんのちょっとの手間が味の馴染みを良くしてくれる。

紫の菊の花はさっと下茹で3秒!
瞬き禁止~っ・・・的な時間。
3種のお刺身のひとつは「つぶ貝」。
下処理をきちんと行い、削ぎ切り。
おかげで臭みも無く、コリコリの食感。

先生の手に掛かると、どんな食材たちもよそ行きの顔になる。
いちばん美味しい時を逃さないその調理方法はいつも感動だ。

さてさて。次のお料理は・・・










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!










スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン