cucin amica

小さなお懐石『かぶの詰め煮』

DSC08085.jpg

月に一度の習い事。
302号室にて、お師匠さんに学ぶ「小さなお懐石」たち。
底冷えするような寒い日は、身体のあったまる一品を丁寧に作ることに。

今日のお料理は、
小さな帽子をかぶった、かわいいかわいい『かぶの詰め煮』。



DSC08068.jpg

まずは、蕪の底を落とす。きちんと座るように。
そして、形よい器になるよう皮を丁寧に剥く。
スプーンでくり抜く時は浅めに。蕪は柔らかくなるのが早いのでくり抜きが深いと型崩れしやすい。
くり抜いた中身は、小さく切り、詰めもの用の鶏挽肉と合わせる。

DSC08072.jpg

食べれる器も美しく~。


DSC08076.jpg

蓋となる茎の部分は竹串を使って、小さな土も洗い落とす。

DSC08078.jpg

DSC08079.jpg

薄く片栗粉をふるい、丁寧に詰めていく。
沢山食べたいから、たくさん詰めてしまい・・・。
お師匠さんが「蓋が閉まらない」と少々取り除いてくれた(笑)
お懐石って、こういう美的センスが本当に問われるものだ。フムフム。気をつけようっ

DSC08080.jpg

この時点で、キャーキャー言ってしまうかわいさ❤


DSC08088.jpg

蕪がびっしり入るような小さなお鍋に入れて、コトコトコトコト。
ベースは薄口しょうゆやお酒、ほんの少々の生姜汁とわずかなお塩。
蕪と鶏肉から出た旨味と脂が混ざり最高のスープになる。
あしらいは蟹の足。
蕪の白と緑に蟹足の赤が引き立つ。

先ずは一口。お汁をいただく。
甘い甘い素材の味が口に広がる。
蕪はお箸の先でトロリと割れ、詰め煮の鶏肉も口の中でホロリとほどけた。

丁寧に丁寧に。
心も身体もあたたまる一品だ。









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン