cucin amica

蛸引き包丁

DSC08962.jpg


教室の下準備を終わらせ、一目散に向かう場所は『小江戸 川越』。
包丁を新調したく、老舗『まちかん』さんへ。



DSC08963.jpg

今回のお目当ては『蛸引き包丁』。
種類で言えば刺身包丁なのだが、先が尖っていないのが特徴。
実家では尖った刺身包丁と尖っていない蛸引き包丁を両方使っており、
父が切る刺身は格段に美味しく感じる。
それはきっと・・・腕と言うより刃物の素晴らしさ!

私もいつかは自分用に欲しいと思っていたが、
鋼の蛸引き包丁は錆びやすく、一流の職人でさえ細やかな手入れが必要だと言う。
ちょっとした水気が錆の点になり、研ぐのも難しい。
お値段も・・・若い頃は目玉が飛び出た。

しかししかし。私も40歳を目前にし、道具の大切さを十分に知った。
良い物を大切に使い込む。そんな日々を愉しむ時期に来たように思うのだ。
2歳になった凛太郎は、お刺身が大好物となり、
大人気ない両親(ワタクシたち~)と奪い合ってお刺身を食べるため、
鯛などは、柵で買うより一匹まるごと買うことが多くなった。

長い蛸引き包丁は、その刃が身に当たることで表面が滑らかになり、
醤油が薄付きになり、余計な塩分が付かずに魚の旨味を楽しめる。
長さも様々で、30㎝・27㎝・24㎝・・・。
30㎝は手の小さい私には大き過ぎた。
24㎝より27㎝か・・・。試し切り用の包丁で長さの良しあしを確認させてくれる。
そして自分に合ったサイズをお願いする。
と言っても、私の頼んだ蛸引き包丁が出来上がるのは一ヶ月後。
ちょうど来月には『大人の遠足~川越編』の約束がある。
引き取り日をこの日に指定し、お願いをした。
すぐにでも連れて帰りたい一品だけど、この待つ時間さえ愉しい。
それが大人と言うものだっ なんてねっ


少々余談になるが(←いつも余談のくせに~笑)
この川越『まちかん』さんには二人の男性職人さんがおり、
このお二方が、たいそうなイケメンなのだ。イケメンなんて言葉をほとんど使わない私だが、
敢えて使ってしまうほど「イケメン」なのだ。二回言う~
そして丁寧な説明。親切な心遣い。押し売りのない接客。
そして「イケメン」。三回言う~

ぜひ川越散策の際には、まちかんさんを覗き、二人のイケメンを見て欲しい。
そして、うっかり包丁などを買ってしまったら・・・
すごく楽しいと思うのだ。 ムフフ









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン