cucin amica

ギャラリー うつわノート

DSC08973.jpg


『まちかん』さんを後にし、またまた一目散に向かうのは、
ギャラリー『うつわノート』。

おうちごはんをおもてなししてくれた友人宅で、
テーブルに並ぶ器に魅了されたのが1年半前。
白い器ばかり好んで買っていた私にはとっても新鮮に見えた。
その彼女が好きだと言う「スリップウェア」。
イギリスで作られた泥化粧(SLIP)、陶器(WARE)の意味合いを持つオーブン料理の器だと言う。
一緒に行けたら楽しいだろうけど、なかなか予定も合わず・・・。
一足先に楽しむことにした。



DSC08971.jpg


「こ、こんなところに!」と思わせる住宅街の中にある一軒家。
と言っても、古めかしい表札には「曙館」と書いてある。洋館のような不思議な建物。
何だか緊張の面持ちでドアを開けると・・・・

そこは、外のモヤモヤした梅雨空を忘れてしまうほどの別世界。
静かな静かな空気が流れる。




DSC08968.jpg


奥の和室に入ると・・・
ステキな素敵なお庭~。
雨上がりの平日の午後。
お客さんは私ひとり。正座をし、しばしその空間に身をゆだねる。
贅沢な時間。本当に気持ちが良かった。



DSC08969.jpg


畳いちめんに広がった『スリップウエア』の世界。
あ~。彼女の世界だわ。そんな風に思う。
一緒に来れたら、どれを選んだかな。どんな説明をしてくれたかな。
そんなことも思う。

DSC08967.jpg

二段目の棚。手前ふたつを購入。
早速使ってみたら、和風も洋風どちらの料理も映える。
凛太郎にスープを入れて出すと、小さな手のひらで包み、
とても使いやすそうに飲んでいた。


初めて知る『スリップウエア』の世界。
小さな紙袋には新しい器。
足早に向かう自宅への道もウキウキと。
どんな料理を合わせるか。家族はどんな反応をするか。
子育てが始まってからもうすぐ3年。
慌ただしい日常の中でも、これからは少しずつこんな時間を作り、
新しい世界を見たいと思うのだ。






DSC08970.jpg

〜おまけの写真〜

展示された器には小さなカマキリ。
よく見ると部屋のあちこちにいて、生まれたばかりの兄弟たちのようだ^ ^

カメラを向けると、逆さまでも威嚇〜
全然怖くないよ〜








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



















スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン