cucin amica

茄子とインゲンの揚げ浸し

DSC09260.jpg


祖父母の様子を看に鹿児島に帰郷した母が、
たくさんのお土産話と共に持参した「インゲン」。

インゲンの旬は夏・・・と言うイメージが強いが、
温かい地域では3度の収穫が出来、「三度豆」などの別名もあるらしい。
手にしたいんげんがあまりにも色鮮やかで柔らかく、
「え?こんなに柔らかいものが今頃獲れるの?」と聞いてしまったほどだ。

インゲンは油との相性抜群!と思っている。
天麩羅も最高だし、豚バラ肉と炒め合わせカラシ醤油で戴くのも美味しい。
でも、私が最も好きな調理方法は『素揚げ』。
切らずに長いまま素揚げし、揚がった途端そのまま温かい出汁のお鍋に入れる。


今朝は美味しい茄子の素揚げと合わせ『揚げ浸し』に。
程よく油を含んだ茄子はトロリ。
素揚げしたインゲンのシャキシャキ感はそのままだが、
苦みが甘味に変わり、増々美味しい。

美味しい艶々の新米と熱々のお味噌汁。
寒い朝に食欲倍増の『揚げ浸し』を添えて。
最高の朝食だと自画自賛し、三杯も食べてしまった~~~










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン