cucin amica

手作り味噌。

DSC09739.jpg


「あ~。やっぱり手作り味噌は最高だね~。」
艶々の新米の隣には、温かい具だくさんのお味噌汁。
モリモリゴクゴク食べてしまい、この2ヶ月で3キロも太ってしまった!
本当に肥ゆる秋なのだ。

実家の母がまだ寒い時期に仕込んだ手作り味噌。
まだかな~まだかな~と待ち焦がれ、夏の終わりに我が家へ来た。
大きな味噌樽は出し入れが面倒なので、
少しずつ、小さな琺瑯に移す。

「カレー粉とお味噌は三種類をブレンドが一番!」
これは、母がよく言う言葉。
そんな言葉が身体にすり込まれているのか、
やはり結婚してからも「味噌は三種類!」が定番だ。

今年は嬉しいことに、友人のお母様からも手作り味噌を戴いた。
ウホウホと喜び、大きな袋からまたまた琺瑯ケースへ。

姉から貰った愛知県の赤だしも入れて「味噌は三種類!」が完成。
仕切りには昆布・・・も定番。
新しく入れ替える時に、この昆布はお味噌汁用の鍋にペロリと入れれば無駄が無い。

私はお味噌をこの琺瑯に入れる時が好きだ。
均等に無くならず、時折大きな味噌樽から出してしまう時もしばしばだが、
全てのお味噌を食し、器を洗い、またお味噌が揃う。
こう言う事が好きになる歳なんだな~と、しみじみ思ったり(笑)

今度は、自家製味噌作りに挑戦したいな~。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン