cucin amica

愛情オレンジピール

DSC06254.jpg


もう何年も御参加下さる、Tさんのオレンジピール。
その手間暇かけた美味しい味に、毎回歓声が上がる。

必ず、「ぜひ!教えて欲しいですっ」と声を上げる方が居るのだが、
口頭で作り方を聞くだけでも、「絶対に作れなそ~~~」と弱音に変わってしまうほど(笑)
それはそれは手間の掛かる味なのだ。

キレイに剥いた皮を、何度も何度も茹でこぼし、
タコ糸を幾重にも張った、手製の網を作り、その上に重ならぬように干す。
日々、何度も返して返して乾かしていく。
その食材に愛情が無ければ作れない、そんな一品だ。


オレンジピール、レモンピール、文旦ピール・・・
どのピールもほんのりとした苦みの中に、じんわりと甘味が溢れる。
お世辞ではなく、今まで食べたピールの中で一番美味しい! 本当にそう思う味だ。

Tさんは、私の母と歳が近く、Tさんの娘さんと私は同じ歳。
つまり親子ほど年が離れている。
美味しい手作りが得意で、私が教えて欲しいくらいの技術をお持ちなはずなのに、
ずっとクッキンアミカを楽しみに通って下さる。
若輩者の私のお料理に、「せんせい。今日も勉強になりました。」と笑顔で言ってくれる。
私はその一言で、肩の力が抜けて、身体中に嬉しい気持ちが満ち溢れるのだ。



今年も。
「みなさんでどうぞ食べて下さい。」と、お持ち下さった様々なピールたち。
他の生徒さんにも十分なほど行き渡る量に恐縮するほどだった。

自宅に戻り、戴いたピールをまずはひと種類、箱に移す。
Tさんのオレンジピールの大ファンな実家の家族に持って行き、
その貴重な味を一緒に愉しむのだ。

一口目は、いつもいつも胸が一杯になる。
たくさんの手間暇が掛かっていること、
たくさんのピールをひとつひとつきれいに包んであること、
たくさんの量をリュックに入れ、それを持って来てくれたこと。
Tさんのたくさんの愛情を感じずにはいられないのだ。


「料理は愛情!!」
子供の頃に見た料理番組で、料理家のおじさんが叫んでいたけど、
まさにそう。料理は愛情だ!!
そう思える、貴重な貴重な手作りの味。
私も頑張るぞ。そんな勇気をもらえる「愛情オレンジピール」だった。








 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン