cucin amica

ひとめぼれ。『Banon』

DSC00132.jpg


カフェ通の友人に誘われ、初めて行ったお店『Banon』。
「ひとめぼれ」そんな言葉がピッタリの気持ち。

築100年近い民家をリノベーションして作られた小さなお店。
店内には小さな小さな子達が、ところどころ。

感じの良い「いらっしゃいませ」。
まさに素敵な雑貨&カフェ。そんな雰囲気のオーナーさんが優しい笑顔で迎えてくれる。

壁の端には覗き込む熊のイラスト。
小さな窓枠にはかわいい動物たち。面白顔のだるまさん達。
アンティークの不思議な雑貨や古い本・・・・

「キュンキュンする」そんな言葉がピッタリの気持ち。




DSC00137.jpg DSC00133.jpg
DSC00134.jpg DSC00136.jpg


どうしたら、こんな素敵なお店が作れるのだろう。
カードを吊るした糸でさえ愛おしい。そんな気持ちになる。
全部が全部。日常で非日常な不思議な空間。
心底感動してしまった。




DSC00139.jpg DSC00141.jpg


すこしくぼんだお席は、なんだかひっそりした特別な気持ちになる。
店主さん手製のケーキは柔らかくて、ほんのりリキュールが香り美味しい。

好きなことに、するべきことに真摯に向き合う。
お店の端々にそんな気持ちを感じ、背筋がスッと伸びた。
人生は学ぶことばかりだな。


こんな素敵なお店に連れて来てくれた友人に感謝。









DSC00138.jpg

場所は川越。
オープンは木曜日から日曜日。
HPの持たない小さなお店『Banon』。

ぜひぜひ見つけたら、その素晴らしい空間へ。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン