cucin amica

Tony。

DSC00422.jpg DSC00420.jpg
DSC00429.jpg DSC00419.jpg
DSC00421.jpg DSC00432.jpg

この冬。
ミネソタで暮らすトニーが日本で3週間滞在することに。
私の家族、姉家族、実家の両親。みんなが大好きなトニー。
ぜひぜひ我が家に!とお誘いし、
私たち家族も数日間一緒に過ごすことができ、
アメリカンな休日を体験できた^^

日本では節分月だったこともあり、
我が家では恵方巻きや押し寿司、天麩羅や角煮・・・
実家の両親も手製の料理をたんまり持参してくれ、日本食でおもてなし。
心優しいトニーは、何を出しても喜んで食べてくれた。
通訳をしてくれる従兄妹たちは、
食べる暇がないほど、私のおしゃべりとトニーの言葉を通わせてくれた。ごめんよ~


「次は何が食べたい?お好み焼き?たこ焼き?」と鉄板料理を勧める私に、
「今度は僕たちがおもてなしするよ!ファフィータを作るからね!」と言う。

感激~~~~(涙)


そう約束した夕方。
キッチンにはイケメン2人がなにやら楽しそうに料理中・・・。

「一先ず飲んでて~~」
と、言われて並んだ前菜たち。
カプレーゼ、横浜の(笑)美味しフランスパン、
パルマの生ハムたち~、最高だった黒トリュフ入りブリ―!!

オシャレなマンションで夕焼けを眺めながら飲むビールの美味しいこと!
注がれた微発泡白ワインの美味しいこと!!!






DSC00427.jpg DSC00431.jpg
DSC00433.jpg DSC00434.jpg


DSC00436.jpg DSC00437.jpg
DSC00439.jpg DSC00440.jpg
DSC00443.jpg DSC00442.jpg


キッチンからはメキシカンな香り・・・
覗いてみると、ビーフ&チキン!
私も密かに欲しいと調べていたグリルを使っている・・・なんか外国人の名前の付いたの

カラフルなパプリカは丁寧にカットされ、
フライパンでスパイスと一緒に焼いている。
トニーは何度もiPadを覗きこみ、レシピを見ながら作っている。
私が「楽しみだな~」と言うと、ウィンクと一緒に微笑む。
あ~。なんてステキ❤

従兄妹のマーサ(日本人・笑)は、
茹で卵やレタス、トマト、チキン、アボカド・・・
小さなナイフでキレイにカットし『コブサラダ』を作ってる。
そのしぐさや雰囲気がもはや外国人!うっかり日本人だと言うことを忘れてしまう・・・。

テーブルにはカラフルでスパイシーな料理がどんどん並ぶ。
メキシコ料理の「ファフィータ」。
先ずは、トニーがおひとつお手本を。

トルティーヤに、サワークリームをを塗り、
スパイシーに焼き上げたビーフ&チキン、
カットしたレタス、焼いたパプリカ、チップス、サルサソースやチリソースをかける。
それを包む!そしてガブリ!!

最高最高!本当に美味しい!
私は胸が一杯になってしまった。
遠いアメリカから来たトニーが、私たちのためにお料理してくれたこと。
そして彼の好きなメニューを私たちに食べさせてくれたこと。
「いつも美味しいお料理をありがとう」と言ってくれたこと。
トニーは本当に温かい人なのだ。


「またすぐに会いたくなっちゃう人だよね。」
シャイなオットが珍しくそんなことを言った。
トニーと再会したこの冬、一番驚いたのはオットがとても積極的に話してる姿だった。
拙い英語の単語を何度も連発し、それを抜群の受信能力でトニーが理解する。
大人になり恥ずかしさが先立ってしまい、なかなか会話できない私にとって、
それはグッと来る光景だったのだ。
凛太郎も、一緒に行った『ズーラシア』ではまるでトニーの子供の様に一緒に居た。
「ハローハロー!アイラブユー!」と大きな声で何度も言っている。
抱っこされ、頬にキスをしては、はしゃぐ。



みんなみんなが大好き。トニーはそんな人だ。
次に会えるのは夏。
私も少しは勉強しなくちゃなっ  いつも言ってる~~~笑











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン