cucin amica

白身魚のフリット カラタルソースサンド

DSC01028.jpg

夏休みの凛太郎。
「お昼ご飯はなにを食べたい?」と聞くと、
「てんぷら~。ごぼうとかも~。」と言う。
この暑いのに天麩羅を食したいと思うなんて、
どんなに暑くても食欲の落ちない私の遺伝子を受け継いでいるな・・・と思う。

ごぼうはさて置き、冷やしうどんに天麩羅!
最高の組み合わせだな~と思う。
とは言え、冷蔵庫を覗くと・・・
昨夜ムニエルにし損なった白身魚と、そろそろ食べきった方が良い自家製ピクルス。

「あー!お魚のサンドイッチが出来るよ!」と大袈裟に叫んでみた。
単純な三歳児は、大きな声で言うと、それを特別に楽しいことだと解釈する傾向がある。
「やったー!」と喜んだ後、
「お醤油味なの?」と、怪訝な顔で聞いてくる。
魚と言えばお醤油味・・・単純な解釈に吹き出しそうになるが、
98%白米等の我が家で、パン料理が食卓に上がることが少なすぎるから仕方ない。
もっとパンを食べさせるべきなんだろうか・・・。


ふっくらの白身魚は、小麦粉を炭酸水で溶き、フリットにした。
自家製のカラフルなピクルスたちは細かく刻み、
茹で卵とマヨネーズと合わせた。

ここまで作ってから、パンが無いことに気が付く~~~
ジリジリと太陽の照りつける中、フランスパンを買いに行く。
店内にある「チョココルネ」をねだられ、おひとつ購入。


汗だくで戻り、やっとやっとの「フリットサンドイッチ!」
美味しいけど、なんだか雑な味だった。
色んなことが中途半端になる夏休み。
じっくりお料理したいけど、なかなかそうは行かない夏休み。

隣の凛太郎はホクホク顔で「チョココルネ」を頬張り、
「これ美味しいね。ブヒヒ~」と笑った。

                           先にサンドイッチ食べなさいよーっ









 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン