cucin amica

3月のレッスンブレッド『ブール』

DSC01762.jpg

久し振りに『ブール』を焼く。
いつも作っているタルティーヌ用のパンと配合は大して変わらないけど、
クープを入れた後、その線に小さく切ったバターを置いて焼成するため、
焼き上がりにバターの香りが溢れる。

cucin amicaを始めたばかりの頃、
巷ではパンブーム到来で、
自宅で作るカンパーニュやバケットに、いかにカッコよくクープを入れられるか・・・
そんな言葉が料理雑誌には掲載されていた。
こんな私でも、「レッスンブレッドはカッコよく!」と思っていたものだ。
そんな時に習いに行ったパン屋さんで、職人さんが言った。
「日本人て、本当に見た目ばかり気にする」
「家で作り、家族が食べるパンはカッコより味なのに」とも。

本当にそうかもしれない。
カッコいいクープを入れるために、水分の配合を変えたり、
もういいのに成型しなおしたり・・・。
そんなことばかりしていたら、パンの美味しいタイミングを見逃す。

私はあの日から、カッコいいパンを目指すのを辞め、
パンの美味しいタイミングに耳を傾けるようになった。
でもそれが、家族には好評であっと言う間に食べてもらえるようになった。

今日も不格好な『ブール』が焼けた。
お店で売ってるように行儀の良いクープとは程遠いけど、
バターの香りが溢れ、クラストはパリパリ、クラムはムッチリ!
マーマレードに合う合う合う~^^


cucin amica、3月のレッスンブレッドは『ブール』。
不格好だけど、美味しい粉と美味しいタイミングで、
きっとみんなが喜ぶパンになりますよ~。










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!

スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン