cucin amica

『dancyu 4月号』に載りました

DSC01938.jpg

2月のとある日。
あの超!有名雑誌『dancyu』編集部さんから、取材のお話を戴いた。
毎月毎月、煌びやかな料理と甘美なお酒が掲載され、
まさに「ザ・大人の愉しみ」なあの本に、私などが載せられる料理があるのか・・・
気の小さな私は、お話を聞くだけで、お腹が痛くなった。

『dancyu 4月号』は卵特集だと言う。
その中の茶碗蒸し特集の中で、12月レッスンの『日々ごはんクラス』で行った、
「大鉢茶碗蒸しのひき肉あん」を掲載希望とのことだった。

親切な編集担当の方から、
どんな手順で撮影するか。
どんな構成ページになるのか。
他にも丁寧な説明が多々あり、とてもありがたかった。

しかし・・・
このメニューが生まれたエピソードを聞かれ、まごまごした。
だって。この具なしの茶碗蒸しはまさに『手抜き料理!」だったからだ。
産後、想像以上に大変だった高齢育児と仕事の両立。
好物の茶碗蒸しを食べたいけど、別煮する鶏肉や椎茸。銀杏や生麩・・・
用意することを想像するだけでも茶碗蒸しは遠のいた。

そんな中、「もう。具を入れなくてもいいや。冷蔵庫のそぼろあんをかければいいや。」
終いには「ラーメンどんぶりで作ればいいや。」
と、ただひたすら手抜きを繰り返し作った料理だったのだ。

でもシンプルな分、お出汁にはこだわった。
前の晩に麦茶ポットに水と昆布、頭とはらわたを取った煮干し。
乾燥椎茸と高野豆腐を入れて冷蔵庫へ。
ひと煮立ちする前に花かつおを投入。
このおかげで、具を入れずに美味しい出汁を愉しめる料理!
と、家族に好評の一品になったのだ。   威張れる話ではないが・・・笑






DSC01470.jpg DSC01452.jpg
DSC01460.jpg DSC01426.jpg


優しく知識豊富な編集さんと、強そうな風貌とは似使わないほど物腰柔らかいカメラマンさん、
天然生活から出て来そうな雰囲気のかわいいライターさん。
御三方のおかげで、始終和やかな撮影となった。



3月のとある日。
私の手元に『dancyu 4月号』が届いた。
ドキドキワクワクして開いたページ。
正直にお話した「手抜きエピソード」は、
忙しくともどうしても食べたい「茶碗蒸しへの一途な思い!」として記載されていた。確かに~~

座敷童の様な作り笑顔で佇む自分の写真に失笑しながら、
他のページを熟読。
名だたる名店、超有名シェフ、美味しそうなお店の数々。面白知識の様々。
読めば読むほど、「よく私が載れたな~~~~」と何度も思った。

帰宅したオットに「じゃじゃ~ん!」と手渡す。
座敷童を見て、同じように失笑した後、熟読。
「しかし、よく載れたよね~~~~」
読みながら、オットが何度も言う。 


煌びやかな料理たち。甘美なお酒。
「ザ・大人の愉しみ!」 dancyu 4月号。
どうぞみなさま。ペラリとページをめくり、座敷童に失笑してくださいね!



貴重な経験をありがとうございました!!










 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン