cucin amica

自家製シロップ 『ルバーブ編』

DSC02216.jpg

このピンク色のかわいいソーダ。
甘いルバーブシロップをソーダで割って、ライムを一枚。
爽やかな酸味の美味しいドリンクだ。



DSC02203.jpg

6月教室の『ちょい飲み日々ごはん』。
お酒を飲めない方も楽しんでいただけるように、自家製ジンジャーエール。4種のベリーソーダを用意。
そんな時、ななななんと!
長野から美しい『ルバーブ』が届いた♪

送り主の方からは「ぜひ美味しいジャムに・・・」と教えて戴いてたのだが、
ルバーブ生産者さんが添えてくれたレシピには『ルバーブシロップ』。
へぇ~。ルバーブからシロップが作れるのか!!
初めての試みだったが、
6月レッスンでみんなが喜ぶ顔が浮かんだ。


DSC02206.jpg

ルバーブ。
私たち埼玉県人には、少々馴染みが少ないのだが、
長野県では有名な食材。
中でもジャムが有名で、その酸味を好む方も多いとか。

まるで芋茎のような風貌だが、何倍もオシャレになるのだ~
レシピ通り、2~3㎝でカットし、ひたひたの水で煮込む。
大きな鍋二つ分!グツグツ・・・グツグツ・・・・

出てきた灰汁を何度も何度も丁寧に取り除く。
そうしておくと、仕上がりが美しく澄むと言うのだ。



DSC02207.jpg

20分経った頃。
茎がほろほろとほどけ始め、繊維質になっている!



DSC02209.jpg

そのまま粗熱を取る。



DSC02214.jpg

ザルとボウルを重ね、ザルには晒や手ぬぐいを。
ぎゅうぎゅうと絞りながら漉していく。

てぬぐいの中には・・・・
ルバーブの繊維!!


DSC02215.jpg

再度、お鍋に戻し、ルバーブの半量の白砂糖を入れてひと煮立ち。
なんとも美しい赤色~。


DSC02239.jpg

そして302号室。
3種類の自家製シロップは、生徒さんの黄色い歓声をもらい~~~^^
「全種類制覇します!」
そんな宣言を何度も戴き(笑)、大盛況のレッスンとなった。

美味しいルバーブ。 本当にごちそうさまでした!








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン