FC2ブログ

cucin amica

来る日も来る日も胡椒餅

DSC04297.jpg

10月レッスンを『はじめての台湾料理』と決め、
美味しい豆漿を食べに行って出会った『胡椒餅(フージャオビン)』。
ぜひレッスンにしたいと、来る日も来る日も試作に挑んだ。
たっぷりの胡椒入りの焼き肉饅頭は、中はスパイシーな挽肉餡。
皮はパイ生地とクッキー生地の間のような、パリっとホロホロが決め手。



DSC04281.jpg

本生地とショートニングを加えた中生地のふたつを合わせ、
折りたたんでは伸ばし、最後は太白胡麻油を塗る。





DSC04284.jpg

手前からクルクルと丸め、掌で馴染ませながら伸ばしていく。





DSC04285.jpg

そして端からクルクルと渦巻にしていく。
この工程がパイ生地感を一層楽しませてくれるので大切。




DSC04287.jpg

可愛い渦巻生地を再度上から潰して円形に伸ばし、
五香分の香り漂う、胡椒挽肉餡を包む。




DSC04301.jpg

たっぷりの胡麻をまとって焼き上がり。
はみ出した肉汁がジュウジュウと小さな音を立てる^^


焼き上がりより、1時間後ぐらいが美味しい。
中の餡の余熱が生地に吸われ、
ほどよいパリパリに、しっとり感が加わる。

良いところまで来てるんだけど、
やはりあの感動が足らないのだ。
いつもひと味、ひと食感、ふた感動足りない味。
そのせいで、たくさん作った胡椒餅をひとさまに御裾分けするわけにも行かず、
我が家の冷凍庫は食べきれず冷凍した饅頭で一杯だ^^:


まだまだ人様に教えられるレベルに達していない。
初めて食べたあのお店の味。
ふくよかな手でコロコロと作られる饅頭たちには、
なにかの魔法が掛かっている。
やはり修行に出なくては行けない・・・
本気で悩む毎日なのだ。








 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!



スポンサーサイト



SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン