FC2ブログ

cucin amica

鏡餅でかきもち

DSC04466.jpg


夏の終わりをさみしく思うことは無いが、
お正月休みの終わりは、本当にさみしい。
親族が集まり、そしてその手には、
ここに居る人を思い持参する数々の美味しい品々。
だったらこのお酒を合わせよう!と誰かが栓を抜き、
だったらこれも合うんじゃない?と封を開ける。

手作りのおもてなし料理に加え、
高価で小さな瓶や品格のある紐をしつらえた箱がどんどん開けられる。
美味しさに唸り、可愛さに歓声。
あの雅で煌びやかな時間は、お正月そのものだ。
朝からのお酒を咎められず、
飲んでる姿さえ微笑ましい。
なんて平和なんだ!ありがとうございます!と、叫んでみたりする。

そして。ひとつ、またひとつと行事が終わり。
オットの仕事が再開し、学校が始まる。
私はまだ冬休み中だけど、新作メニューを考えたり、
日々の整理が出来ていない確定申告の準備に追われたり・・・。

でも、本当にお正月休みが終わったんだな~と実感するのは、
鏡餅で作る『かきもち』を揚げている時だ。

実家の手製の鏡餅を神棚から降ろし、
ヒビの大きく入った部分から分解し、小さなカビを取り除く。
竹製のザルに広げて、日中は寒風に晒す。
翌日にはさらにヒビが入り、またそこを分解。
また寒風に晒し・・・ヒビ、分解・・・晒す・・・を何日も繰り返す。

鏡餅の水分がすっかり飛び、手頃な大きさになったら。
いよいよ油でじっくり揚げる!

揚げたての熱いうちに、醤油をひと回し。
かきもちから「ジュ~」っと音がしたら最高!!
台所に家族が何度も来てはひとつ口に放り込む。
「あちち!美味しい~~~」
揚げてる傍から何度も食べに来るもんだし、揚げてる本人も食べちゃう。


お醤油の付き過ぎたところと、ついてないけど香ばしいところ。
美味しいかきもちの弾む音を聞きながら、
お正月の終わりをさみしく感じるとともに、
また一年が始まることに感謝するのだ。










 
↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!












スポンサーサイト



SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン