cucin amica

アニーバッグ

DSC02430_convert_20090719135241.jpg

アニーのおまけは続いています。
小さな小さな復活をし、母手製の「アニーバッグ」を作ってもらい、
支えられながらの散歩。
市販で販売されている老犬用のハーネスは後ろ足を通さなくてはならず、
アニーのように片足で立つのが無理な状況の犬には向きませんでした。
「胴の部分にタオルを巻いて持ったら散歩しやすいっ!」と発見をした私は、
母にバスタオルで作ってみては・・・?と相談。
試行錯誤を繰り返しす中で、「介護用品も可愛くなきゃね!」と前向きな母(笑)
自分の持っていたバックを切り、かわいいボタンを付け、
釣り上がって首が苦しくないように、首周りには、
父のナップザックの腕を通す部分が迷いなく切られ、使われる・・・笑
これがびっくりするほどピッタリで、アニーは数日間散歩を楽しめました。

真夏の暑さが続いたこの数日。
アニーは立てなくなりました。
「アニーバッグ」は玄関に掛けたまま。

エアコンのきいたリビングでスヤスヤ眠るアニーは、
度々足を動かします。
散歩をしているようにスッタカスッタカ。

きっと夢の中で走り回り、好き勝手な方向転換を繰り返す・・・
そんな昔のように散歩する夢を見てたらいいな。


スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン