cucin amica

夏休み

DSC01502.jpg

夏休み・・・・みなさまいかがお過ごしでしょうーか?
ワイワイキャッキャッと楽しみ満載の日々でしょーか?

実はワタクシ、本家の長男に嫁いでおります・・・。
夏休みと言えば、家族で渋滞にブーブー言いながらも遠出をしたり、
遠くで暮らす友人の里帰りを待ちわびたり、
近場でもちょっと贅沢な外食をしたり・・・・独身時代はそんな夏休みを過ごしておりました。
んが!!長男の嫁の夏休みは出掛けられないっ
てゆーか出掛けちゃダメ!!なわけです・・・・。
お盆初日・・・・「お迎え」と言う名の行事。
お刺身、炊き合わせ、天ぷら・・・本家ではたくさんのお料理が作られ、
親戚の方たちが次々に訪れます。

夕方6時の夕日がキレイな時刻。提灯を持ってお墓に行き、ご先祖さまの霊をロウソクに灯し、
その火を消さぬように自宅へ持ち帰ります。(←風の強い日要注意!)
結婚当初は「マジ~!そんな家あるの~?」などと思ってましたが、
嫁ぎ先の地域では珍しいことではなく、同じような家族と何度もすれ違います。
家族全員で「お迎え」をするため、「ほほう・・・あの人がお嫁さんか・・・」などと一目瞭然。
その度、オットに「あの人がお嫁さんだね・・・旦那さん太ってるね・・・ブヒッ」などと、
厳かに行う行事に無駄口ばかり叩き、小走りでオットのもとへ行くため、
提灯の火が消える・・・「雑念が多い!!」と、姑に叱られます・・・ウヒヒ

結婚数か月でお姑さんとの全面戦争・・・
それがやがて大戦争になり、草の一本も生えない焼け野原に・・・笑
そんな気まずい中でも、何度も繰りかえされた沢山の行事。
それが結果的に、お互いの地雷がどこに埋まってるのかわかるようになり、
飛び石の上を歩くのが上手になりました(笑)


面倒臭くないといえば大ウソになりますが、
歳をとったからなのか、戦友のようなオットのおかげなのか、
当初、おどろオドロしかった「うらみ手帳・姑編」は、
家族や友人が大笑いして聞いてくれる「叱られ手帳・本家の嫁編」になりました。
そして、一つ一つの行事に伝統やしきたりがあり、大切なものだと実感。

残すところあと数日の夏休み。
きっとまた、ふざけた嫁(ワタクシ)の手帳には、
オットが悶絶して笑うネタが、たくさん加わるでしょう・・・・。




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン