cucin amica

グリルチキンとカレーソースのタルティーヌ

DSC02621-1.jpg

陽射しの強い日曜日。
丸の内で約束があり、せっかくなのでオープンしたばかりの「丸の内ブリックスクエア」へ!
明治の風情漂う建物は、ひとつ足を踏み入れると豊かな草花が溢れる空間がありました。
ちょっとしたお目当ては、ブーランジュリー・パティスリー・カフェ「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」

超庶民のワタクシとしましては、どれも目玉の大きくなる値段でしたが、
つい、丸の内価格に流されて購入・・・。
小さなフランスパンにローストチキンとカレーソースを挟んだサンドイッチ。
そのカレーソースがとっても美味しく、「これはぜひ!タルティーヌにしてみよう!!」と、意気込む。
そして本日の月曜日。
朝早くから大量の荷物で実家へ向かい(老犬アニー当番の日)、
ソースの味を思い出しながら試行錯誤・・・。

カレーソースはピクルス液や白ワインビネガーを少量ずつ足しながら、
ちょうど良い酸味とスパイスのバランスを見つけることに成功!
ローストチキンは、香ばしさを出すためにグリルチキンにし、ホイルに包んで荒熱を取り、
しっとり感を出しました。
仕上げは、アクセントを付けるために、食べる直前にローストしたくるみを散らす・・・
このローストしたてのくるみが想像以上に美味しい効果を生み出しました。

お稽古ごとから、お腹を空かせて帰って着た母は「美味しい!美味しい!」と、
2個完食!(←食べ過ぎっ)
いつだって自分に甘いワタクシですが、今回も絶賛しながら完食(笑)

具に埋もれてほとんど見えませんが、厚切りカンパーニュにのせてあります。
カンパーニュは準強力粉のみで作った、私好みの柔らかい素人カンパーニュ。
焼き上がり3時間後のふんわりとした生地は、具材をのせるよりも挟む方が適してました。
母はしっかり挟んで食す・・・。


でも・・・タルティーヌ教室と名乗ってる以上・・・私はパンの上にのせますよっ    






↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン