cucin amica

フォカッチャ

DSC02985-1.jpg

先日、姉と一緒に銀座でランチをすることになった。
オットたちは大好きな海釣りに出掛け、自分たちが遊びやすいようにするためか、
ニコニコと「美味しいものでも食べてきなよ!」と言った。
ほほぅ・・・新しい作戦だね・・・。

せっかく銀座に出たので、東京駅構内のグランスタで働く友人の姿を覗こうぜ!・・となり、
グランスタをウロウロした。
友人の姿は発見できなかったものの、
煌びやかな惣菜や美しい洋菓子。ありがたく並べられた和菓子。
そこまで並ぶのか?!・・・かりんとうの行列・・・・
見ているだけでも楽しめる。


せっかくなのでパンの勉強を・・・と思い、「ブルディガラ エクスプレス」に入る。
そこには美味しそうなサンドイッチやフォカッチャが並んでいた。
勉強!勉強!と、トレーにパンをのせる。
ふと、姉の居る方を見ると、ガラス越しに口ぱくで「1個!1個!」と言っている。
どう見ても、「1個しか買っちゃダメ!」の顔である。
近くに行き、「なんで?自分で買うよ」と言った。
すると、「家に帰れば売るほどあるパンを、なぜに買う?」と言う。
そして、値段を見るなり目玉を大きくし、「ちょっと!2個買ったら、ランチの値段じゃん!!」と、
超庶民的なコメント・・・・
2個買ったら1400円。確かに最近のパンは、とても敷居が高くなったようにも思える。
小さな町のパン屋さんで、焼きそばパンを見るとホッとする。
ポテトサラダなどを挟んであるコッペパンを食べると、青春を思い出す(←大ウソ!)
まして「お値段1個180円」だったりすると、温かい気持ちになる。

酒飲みで、スウィーツやパンに非常に疎い姉。
ワインやシャンパン・・・アルコール類には金に糸目を付けないくせに、
女子度の高いものを買うことを、異常に渋る。     

同じく女子度の低いワタクシだが、教室をやってる以上「イマドキパン」を知る必要がある!
すっかり口癖になった「イタリアに行くことに比べたら・・・」を言い、購入した。

そのうちのひとつは「フォカッチャ」。
ジャガイモ、ローズマリーに、たっぷりのチーズがのっていた。
味を忘れないうちに、早速作ってみる。
思いのほか上手に焼けた。  

姉は、きっとこのフォカッチャを片手に、ワインをガブ飲みするに違いないっ
そして「イマドキパン」勉強の賜物を知らしめなくてはっ     
                                      ウシシ








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン