cucin amica

ボロゼーネとチェダーチーズのパニーニ

DSC03167-1.jpg


美味しい「パニーニ」をレッスンメニューに組み込みたく、
Vitantonio バラエティサンドベーカーを購入した。

ワッフルが出来たらデザートにもなるし・・・
鯛焼きがいつでも食べれるし・・・
ホットサンドもいいよね・・・
たくさんの食い気に押され、年末に購入していた。

そして初パニーニ!
自作の微妙なチャバタを二つに切り、
残り物のボロネーゼと冷蔵庫の奥~の方に残っていたチェダーチーズを挟む。
雑に挟んだボロネーゼが、圧力ではみ出したに違いない・・・
モクモクと煙を上げている。
説明書を読むと、「多少のモクモクはある。」みたいなことが書いてある。  フムフム
時間が経ち、中を覗いてみる。
「エエエ!薄っ!」
パニーニってこんなに薄かったっけ?
ダイニングテーブルを覗くと、姉がワインを開けて待っている。  まだ昼間だと言うのに・・・
薄いパニーニをテーブルにのせる。
「薄っ!こういうもの?」と言いながら、姉は頬張った。
「う~~ん。まあまあだね。」
もうひとつ焼いた同じく薄いパニーニを食べてみた。
ほんと。「まあまあ」の味だ。
しかしパニーニ・・・。なんか違うぞ。
こんなんだったっけ?

まだまだ勉強しなくては・・・。








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン