cucin amica

手作り餃子と龍馬伝

DSC03577-1.jpg



先日の日曜日。
久し振りにオットと2人の夕食。    珍しく来なかった姉夫婦!
やっと暖かくなり、陽が伸び始めたことを実感した夕方。
今夜は餃子をたんまり食べようと決め込み、
ふたりで黙々と餃子を包んだ。
私は休みの日、明るいうちに飲み始める酒が好きだ。
なんだかとても贅沢に思える。
早く包まないと、陽が落ちてしまうぞ。
少しでも早く飲むために、せっせせっせと包みまくった。

その甲斐あって、夕方5時半には餃子とビールがテーブルに並ぶ。
相変わらずのしょーもない話で盛り上がり、モリモリ餃子を食べる。
そして、録り溜めてあったテレビを見る!
これがお決まりのパターンなのだっ  超庶民!

今回は大河ドラマ「龍馬伝」(先々週の)。
私は毎回、さめざめと泣きながら見る。
それは決して、お加尾さんと龍馬さんの「結ばれない恋」ではなく、
岡田以蔵の話で・・・。
特に、あの役者さんのファンではなかったのだが、
あの華奢な線とかわいらしい笑顔になんだかしっくりくる。
そして、のちに「人斬り以蔵」と呼ばれる彼は、最初から人斬り以蔵だったのではなく、
心根が優しく、純粋だったが故にあんな風な生き方になったのだと思うと悲しくて仕方なくなる。

後半、武市半平太に憎まれ口の野次を飛ばしながら(←のめり込み過ぎ)、
おいおいと泣く私に引き気味のオット。
そしていよいよ、お加尾さんと龍馬さんのお別れのシーン・・・。
さぞかし涙を流しているだろうと、私の顔を見ると・・・
全く泣かずに見ている。
「えええ!!ここは泣くだろう!!」と言われたのだが・・・
ああ・・ごめんなさい。
女子度が低いので、ラブロマンスでは泣きませんっ


そして見終わった後。
白々しい土佐弁全開!!
何にでも「ぜよ!」を付け、オットを「おまさん」と呼び、
「ちっくと待ってつかぁーさいっ」がお気に入り!
これもお決まりのパターンなのだっ    










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン