cucin amica

青空クッキング!

DSC03615-1.jpg



*****************************************************


土曜日。
姉のオットと私のオットは釣りへ出掛け、
小さな小魚を50~60匹と、カサゴ、どんこを釣って帰ってきた。
深夜12時過ぎに帰宅した2人のクーラーボックスを覗き、
姉とふたり、眠い目をこすりながら、小魚やカサゴの内臓を取り外した。
作業中、この魚をどんな料理にするか・・・話してるうちに盛り上がり、
お腹が空き、眠気が飛ぶ・・・。

翌朝、久し振りの快晴と暖かい気温。
前日から、大量の小魚はデュラムセモリナ粉をまぶし、
「フリットにしよう!」と決めていた。
油が跳ねるし、天気もいいので、庭で作ることに。

思った以上に量のある小魚たち。
半分は粗めに攪拌し、ラグーにすることに!
ニンニク・セロリ・新タマネギのみじん切りと、ローズマリーで香りづけ。
小魚を加え、ホールトマト缶で少々煮込む。
別鍋で用意した揚げ茄子を加え、さらに煮込む・・・
仕上がったラグーは、魚の旨味たっぷりの美味しいソースになった!



DSC03621-1.jpg

次に作るのはアクアパッツァ!
先日買った有頭エビを解凍し、ムール貝、アサリを用意。
メインのカサゴ・どんこはきれいに内臓を取ったもの。


DSC03625-1.jpg

パエリヤパンにたっぷりのニンニクを入れ、魚とエビをじっくり焼く・・・。


DSC03626-1.jpg

有頭エビは縦半分に切り、身の部分にじっくり香りを付け、
流れ出した味噌が美味しいコクを出してくれる。


DSC03628-1.jpg

ムール貝・アサリ・を加え、摘みたてのイタリアンパセリをたっぷり入れる。
魚介の旨味溢れる「アクアパッツァ!」
カサゴの白身は食べにくくても美味しい!
どんこは釣り人の間で「どん様」と言われているらしい・・・
確かに、見た目のぬっぺり感からは想像出来ないほどの、
柔らかい旨味を持っていた。




実家の両親も呼び、青空クッキングは大いに盛り上がった。
昭和の香り溢れる我が家も、青空クッキングでいい気になり、
ボ~ノ!ボ~ノ!とイタリア人ぶる・・・  合ってる?

我先にと食べ尽くし、どの料理も完成写真がない。
「小魚のフリット」は揚げたそばから、次々に手が伸び、
器に盛ることもなく食べ終わった・・・   

「サバナスのラグー」は、逸る気持ちを抑えられず、
ひっどい盛り付けだった・・・。

青空クッキングは人の心を開放的にし、
野生的にもするらしい・・・  オホホホ







 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!











スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン