cucin amica

マッシュルームとラグーのキッシュ

DSC04731-1.jpg

お料理教室検索サイト クスパ」さんのコラボレショーン企画、
メキシカンポーク」を使用したタイアップレッスン。
サイドメニューとして作ったのは、
「マッシュルームとラグーのキッシュ」

メキシカンポークロース肉とバラ肉をフードプロセッサーで挽肉に。
少々の牛挽肉と合わせ、ラグーを作った。
セロリ、タマネギ、人参・・・
大人のコクたっぷりの乾燥ポルチーニ。
11月になると人参は「冬人参」と呼ばれ、甘味をぐっと蓄えている。
トマト缶を加える煮込み料理を作る際、酸味の角を取るために、
私の隠し味は、いつも少々の「てんさい糖」や「素焚糖」だ。
しかしこの時期、甘味の豊富な人参がその役割をしてくれる。
食材の生きたやさしい味になる。

キッシュは女子に大人気のメニューだが、
1カットでかなりお腹がいっぱいになることや、
ハイカロリーなことが、少々敬遠される。
こってりとコクがあるのも美味しいのだが、
今回の特別レッスンには、アラフォー&妊婦の参加!
少しでもカロリーを抑え、なおかつ美味しいキッシュを作りたかったのだ。
キッシュの台も、パイ生地にはせず、手作りでローカロリーに。
ラグーの他に、マッシュルームをこれでもかと入れる。
アパレイユは、生クリームを使用せず、牛乳&豆乳。
卵は卵黄1個と卵白3個。
チーズも脂肪分の低いものを使用した。

今日の主役メニューは「メキシカンポークのグリル ハーブ風味のタルティーヌ」。
その主役をモリモリ食べ、キッシュ、ひよこ豆のスープ・・・
みんなみ~~んな、残さずに食べてくれたっ

肉の旨味溢れる「手作りキッシュ」は、好評だった。 いやっほいっ








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン