cucin amica

やっぱり菜飯!!

DSC04780-1.jpg


ご近所さんに葉っぱ付きの大根をいただいた。
ピンとした葉のついた新鮮な大根を見ると、テンションが上がる。
「菜飯が作れる!!」と興奮するのだ。

「菜飯(なめし)」の名前を、姉から初めて聞いた時、
「なめし?なもしとかの方言?」と、とんちんかんな回答をした。
「違うよ~。大根の葉で作る混ぜご飯だよ~」と言う。
新潟出身の友人に教えてもらったと言うのだ。

塩で板ずりした大根の葉を、サッと湯通して刻む。
フライパンで炒ったばかりの胡麻やちりめんじゃこと合わせ、
胡麻油、淡口醤油を少々。 作り方写真はこちら。

今回はちりめんじゃこが無かったため、しらすをどっさり入れた。
ほんのり香る胡麻油に、淡口醤油としらすの持つ甘い塩分。
味付けのバランスがとてもいいのだ。

寿司桶にたんまり作り、食べたい人が食べたい分だけよそう。
ひとくち食べては、「やっぱり菜飯だよね~」と必ず言ってしまう。
お茶碗で食べても、おにぎりにして食べても、
家でも外でも、菜飯はいつも人を喜ばせる。


郷土料理って本当に美味しい。








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン