cucin amica

舞茸の炊込みご飯

DSC04836-1.jpg


恵比寿「イガモノマルシェ」で購入した野菜。
大きな舞茸と生姜を使って「炊き込みご飯」を作る。

泊まりに来た「子育て奮闘中」の姉にもたっぷりの栄養を!!
顔の大きさほどある舞茸!(←モデルさんの顔くらいね。つまり小顔)
ざっくりと大きめに裂く。
いつもの炊き込みご飯は、油で炒めてからご飯と炊くのだが、
今回は、舞茸の食感と香りを存分に楽しみたいと思い、そのまま使用。

ご飯には、生醤油、塩。
通常は淡口醤油を使用するのだが、今回は生醤油のコクと香ばしさが合うように思えた。
薄味に仕上げたく、塩は少々少なめ。
新鮮な生姜の千切りをどっさり入れる。

今回、舞茸に油を通さない分、サラッとしてしまうため、
隠し味のオイルを少々。
上質のサラダ油を小さじ1程度加える。
こうすると、お米に照りが出て、ふっくらと仕上がるのだ。


出来上がった「舞茸の炊込みご飯」。
朝一番の台所に、舞茸と醤油の香ばしい匂いがたちこめる。

合わせる汁物は前日の残り物「ピリ辛きのこうどん」。
炭水化物と炭水化物・・・と思われるでしょうが、  
うどんとおにぎりって最高!
私の住むさいたまでも、チェーン店のうどん屋さんなどでおにぎりが置かれてることも増えたけど、
それはここ最近の話。
10年前に義兄の故郷、福岡に行った際には、
どのうどん屋さんにも「かしわご飯」と言う、鶏の炊込みご飯をおにぎりにしたものがあり、
初めて食べた時には、感動したほどだ。
出汁のきいたうどん汁とおにぎりは最高なのだ。

小さめのお椀に「ピリ辛きのこうどん」を入れ、
その横に「舞茸の炊込みご飯」。
寝起きの姉も、出勤前のオットも、そして炭水化物万歳の私も、
ひたすらひたすら「美味しい!美味しい!」と食べ尽くした。

唐辛子に生姜、舞茸、たくさんのキノコ類。
これだけ食べれば、風邪など引くまいっ


********************************************
DSC04818_20101222092723.jpg DSC04829_20101222092722.jpg

使った食材は↑ どちらも本当に美味しい!!








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!








スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン