cucin amica

休みの日。

DSC00565-1.jpg

休みの日。
実家の両親や姉夫婦の都合が合う週末。
我が家に集まって貰い、タルティーヌの試食をお願いする。

私はダイニングテーブルに、カラフルで大きい取り皿を並べる。
取り皿は「小さいもの」と言うイメージが強いが、
私は大きい皿を使うのが好きだ。
取り皿が大きいと、心が豊かになる。  くいしんぼうだからね・・・。
これからテーブルにどんどん並ぶであろう大皿料理たちを、
大きい取り皿に好きな分だけ取り分ける。
自分の決めたエリアに、自分の好みの量を置く。
それは、とってもワクワクするものだ。

私は客人が来る前、必ずお皿をテーブルに並べる。
これは、料理好きの母の教えだ。
「教え」なんて言うのは大げさだけど、
結婚した今も、実家での夕食の際、
テーブルには清潔なクロスが敷かれ、料理を盛り付ける器や、グラスが並ぶ。
その並んだ器を見ると、今日はどんなお料理かなぁ~と楽しみになる。

「リビングに入った時、お皿がテーブルに並んでいるだけで、
心待ちにしてた気持ちが伝わるよね~」
母は、よくそんな風に話す。
「心待ち」とは、とても温かい言葉だと思う。


カラフルなお皿に、大きいフォークをひとつ。
新しいタルティーヌが「美味しい」と言ってもらえると嬉しい。
私は今日も、家族が集まるのを心待ちにしているのだ。








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン