cucin amica

散歩道

DSC05033.jpg

イガモノマルシェの日。
せっかく車で来たんだし・・・とばかりに、
オサレショップで食材をたんまり買い込むことに決めている。
車を駐車場に停め、テクテク歩く。
恵比寿や代官山にある小さなショップには、
珍しい豆やオイル、パスタにペースト、色とりどりのスパイス・・・
何時間も見ていたい異国の食材で溢れている。

しかしマルシェ当日。
恵比寿到着時間は9時半過ぎ。
時計を見てもまだ10時で、お店はどこも開いていない。
都会の朝は遅いらしい・・・。

せっかくなので朝の気持ちのいい空気の中、恵比寿から代官山を散歩。
西郷山公園に入る。
中庭の芝生では、外国人数人が何故かカンフーの練習を楽しそうにしている。
「おおおおお~~~都会的~~~」オットとふたり、声を上げた。

街並みを見下ろせる公園には、美しい白梅。
澄み切った青空に映える白い花びら。
みぞれ交じりの冷たい雨が続いた中にも、
春はもう、すぐそこなのだ。







DSC05036.jpg

テクテク歩きながら、お昼ご飯の事を想う。
今日は、お気に入りのお店に予約を入れている。
そしてそこで食べるブランチのメインを私は朝から・・・いやいや前の晩から決めていた。
「あたし、明日は絶対にお肉を食べるよ。分厚いやつを。」寝しなに誓う。

そして食べたのがこちら↑
新潟産「妻有(つまり)ポーク」のグリル!
新潟の豚と言えば「もち豚」が有名。
お店の方が新潟の豚肉事情を詳しく説明してくれ、
試食会に参加したところ、この豚が絶品だったと言う。
それはぜひ食べてみたい!
「分厚いですか?」と聞いたところ、
「分厚いものをスライスしてお出しします」と言う。
分厚い肉を真剣に要求する妻の姿を、オットはどんな気持ちで見ていたのだろうか・・・

「妻有ポーク」は本当に美味しかった。
柔らかく甘味が強く、脂が口の中でサラッと溶けた。
地元の方が新しい新潟の豚肉育成に力を入れ、
環境を整え、抗生物質を使わず育てたと言う豚。
写真では見えないが、豚肉の向こうにちりめんキャベツや安納芋、
菜の花にカリフラワー・・・と温野菜も満載だ。
メインは塩胡椒で仕上げてあったものの、
スルリと加えたクリームソースが、温野菜のアクセントになっていた。
このメニュー。タルティーヌにぜひしてみたいものだ。

もちろん分厚い豚肉で・・・・オホホホ








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!







スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン