cucin amica

初節句

DSC00657.jpg


実家では久し振りに「雛人形」が全員飾られた。
大きな座敷犬だったゴールデンレトリバーのアニーが一緒に暮らしていた頃、
初めて見た雛人形に、アニーが興奮した。
さすがに壊さないだろうと思ったいたのだが、
ある日、いかにもいたずらをした風の雰囲気で、
アニーがリビングを、ササッと横切った。

「なんかいたずらしてるね・・・」ピンと来た私は、
後ろ姿を追う。
すると、なんとアニーの口には、三人官女が銜えられている!
「ちょっとちょっと~~!」
引っ張っては、官女さまが千切れてしまう・・・
アニーに「そ~~っと!そ~~~~っとだよっ」と促し、
なんとか救出。
美しい黒髪に、よだれがべっとり付いていた・・・

三人官女と言えば、親王飾りの次の段に居る。
あんな高い所のお人形を取るなんて、しっかり壇に登ったに違いない。
翌年から13年。我が家は親王飾りだけが飾られた。
アニーの届かない棚に飾られたのだ。
雛人形を眺めるアニーの横を通るたび、
「アニー、さわっちゃだめよ~」と言った。


そして今年。晴れた日曜日。
姪っ子「いろは」の初節句を祝うため、
実家に家族が集まる。
久し振りに見た「雛人形」たちが懐かしかった。
抱っこされた小さな「いろは」は、
不思議そうな面持ちで雛人形を見ては手を伸ばす。
「さわっちゃだめよ~」
言った言葉が、とても懐かしかった。


食卓には母手製の唐揚げやちらし寿司が並ぶ。
大人になった今も、お雛祭りのごちそうは、子供のころと同じだ。
大人になるとなんとなく疎かになってしまう様々な季節行事。
新しい家族のおかげで、懐かしい一日を過ごせた。








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!










スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン