cucin amica

鶏のコンフィと新じゃがのタルティーヌ

DSC05307-1.jpg

まだまだ美味しい新じゃが。
皮ごと丸のまま、しっとりと茹で上げる。
少々の塩とバージンオイルでサッと炙り、
鶏のコンフィと合わせてみる。
出端の小さく柔らかいきぬざやを添えて、色鮮やかに。


今回は岩手県産の若鶏を使用。
若鶏らしい身の締まった弾力があり、瑞々しい味がする。
cucin amicaのレッスンでは、青森県産や岩手県産の鶏肉を多く使用している。
どちらの鶏も、自由にのびのびと育ち、
抗生物質などを使用せず、完全無薬飼料体系で育成されているそうだ。
鶏舎の中で一歩も動けず、ただ餌を与えられた、
水っぽい肉質の鶏とは、味が歴然と違う。
自由に育った鶏たちは、
無駄な脂が無く、ほどよい肉のやわらかさにコクのある味わいがあるのだ。


シンプルに食べると、その肉の持つ旨味がわかる。
今日のコンフィも美味しく出来た。
たっぷりのハーブの香りを纏い、パリッと焼けた皮は香ばしい。
ホクホクのジャガイモとシャキシャキのきぬざや。
シンプルだけど旨味のあるタルティーヌになった。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン