cucin amica

たこ焼き!

DSC05420-1.jpg

週に1度は「粉もの」を食べないと気が済まない。
大抵、大好物のお好み焼き、もんじゃ焼き、広島焼き・・・となる。
長年試行錯誤を続けてきた「粉もの」たちは、
日々腕を上げ、家族や友人たちから「お店開けるね!」と絶賛される。
タルティーヌを教えてるくせに、
「タルティーヌのお店を開けるね!」と、言われたことが無いのは複雑だが(笑)
この庶民の味方!「粉もの」たちへの愛情はタルティーヌに勝るのだ。  ムフフ


我が家には2台のホットプレートがあり、
たくさんの友人や家族が集まった時、夫婦二人でのんびりお酒を飲む時など、
とにかく出番の多い調理器具だ。
長芋たっぷりの「豚玉」に始まり、明太子やお餅、イカや豆板醤の効いたもんじゃ焼き。
とにかく、下ごしらえをしっかりすれば、
立ったり座ったりしなくて済む夕食になるので嬉しい。


20代の頃から、年に数回集まる友人夫婦がいる。
毎回、各家庭の持ち回りがあり、5月は私の家、7月は友人の家、12月は姉夫婦の家・・・と、
そんな風に場所を変え、食事の内容を変え、
もう10年以上も楽しんでいる。
先日は、「たこ焼き」を焼きまくる会となった。
広島出身の彼女は「粉もの」の配合が上手い!
作り方は、引くほど雑だが、
その味があまりにも美味しい!
「超!テキトー女」な彼女に配合を聞いても、
もちろんテキトー過ぎて参考にならない・・・。
でも、彼女の作る料理はいっつも美味しいのだ。


それからと言うもの、
私の「粉もの」に、たこ焼きが加わった。
彼女のように作っても、なぜか美味しくならない。
料理って不思議だな~と思う事がある。
どんなに同じように作っても、元祖に叶わぬところがあるのだ。
食材や配合だけでなく、タイミングや混ぜ方・・・様々な要因がある。
そして何より、「おもてなし」の気持ちが、
そのお料理を何倍にも美味しくしてくれるのかもしれない。



今日も「彼女の味」を目指し、
大きなホットプレートで「たこ焼き」を焼く。
生地のとろみが、なかなかよくなった。
さてさて、今日はどのくらい「元祖」に近づくだろうか・・・。 楽しみ!








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!














スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン