cucin amica

イカゲソチヂミ

DSC05439-1.jpg

休みの日。
かわいい(←身内の欲目!)姪っ子いろはに会いに行く。

「何を食べたい?」と姉に聞かれ、
洋食以外・・・と即答する。
教室が始まると、日常のご飯は洋風からグッと遠のく。

「ビビン麺とチヂミにしてあげるよっ」
姉からの嬉しい計らいに小躍り!
テーブルには、大好物の「イカゲソチヂミ」が並んでる。
外側はパリッと、中はもちもち。
コリコリとしたイカと、青々しいニラって何でこんなに合うのかしら~。
チヂミの自家製タレもニンニクが効いてる。  美味しい!

一緒に並んだ「ビビン麺」は、
「ビビン素麺」だった。
豚肉と、どっさりキュウリが旨味たっぷりのソースに絡み、
味の濃いソースと、生野菜がおいしいっ
わざわざ、「ビビン麺セット」を買わなくても、
こんなに美味しくできるのか~と感心した。



先日も、姉のことを記事にした。
姉のことを書くときは、まさに「筆が走る!」に等しい。
大抵、暴露に近いもので、決して姉の評価が上がる文章にはならない・・・。
完全な実話だが、登場してくる姉は冗談みたいに酷い人間だ。
そんな姉の話を書き始めると、
なんだか楽しくなり、筆が走りまくるのだ。


朝イチで私のブログをチェックする姉から電話がある。
「あれ、完全に悪口だよね?」と言う。
「あのままじゃ、あたしって酷い姉じゃない?」とも言う。
こちらからしてみれば、
何の脚色もない実話そのものなのだが、
姉は納得が行かないのだ。
そんなわけで、たまには姉のいいところを書いてみた。

料理は美味しかったけど。
筆は全く走らない・・・。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン